テニス ストローク

リターン

速いサーブにリターンが弾かれる人は、この基本を見直そう

リターンゲームで、サーブが返せない。

強い相手との試合だと、それだけで凹んでしまって試合にならないですよね。

まず、基本を見直しましょう。

リターンのときにラケットが弾かれてしまう人は、ラケットの先、の位置を要チェックです。

速いサーブにリターンが弾かれる人は、この基本を見直そう

1.ラケットの先、ラケットヘッドを立てるのが第一

リターンのときに、これを確認しましょう。

フォアハンドでもバックハンドでも、グリップよりもラケットの先の位置が高くなるように。

これだけまずは、しっかり意識する。

準備の段階、スプリットステップの時から、しっかりラケットヘッドを立てて待つ、この意識を大事に。

「ラケットの先を立てると、押し負けそうで・・・」と思う方もいるでしょう。

ですが、打点を前に確保できれば絶対に大丈夫。

むしろ、ラケットヘッドが立てられないような打点、になっていること自体、問題です。

2.打点が低いと、ラケットヘッドが下がってしまう

と思いませんか?みなさん。

低い位置でのリターン、になると、ラケットの先が下がってしまいますよね。

ここから力のあるサーブ、を持ち上げてリターンするのは至難の業。

ミスが増える一番の要因になります。

ラケットヘッドを立てて、高い打点で打てるように前に踏み込んでいく。

そうすると、良い回転もかけやすいですしね。

この踏み込み、があるからこそリターンで押し負けないんです。

3.身体をぶつけていくから、ラケットが弾かれない

ラケットが弾かれてしまうのは、アナタの力不足、ではありません。

身体の使い方の問題だと思いますよ。

待っていて、その場でリターンするからサーブに押されてしまう。

速いサーブ、重たいようなサーブほど、自分も身体全体をぶつけていかないと。

身体をぶつけていけば、ボールに大きな力を加えていくことが出来る。

リターンが上手い選手って、身体全体で前に出る、推進力がありますよね。

強いサーブにこそ、向かっていくことでラケットが弾かれない。

だから、タイミングが合ってきて良いリターンが返るんですよ。

4.内ももに力を入れると、体幹が強くなる

とはいえ、男性の速い重たいサーブを返すのは大変ですよね。

内もも、に力を入れて重心を低くする、ことが出来ると体幹が強くぶれない。

弾かれるようなリターンではなく、しっかりラケット面がぶれない、良いリターンになると思います。

スタンスも広めでしっかり打点に顔を残す、ことが出来ると良いでしょう。

ラケットが弾かれないような工夫は、ちょっとの意識で誰でも実践出来ます。

しっかり、まずはラケットの準備。

このラケットの先の位置、を意識しましょう。

弾かれているなら、何かを変えないと相手はどんどん調子付きますからね。

アナタが思っている以上に、リターンはラケットヘッドを立てた方が入りやすい。

ぜひ、試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. リターン

    ブレイクポイントは、3本に1本取れれば上出来

    試合の中でのブレイクポイント。これに対して、どういう数の心理、…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能になります!

    テニスの試合で、大事なリターン。どんなに良いストロークや戦術を…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    ターンして戻さない、が速いサーブをリターンするコツ

    相手のサーブが速い時、それだけでプレッシャーになりますよね。で…

  4. リターン

    「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブルスで有り得る?

    ダブルスのレシーブの時に、ストレートを抜くというのはそう気軽に出来るも…

  5. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、〇〇だけ意識しよう

    リターンが安定しない人は、フットワークがちょっとおかしい。普通…

  6. テニス ストローク

    リターン

    コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる

    リターンの動作を小さくすると、何が良いのか。もちろん、安定感が…

特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    リターンで最初から下がっている相手に、深く強打のサーブは無意味
  2. テニス メンタル

    シングルス

    3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう
  3. ストローク

    「あなたは好きな打点を選べますか?」試合でとっさにコースを変えるテニスの技術、磨…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要で…
  5. テニス ストローク

    戦術

    「難しいこと」は、どんどん相手にやらせよう
PAGE TOP