テニス メンタル

ダブルス

相手の集中狙いに屈しない守備力、がダブルスには必要

ダブルスの試合で強いペア、みなさんどんな選手を想像しますか

きっと、すごいプレーばかりではない、渋いプレーが上手いペアだと思うんですよね。

言い換えれば、守備力が高い。

地味ですが、こういうペアは勝ち上がっていける。

そして、意識次第でアナタ自身も変われるチャンスがある、と私は思いますよ。

 

相手の集中狙いに屈しない守備力、がダブルスには必要

 


 

1.集中狙い、が当たり前

ダブルスの試合ですから、当然相手は2人います。

そして、自分の方にどんどん攻撃が集まる、集中攻撃を喰らうことも試合では多いですよね。

これはダブルスの基本であり、セオリー。

どんなに避けようと思っても、絶対に攻撃はされてしまいます。

ですから、この集中攻撃に屈しない、1本でも多く返すことが出来れば試合では強い。

守備力が高い人は、まずこの集中攻撃に負けない気持ち、がしっかり出来てるんです。

 

2.自分の外側、に責任を持つ

「じゃあどうすれば良いの?」と思う方も、ここは発想が大事。

いきなり動体視力を上げたり、難しい技術が出来るようにはなりませんからね。

ダブルスの試合で集中攻撃されたら、まず自分はどこを守るのか。

私が意識しているのは、自分の外側には責任を持つ、ということ。

つまり、左右のどちらかにはパートナーがいますから、最悪任せても良い。

でも、パートナーがいない側、のスペースを狙われたら、もう誰もいないのが現実です。

しっかりと、自分が担当するという意識を持っておく。

相手2人から連続で狙われても、しっかりケアしておく意識は大事です。

 

3.ただし、センターを空け過ぎないこと

このバランスが難しいんですが、相手2人に狙われると、どうしても逃げたくなる。

コートの端に、端にと、どんどん追い詰められていくんですよね。

当然、そうなると2人の間が空いて、センターを攻撃されて終了、です。

ですので、外側には責任を持ちつつ、センターも空け過ぎないこと。

これは、相手の実力や性格を見て、判断しましょう。

どんどんライン際を狙って来るような相手であれば、サイドをケアしつつアウトを見極める。

センターを突いて来る手堅い相手なら、少しだけセンター寄りに待つ。

相手に攻撃されながらも、どこかでこの意識をしっかり持って守りましょう。

 

4.反撃の芽を意識する、ところから守備力が上がる

守備力が高い人は、どこかで反撃を狙っている。

みなさんも試合していて、気付くはずです。

本物の守備力って、カウンター力の上に成り立っていますから、最終的にポイントを奪っていく。

-1、のところを+1、に変えていく、そんな守備が試合を動かしていきますからね。

私は、何も難しいことって必要無いと思っています。

しっかりと、基本に忠実に相手の2人狙いを受け止めて、どこかで反撃をする。

この意識は、強く持って試合に臨んで欲しいと思います。

 

2人狙い、慣れると気持ち良いですよ、受け止めるの。

実際に、よく見れば打って来る相手は1人ですから。

ボールも、1つだけ。

2人から攻撃されている、というのも考え方次第、ですよね。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の意識5つ

    ダブルスで前衛の仕事は、後衛が作ったチャンスボールを仕留めること。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「テニスのダブルスで、組み慣れたペアと即席ペアの違い」が一番現れる部分とは?

    テニスのダブルスの試合には、皆さんどんなペアと組んで出ていますか?…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう

    ダブルスの試合で、アナタが前衛にいるとき。まず冷静になって、ク…

  4. テニス センス

    ダブルス

    自分の担当範囲を知らない前衛は、後衛を困らせてばかり

    ダブルスの試合で、前衛が触れない。こうなると、後衛は苦しいです…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を考えよう

    ダブルスの試合、ペアのミスがどうにも止まらない。そんなときに、…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ストレートを守っている相手」にこそ、ストレートを打っていこう

    ダブルスの試合で、一気に相手の雰囲気を悪くする。自分たちに流れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4…
  2. テニス リターン

    ストローク

    「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている
  3. テニス ボレー

    ボレー

    頭が突っ込んだボレーになったときには・・・?
  4. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのスライスサーブ」を磨いておいておけば、絶対に有効です
PAGE TOP