ストローク

テニスの試合で、「フラットショットが強烈なストローカー」と対戦したときに効果的な作戦とは?

試合の相手で、「強いストローカー」のイメージってどんな感じでしょうか?

スピン系のストロークだとしっかり安定していて粘り強い、でも「当たったときの強さ」で言えばフラット系のストローカーの方が怖い。

女子選手でもしっかり身体全体を使って打ってくる重いボールは、リスクが高い分入るとかなり返球に苦労しますよね。

こういった対戦相手に、何も策が無いと厳しい戦いになってくる。

しっかり対策を練って、準備しましょう。

テニスの試合で、「フラットショットが強烈なストローカー」と対戦したときに効果的な作戦とは?

■フラットショットが使えないシチュエーションに追い込む

対策はシンプルに、これです。

フラットショットが打てないシチュエーションに、相手を追い込んでいくのが最も効果的。

例えば浅いボール、そして身体に近いボールなど、効果的です。

高い打点で打たせると非常にやっかいですので、出来るだけネットより低い位置でボールを触らせたい。

ネットより低い位置から無理してフラット系のショットを打つと、アウトのリスクも高まるのでミスを誘える。

しっかり意識して、相手に「無理」をさせてみましょう。

 

■横の動きには強いが、縦の動きには弱い

フラット系のストロークを得意としている選手は、左右の動きには強い。

走って追い付いて、打ち抜く、というのを得意なプレーにしている選手が多いので、リズムに乗らせては危険です。

左右に振っているつもりでも、それは相手の得意なパターンかも知れません。

そして適度に速いスピードのほうが、彼ら彼女らは好きなケースも多い。

時に遅い、スライスのショットなんかを混ぜるだけできっとリズムが崩れてくれるはず。

こういったチェンジ・オブ・ペースが使えるように、しっかり練習しておきましょう。

■ラリー中に気持ちで引いてしまわないように!

実際の試合フラット系のストロークの相手に対して、しっかり打ち合うことが大事。

避けようと思って気持ちが引いてしまうと、それは相手の思うツボ。

速いボールに押されて後ろにずるずる下がる、また腰が引けて合せようとすると、勢いのあるボールに弾かれてしまう。

こういった悪循環にならないように、まずはアナタ自身が気持ちをしっかり強く持ちましょう。

よほどのライン際のナイスショットは、仕方無いと割り切ることも試合では必要です。

 

テニスは気持ちが表れやすいスポーツ。

「この相手、強い・・・」と思うと、急に腰が引けて弱気になって自分のプレーが出来ない選手がたくさんいます。

特にフラット系の選手が、試合の出だしで調子が良いと、「もうダメだ・・・」と諦める人がいますが、それはもったいない話。

実力差なんて、きっと同じ大会に出ているのであれば何とかなる範囲のレベル。

しっかりフラット系ストローカーにも作戦と準備を持って、挑むようにしてみましょう!

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス 打点

    ストローク

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのK

    何度も繰り返し、で書いてきたのでもう聞き飽きたか方も多いと思いますが、…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    苦手意識があるショットほど、準備と打点が遅れていく

    苦手意識って、怖い。無意識のうちに、自分で全ての反応が遅れてい…

  3. ストローク

    ストロークの準備に苦手意識がある人は、「ラケットダウンスタートストローク」を試してみよう!

    トップスピン系のストロークを打つ時、フォアもバックもしっかりとラケット…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「合わせるだけのバックハンドストローク」を、卒業しましょう

    何となく、で済ませている問題。この夏の間に、しっかり自分の納得…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟を持とう

    試合に強い人と、弱い人。上手い人はたくさんいるけど、なかなか試…

  6. テニス フットワーク

特集記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    30-30の場面での相手の配球パターン、しっかり覚えておこう
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの上級クラスでは、「倒してあげること」が最高の指導
  3. テニス リターン

    ボレー

    実はバックボレーは武器になる、ことを証明します
  4. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、競ったときに勝利を呼び寄せる20の言葉
  5. ボレー

    なぜ、アナタのネットプレーはポイントを取れないのか?
PAGE TOP