メンタル

何が好きなのか?より、何をしてきたのか?

毎日、家で過ごす…。

恐らく、読者のみなさんはこれが難しいと感じている方が多いはずです。

何せ、時間を作ってはテニスコートへ行かれる方がほとんどでしょうから。

私自身も、そうでした。

家で何かやるぞ!動画編集頑張るぞ…!と思っても、なかなか上手くいかない。

そういうときこそ、みなさんと一緒に考えていきたいのが今回のテーマです。

「自分は何がやりたいのか?」と、自問自答して苦しむ前に。

みなさんの過去にこそ、そのヒントがあるはずです。

 


 

悩んで自分を苦しめる前に

やりたいこと、急には生まれない

今、もし自分を責めている方がいたら…。

「せっかく時間があるのに、何もやる気が起きない…ダメだ…」と思ってモヤモヤしている方も、多いと思います。

私自身も、先月の初めくらいまではそうでした。

「時間があったら勉強しよう!」といつも考えていたのに、時間が出来てもやる気が起きない。

そんな自分が嫌で、許せなくて、自暴自棄になる。

そこで気付いたのは、急にやりたいことを新しく作るなんて、まぁ無理なのかなと。

やりたいことではなく、「やってきたこと」に目を向ける。

それが、実は「やりたいこと」を探す起源になるんです。

やってきたことは、継続出来る

みなさん自身、きっと何かあるはずです。

何となく自分が好きで、やってきたこと。

実はそこにこそ、自分の中で活動の幅を拡げるチャンスがある。

テニス以外でも良いと思います、昔に隙だった科目、教科、にもヒントがあるでしょう。

計算が好き、何かをまとめるのが好き、綺麗なノートを作るのが好き、何でも良い。

自分の過去を思い出してみると、面白いですよ。

勉強って、そこから拡がっていくものしか続かないんです。

例えば、T-PRESSなら

私の場合、何だろうと。

この時間がある時期に、ずっと考えてました。

そこで思い出したのが、私の場合は「企画の主催」だったんですよね。

小さいころから、色々な会を自分で企画して、周りの人が楽しんでもらうことが好きだった。

だからこそ、T-PRESSに集まってくれた人にも楽しんで欲しい、それが自分が一番楽しいことに繋がる。

それに今一度気付いてからは、やるべきことも明確になりました。

自分がもっと勉強して、精度の高いコンテンツを創り企画を用意すれば、もっと喜んでもらえる場を提供出来る。

自分が昔からやってきたことだから、続けるのは自然だし他人にも負けたくない。

そう考えてみれば、やることはいっぱいありますからね。

それでも、「何も思い当たらない」方は

自分を記録していきましょう

何でも良いと思います。

ノートでも良いしブログでも良い、ただしSNSは向かないです。

他人からどう見られるのか、を気にしていては自分の声が出て来ない。

率直な自分を記録する術を持ち、良い機会ですので自分の考えや生活を、記録してみて下さい。

T-PRESSも、実はこの意味合いが強いんです。

私自身が自分で、何を考えて過ごしてきたのかを、しっかりと記録する。

そうすれば、迷いがある時に立ち止まって戻れる。

何を始めるにも、今日という日が一番若い。

自分を知る旅、これを楽しんでいる人こそ、色々と成長出来るはず。

チャンスは必ず足下に

みなさんの周りを、冷静に見てみて下さい。

きっと、宝の山だと思いますよ。

買って読んでいない本、興味があるけど始めていないこと、そして、新しいテニス。

テニスについて、もっと自分本位で考えてみて良いと思います。

やりたいテニスが無い、と悩んでいる方も、同じです。

自分自身が続けていること、癖や好きだと思う生活のスタイル。

そこに、私はまだまだみなさんが大きく変われるチャンスはあるでしょう。

この機会に変われなければ、人は変われない

少し厳しいようですが、今回のコロナの件はある意味チャンス。

自分を見つめ直し、何かを変えていけるチャンス。

変わる、ということは私から言わせれば「本来の自分に戻る」ということ。

取り繕ったような自分ではなく、自分が本当にやり続けてきたことに、強みを見出す。

人としての成長、自分のテニスの成長。

きっとみなさんがきっかけを掴んだとき、気付くはずです。

「なんだ、難しいことじゃなくて自分がずっとやってきたことじゃないか」と。

何だか、取り留めのない文章になってしまいましたが…。

お伝えしたかったのは、「焦らないで、自分を見つめることの大切さ」です。

こういう時期だからこそ、ゆっくり時間をかけて。

周りの人と、会えないから辛い、寂しい?

それは、良いことだと考えましょう。

自分という人間と、最高に向き合う時間が出来ている、使える。

テニスが解禁になったら、そうもいかないですからね。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス 夜
  2. テニス メンタル

    メンタル

    強敵への勝利は、薬にも毒にもなる

    昨日の日本の勝利、ご覧になった方も多かったと思います。私も観戦…

  3. メンタル

    褒められて伸びる、それは一時凌ぎに過ぎない

    今、時間があるので自分のYouTubeの動画を見直しています。…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる

    テニスの試合で、自分は「守備が得意だ!」と言える方、どれくらいいでしょ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ

    試合に出ていれば、辛いことばかり。テニスを真剣に続けていれば、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝
  2. テニス ミス

    リターン

    リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる
  3. テニス メンタル

    その他

    マナーが良い選手は、大事な試合に勝てない?
  4. テニス メンタル

    ボレー

    ダブルスの並行陣では、「スライスのボレーで粘る」だけだと、オムニコートでは打ち込…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について
PAGE TOP