サーブ

リターンダッシュを、引いて待ってはいけない

相手がリターンから、前に出て来る。

これは、ベテランテニスの試合ではよくあるパターンです。

セカンドサーブから前に出て、一気に並行陣を作る。

みなさんは自分がサーブの時に、このプレッシャーに負けてミスをすること、多くないですか?

相手が前に来る、その勢いに自分が引いてしまう。

そうなると、もう試合としては厳しいでしょう。

試合前から、しっかり想定して準備しておくことが大事です。

 
 

ポジションの前に、気持ちが引いている

相手の思うツボ

実際、こうじゃないですか?

相手が前に来る、その勢いに自分の気持ちが引いてしまっている。

これでは、勝てないですよ。

相手からすると、自分が押し込んで、プレッシャーを感じてくれている、と思いますから。

プレーに自信がみなぎって来るし、いつも以上のプレーが出て来るでしょう。

全ては、準備不足

相手がリターンダッシュしてくること、これ自体を止めることは出来ません。

相手の作戦、ですからね。

アナタ自身に出来ることは、それにどう対応するのかということ。

試合前から、何を準備してコートに入るのか。

特に、相手のリターン対策は必須ですよ。

後ろから対抗、限界がある

私も感じますが、相手が前、自分が後ろという形には限界がある。

ストロークで鋭く沈めて、ロブ…なんてプレーは、何度も出来ない。

自分が消耗するし、どこかでプレッシャーを感じながらのプレーになってしまいます。

相手のリターンダッシュ、引いて待ってはいけない。

これは、私の中での試合の大原則です。



あくまで、前で勝負する

リターンダッシュには、サーブ&ボレー

私は、これで対抗します。

相手が前に来るなら、自分も前に出る。

リターンダッシュされなくても、サーブ&ボレーは入れていきます。

これで一気に、4人でボレー戦の方がまだ勝ち目がある。

私はそう考えていますし、実際にみなさんもそうだと思いますよ。

自分1人は後衛、ベースラインにいる状態って、厳しいと思いませんか?

鋭いリターン、だけ警戒する

相手のリターンで、攻撃される。

これは、常に想定しておきましょう。

ですから私は、前に出ながらもまず足下に厳しく打たれること、を警戒する。

ここはブロック、そして浮いてきたらしっかり抑えるように意識して、ボレーを準備します。

怖気づいてはいけない、しっかり前で勝負する。

この気持ち、がまず大事なんです。

相手に決められても、気にしない

相手の鋭いリターンにやられても、気にしないこと。

これが、大事です。

私なら、また同じように前に出ますよ。

「これくらい、効いてないよ」というのを、相手に見せつけたいですからね。

一度やられて、後ろにステイする、雁行陣になることは相手が望んでいること。

気にしないで、しっかり前で勝負する意識を持ち続け、実践し続けましょう。

受け身になったら、テニスの試合では勝てません。

   

リターンダッシュに効果的なサーブは?

まずはとにかく、ファーストサーブ!

これを、多少威力を落としてでも入れましょう。

なぜなら、「セカンドサーブ」が大好物ですから、相手は。

だからこそ、しっかりファーストサーブで勝負していくことが大事。

相手は、ファーストサーブがフォルトした瞬間に、リターンダッシュのスイッチを入れるんですよ。

だから、このスイッチは切れたままにしておく。

入れさせてはいけない、絶対にいけないんです。

セカンドサーブはボディ狙い

私はいつも、試合でこれを入れます。

セカンドサーブになったら、ボディ狙い。

これを徹底して、とにかく相手の正面付近を突いていく。

こうなると、前に入りながらリターンするのは難しくなりますからね。

ボディを狙うのは、相手が的になりますからそこまで難しくない。

この感覚で、自信を持って打つことが大事でしょう。

リターンダッシュを、歓迎する

相手が前に来る、自分のサーブが弱いのかも…?

と、弱気になっていてはダメ。

相手のリターンダッシュ、歓迎するスタンスで入りましょう。

それだけ次は上に隙が生まれるし、アナタ自身も前に出てボレー戦になれば勝機はある。

ただ、引いてしまうことだけ、はしないように。

この意識だけで、試合では全く別人のようにプレー出来るでしょう。



試合で強い人は、この迫力が凄い。

絶対に欲しいポイントでは、まず必ずリターンから前に来ます。

それを、受け止めて、そして攻略していく。

その強い意志、そして準備がアナタ自身にあるかどうか。

試されている、だったら攻略していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い

    サーブの安定感に悩んでいる方、多いと思います。何を隠そう、私自…

  2. サーブ

    実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい

    試合でサーブが入らない。入っても、簡単に叩かれてしまう・・・と…

  3. サーブ

    サーブを打つ前に、次でフォアに回り込む覚悟を!

    自分のサービスゲームをキープしたい、リズム良く進めていきたい。…

  4. サーブ

    どういうサーブを打ちたいか、よりも、どういうリターンが欲しいのか

    良いサーブが打ちたい、自分のサービスゲームをキープしたい。こ…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    チェンジアップサーブは、試合でリードした場面で使っておこう

    チェンジアップサーブ、と私が勝手に名前を付けているサーブがあります。…

  6. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事

    並行陣に必要なサーブ&ボレー、みなさんどうでしょうか。ダブルス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    動いて来ない前衛を、気にする必要は一切無し
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボール、に対応する為の5つの基本
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず
  5. 戦術

    ネガティブなミス、だけを減らせば勝てる
PAGE TOP