テニス メンタル

ダブルス

ミックスダブルスで上のレベルで勝ちたければ、「女性の守備力」は絶対に必要です

「ミックスダブルスの試合、どう戦って良いか分からない」

「強くなる方法が、分からない・・・」

という方が、私の周りにはたくさんいます。

確かにミックスダブルスは男女で息を合わせて戦う中で、役割も少しずつ異なる。

賛否両論あると思いますが、まずはミックスダブルスは「女性の守備力」がどうしても求められます。

それだけは覚悟して、練習していきましょう!

 

ミックスダブルスで上のレベルで勝ちたければ、「女性の守備力」は絶対に必要です

 

1.男性のサーブを返す、前衛ではブロックボレーで対応する

まずは女性の方で厳しいのが、男性のファーストサーブ。

これをしっかり、相手コートに返球していくことが大事です。

「少しくらい、手加減してくれるでしょ・・・」と思っている方は、甘い。

上のレベルの試合になれば、獲れるところでは確実に獲りに来るのが勝負の世界。

しっかりスライスでも良い、ブロックリターンで男性サーブに向かっていきましょう。

苦しいときも、絶対に諦めてはいけません。

同時に、女性が前衛のときには男性リターンでストレートも狙われがち。

ブロックするようなボレーで、「簡単にはやられない、1球でも多く返す」という気持ちで、試合に臨みましょう。

 

2.しぶとい守備力は、相手にとってプレッシャーになる

「女性に集めても、簡単にポイントが獲れない」と分かると、相手は考えます。

考えるからこそ、そこに隙が生まれる。

そこに対して味方の男性がプレッシャーをかけると、結論が出ないままに相手がミスしてくれる可能性が高い。

この段階にもっていくには、3球くらいはしっかり、女性が男性のボールを返球するという場面が必要。

気持ちが引くのではなく、「粘ることで相手は嫌がる、プレッシャーに感じる」ということを考えながら、女性はプレーしましょう。

 

3.ここぞという場面では、女性がポーチに出ていく!のがオススメです

私は女性こそ、ここぞという場面で動くことをオススメします。

試合の後半、大事な場面ではぜひ積極的にポーチにも動きたい。

守備力をアピールした後には、相手は「守りは強いけど、攻撃は積極的じゃないな・・・」と思っている可能性が高い。

だからこそ、あえて動く姿勢も見せておく。

女性から動いて得たポイントは、ミックスダブルスでは1ポイント以上の価値があるのです。

 

ミックスダブルスは、ぜひ学生の方にもトライして欲しい。

「何で女子と試合しないといけないの・・・」と思った男性の方、テニスをまだまだ分かっていない。

女性とのテニスで磨かれる、丁寧な技術や駆け引きがアナタの実力をアップさせます。

ミックスダブルスの奥深い世界、どんどん入って磨いていきましょう。

きっと豊かなテニスが、そこにあるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ

    ダブルスの試合、勇んで前に出て並行陣。でも・・・相手のミス待ち…

  2. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが向いている?」という…

    テニスにはシングルスでもダブルスでも、サイドはデュースサイドかアドバン…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、前衛を抜いただけで安心してない?

    ダブルスの試合、相手は2人いる・・・のに、どこかで油断してしまう。…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    「格上ペアにも諦めない!」テニスのダブルスで大切なポイント4つとは?

    大会にエントリーすれば、避けて通れないのはシード選手・競合ペアとの対戦…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」があることに、気付いた選手から試合が上手くなる

    自分がダブルスの前衛のポジションにいるとき、どのくらいの「パターン」を…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    上級者ダブルスでは覚えておきたい「サーブ&ボレーの並行陣、からの逆陣形」への対応方法とは?

    特に男子ダブルスの上のレベルでよく観る、並行陣の逆陣形。これは…

特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    アナタ自身、「これが決まればリズムに乗れる!」という基本ショットは何ですか?
  2. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている
  3. テニス 打点

    メンタル

    格上相手に勝ち切るメンタルは、「競る前に終わらせる」くらいの強気な部分が欲しい
  4. テニス セオリー

    その他

    万全でなくとも、試合に出ましょう
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでのコミュニケーションが苦手・・・な人、私は応援したい
PAGE TOP