ダブルス

ミックスダブルスに必要な、センターセオリーの考え方

ミックスダブルスの試合、みなさんどう戦いますか?

上手く女性を狙いながら、男性も走らせて主導権を握りたい。

今回は、サーブ&ボレーからどう相手リターン側のペアを追い詰めていくのか、を考えてみましょう。

男性がサーブ、男性がリターン。

まともにやり合うより、上手くセンターを使えば戦いやすいはずです。

 

ミックスダブルスに必要な、センターセオリーの考え方

 


 

1.安易な女性狙いは、危険!

男性のサービスゲームで、相手も男性がリターン。

つい、サーブ側の心理として「チャンスは相手の女性に展開したいな・・・」と、考えますよね。

でも、安易に考えるのは危険です。

青が男性、赤が女性、とイメージしてみましょう。

青側の男性が、サーブを打って前に出る、並行陣を取る。

リターンが男性ですから、前衛がいきなりポーチ!も難しいケース。

相手のリターンがクロスに入って、さぁどうしようか、という場面。

ここでつい、安易に相手の女性に打ってしまうケース、多くないですか?

相手も守備を意識して待っていますから、速いボールでも上手く返球されるでしょう。

相手の女性の守備力を、甘く見てはいけません。

ミックスダブルスで勝てない選手、ペアは、大抵男性が女性の守備力に折れるようなケースが多い。

安易な女性狙いは、墓穴を掘る一番多いパターンです。

 

2.普通に打ったら返される、だったら・・・?

普通に狙っても、相手の前衛女性は待っているので返される。

守備に専念している選手が、自分の手の届く範囲は強いんです。

そこでお勧めなのは、2人の間、センターを狙うこと。

それも、かなり女性寄りにして良いと思います。

なぜなら、女性は「自分の近くの守備」に専念しているから。

この↑の図であれば、自分の右側はもう完全に男性ペアに任せているケース、が多いでしょう。

「邪魔してはいけない」という心理を、上手く利用させてもらいましょう。

きっと、「本当は触らないといけないんだろうけど、触れない・・・」と思いながら、スルーしていくでしょう。

このコースで、相手の男性を走らせるおとが出来れば、かなり優位に立てます。

カバーに走ってくれる男性は、怖く無いんですよ、ミックスで。

ここまでセンターに走らせることが出来れば、かなり両サイドにスペースが空きます。

上手く前、に落とせると楽にポイントが取れるはず。

相手を動かしておけば、楽にコースが見える。

t-press.jp/p1069/

ミックスダブルス、この作戦は使えますよ。

 

3.センターに寄せれば、ダブルスは怖く無い!

これはミックスダブルスに限ったことではありません。

2人をセンターに寄せる、ボールをセンターから打たせることが出来れば、ダブルスは怖く無い。

相手が打てるコースも、狭くなりますからね。

並行陣でも、すごく守りやすいです。

当然、↑のような場合は自分たちのセンター、真ん中を攻撃される可能性も高い。

そのケアは、しっかり二段構えでいきましょう!

もし、相手が前に出て来て4人が前、4アップのような陣形になっても一緒です。

上手く、女性寄りのセンターを突いていく。

使いたいのは、相手女性の「邪魔してはいけない・・・」という弱気な心理。

これこそ、ミックスダブルスでは仇になる部分ですから。

ジワジワ、センター攻撃で相手を惑わせて、迷わせていきましょう。

 

ミックスダブルスは、男子ダブルスよりも少しボールスピードが落ちますよね。

だからこそ、男性はコース取りが大事。

一発強打、を相手の女性は警戒していますから。

動かして、弱気な心理を浮かび上がらせる。

それだけでミックスダブルスは、楽に勝てるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ

    ダブルスの試合、勇んで前に出て並行陣。でも・・・相手のミス待ち…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう

    初めて組む人と、試合に出る。なかなか難しいシチュエーションです…

  3. ダブルス

    テニスにおいて、前衛は2種類しかいない

    私が試合に出ていて、感じること。ダブルスの試合、前衛って大き…

  4. ダブルス

    強いダブルスのペアを倒すなら、「あえての〇〇」の勇気が大事

    ダブルスの試合、こんな経験はありませんか?「相手ペアは、実力差…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    真のダブルスペアなら、「1回や2回の失敗」で絶対にくじけてはいけない

    ダブルスの試合を観ていると、ペアの心理状態が見えてきて面白い。…

  6. ダブルス

    抜かれても良い、前衛が動けば試合が動く

    先日、私も年内最後の試合に出て来ました。そこで、感じたこと。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ
  2. メンタル

    相手にやられて「ダメだ」と思うから、いつまで経っても勝てないんです
  3. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピ…
  4. その他

    「テニスだけでは身体に悪い」試合で勝てる身体作りに必要なトレーニングとは?
  5. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと…
PAGE TOP