ダブルス

ダブルスの試合での、連続攻撃の基本について

ダブルスの試合で、有効な連続攻撃。

強いペアは、ここぞというポイントでしっかりスピーディーな攻撃、で仕留めて来る。

でも、全体のイメージを上手く掴めていないと、試合で焦ってしまう。

シンプルに考えると、すごく楽に試合を進めることが出来ます。

一度、先入観を取っ払って、一緒に考えてみませんか?

ダブルスは、まだまだ戦い方で強くなれるはずです。

 
 

相手を常に、1人にする

基本は、2対1をどう作るか?

私は、いつもコレを考えています。

相手の、どちらかに狙いを絞る。

そして、その片方の選手を徹底的に狙っていく。

片方のペアには、参加させない。

この意識が大事、です。

2人を倒そう、と思わないこと

ダブルスだからと言って、2人を倒す必要はありません。

どちらか1人を倒せば、ポイントは取れる。

どこかで、2人を滅多打ちにしないとダメ、と思っていないですか?

これでは、なかなか決め切れない。

どんなにショットに力があっても、2人を相手にしていると試合では勝てない。

アナタ自身の意識を変えれば、もっと楽に勝てますよ。

1人させると、メンタルが乱れて来る

ダブルスの試合、自分が参加出来ないと…みなさんはどうでしょうか?

つい、触りたくなる。

1人にさせると、相手もメンタルが乱れて来ます。

自分が参加出来ていないと、カバーに走りたくもなりますし、やりたいテニスが乱れて来る。

対戦相手を、分離させて孤独にさせる。

ダブルスでは、これを考えて戦いましょう。



狙い目は、前衛

連続攻撃、が効きやすい

ここに、狙いを絞ることが大事です。

ダブルスの試合、相手の前衛を狙ってみる。

そして、逃がさない。

これが、私はダブルスの試合では非常に使えるテクニックです。

特に、学生のみなさんや女子ダブルスのみなさん、には効果的な作戦になるでしょう。

前衛で不安な相手、は多い

前衛って、みなさんどうですか?

ただ前に立っているだけで、「何をして良いのか、分からない」という方多くないでしょうか?

こういう相手の弱み、を見逃さないこと。

まず触らせて、次のボールも触らせてみる。

これで、少しずつボロが出るはずです。

こっちは狙いを、前衛にペアで絞る

こちらはダブルスペア、パートナーとしっかり打ち合わせしておきます。

「あの前衛を、集中攻撃しよう」と。

ここで共通の認識を持っておかないと、相手を1人に出来ません。

どんなボールも、徹底的に前衛を攻める。

相手にバレても良い、とにかく圧力をかけていく。

ダブルスの試合、これを意識するだけで流れは変わります。

   

執拗に、なれるかどうか

細かい技術より、これが大事

試合では、戦う意識が大事。

勝つか負けるか、の中にいるわけですからね。

執拗に、しっかりと狙いを絞ったプレーが出来るかどうか。

これ、出来るペアは少ないですよ。

細かい技術よりも、しっかりと意識することは「執拗さ」です。

執拗になれば、相手は焦る

相手は、ビビります。

前衛にいて、自分が狙われている、と意識してしまうと、目の前が怖くなる。

1人に狙いを絞って連続攻撃、それで得るのはポイントだけじゃない。

相手の自信をも、奪ってしまう。

執拗に、したたかにいきましょう。

「よし、やってみよう!」と思えたら

しっかり、ペアと話しましょう。

こういった作戦は、ペアで実行しないと意味がない。

もしかしたら、上手くいかないかもしれない。

でもそれでへこたれてはいけない。

やり抜くには、アナタ自身の意志が何より大事。

相手よりも、まずは自分のペアを動かすこと。

「よし、本当に試合でやってみよう!」と思わせることが出来れば、勝てるでしょう。



連続攻撃に必要なのは、技術じゃない。

メンタルと、準備、勝利への意志です。

しっかり攻撃をする、相手に分かるくらい執拗に。

何となく、ではなくハッキリと。

ぜひ、ペアでの作戦に加えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. ※終了【女子ダブルス 土居コーチ&レギュラーメンバー交流会】12/8(…
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルス脳を持っているテニス選手は、「何事にも自分が全て影響している」ことを理解している

    「ダブルスが上手い」と呼ばれる選手は、他の選手と何が違うのか。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「序盤でIフォーメーション」を入れるとすごく効果的です!

    「奇襲は、序盤に」がテニスにおいては鉄則です。特に強い相手に対…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これは絶対、ダブルスでやっちゃダメ!」自分が前衛のとき、後衛が打つ瞬間を見ること

    「えっ、これってダメなの?」と聞かれることがよくありますが、基本的にダ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

    チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わ…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い

    ダブルスの雁行陣、で後衛でプレーしている時に。「何だか、味方の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. リターン

    ノーアドバンテージリターンで、危所に遊ぶ
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう
  3. テニス ダブルス

    リターン

    両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します
  4. テニス リターン

    ストローク

    「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「ハイボレーでもっとパンチ力が欲しい!」人に、オススメの練習方法とは?
PAGE TOP