ダブルス

「ポーチされないクロスショット」テニスのダブルスの試合では逆転の発想で勝てるようになる!

ダブルスが苦手だった。

いつまで苦手って思ってただろう。

とにかくずっとシングルスで結果を出したいと思って、明けても暮れてもシングルスの練習ばかりだし、頭の中も「どうやったらシングルスで勝てるだろう」ってことばかり考えていたから、そんな当時の俺がダブルスの試合に出ると「人がゴチャゴチャして多過ぎる!!!」って思ってしまってイライラしたもんだ。

 

「ポーチされないクロスショット」テニスのダブルスの試合では逆転の発想で勝てるようになる!

 


 

せっかく俺が相手選手の一人とラリーで勝負しているのに、そこへヒョイってもう一人の選手がボレーで割って入ってくるんだよ!

「邪魔すんなよー!!!」って思いながら、そいつが気になって仕方なかった。

そう、でもこれがダブルスなんだよね

この邪魔してくるボレー選手のポーチをいかに交わすか、もっと言えばこのボレー選手の動きを封じることが出来るかがダブルスでのキーポイントだ。

もちろんストレートロブなどで逃げるという手もアリ。

でもストレートに逃げてばかりだと、クロスラリー打ちながら自分のパートナーの攻撃ボレーを使うってことが出来なくなり、連携が取れなくなってしまう。

何とか相手にポーチされずに、クロスへ返球し続ける方法を掴みたいものだ

そんなポーチされにくいクロスショットの方法は大きく3つある。

まずは相手ボレーが取れないくらい角度をつけて、しっかりとクロスに返球すること。

これが一番シンプルな考え方だけど、相手のショットが厳しくなってくると、何でもかんでもクロスにきっちり返せるとは限らない。

しかもそんなの誰でもまっ先に考える事だよね。

そこで重要になってくるのはストレートのショット。

ん?クロスに打つ方法だって?

そう、ボレーに取られずクロスに返球する方法の大事なポイントはストレートなんだよ。

どういうことかと言うと、実際にストレート打つわけじゃなく、相手に対して「俺は今からストレート打つかもよ・・・・」的な雰囲気を醸し出すこと!!

チラッとストレートを見てもイイし、ガッツリそっちへ打ちそうな構えを見せつけてもいい。

ボレーの人って、ポーチには出たいけどそれ以上に「ストレート抜かれたくない」って思うから、その気持ちを突っついてクロスへ手を出せなくするんだよ。
 



 

でもこれをやるには、それまでに何本かストレートロブやストレートの足元、ストレートアタックを見せておかないといけないし、打つ準備が遅い人はストレートアピールできない

その辺りを気を付けて。

そして残る一つはクイックショット。

ボールを早いタイミングで打ち返すという作戦。

相手ボレーが「今だ!!」って思ってポーチに出ようとするより早くボールを返球してしまえば、ボレーの選手は飛び出せる距離が小さくなるし、出るタイミングも逃しやすい。

これは速いショットって意味じゃないよ、ライジングで早いタイミングってこと。

ということは逆に、バウンドしてから時間かけてボールを打っている人はポーチの餌食になりやすい。

この3つ、「きっちりクロス」、「ストレートを意識させる」、「早いタイミングの返球」があれば、正面でこっちのショットをボレーしようとして狙っている相手のボレー選手も怖くない。

これらを意識して練習し、堂々とクロスに返球しよう。

って言っても、またそういう、『ちゃんとクロスに返球出来るストローク選手に対するボレーの動き』ってのもあるんだけどね。

だからテニスは面白い。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    前衛が攻めて後衛が守る、だけがダブルスじゃない

    ダブルスの試合で強いペアって、守備と攻撃の切り替えが上手い。出…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのストレートアタックは、そのままボレー戦に持ち込むつもりで前に踏み込もう!

    ダブルスのストレートアタック、皆さん試合で実践出来てますか?「…

  3. ダブルス

    沈められたら繋ぐ、そんな相手はやりやすい

    ダブルスの試合で、相手が並行陣の時に。相手の足下に沈めて、そ…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう

    ダブルスの試合で、アナタが前衛にいるとき。まず冷静になって、ク…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点が一番

    高校生の方から、こんな質問を頂きました。「ダブルスで2人が前の…

  6. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている

    ダブルスの前衛、こんな考えの選手・・・の人、いませんか?「ドキ…

特集記事

  1. 戦術

    決まらなくても、攻め続けることが大事
  2. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合では、「ボールを追いかけて背面ショット」の技術も必ず求められる
  3. テニス メンタル

    サーブ

    「左利きはサーブに有利?」その発想は、右利きのアナタをも使える戦略です
  4. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる
  5. テニス

    その他

    力の差は無さそうなのに、スコアで差が出るのは、なぜ?
PAGE TOP