リターン

リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い

攻撃的なリターン、今年は磨いていきたいですよね。

ぜひ、みなさんの周りにいる「リターンの名手」の方の動きを見て欲しい。

特に、ラケットの使い方。

きっと、上手い選手ほどラケットはそんなに動かしていないはず、なんです。

キーワードは30cm、です!

 

リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い

 

1.レベルが高い相手ほど、相手の力を利用しよう

試合でも上のレベルになってくると、サーブも速くなってくる。

それだけじゃなくて、厳しいコースへの配球も増えますよね。

リターンで大事な考え方として、まずはしっかり相手の力を利用するということ。

強い相手ほど、ボールには力があるのでその向きを変えるくらい、でちょうど良いでしょう。

そう、打つというより「力を失わないで、そのまま向きを変えてあげる」だけで良い。

そう考えると、動かすラケットは30cmで良いはずなんです。

 

2.テイクバックではなく、上半身のターンが肝

ラケットを引く、と考えるとリターンではもう遅れてしまいます。

よほど力の無いセカンドサーブ、ならテイクバックして打つことも有効でしょうが、ファーストサーブではまず無理。

テイクバックではなく、上半身をひねってターンさせる、だけで準備は完了です。

この時には、まだラケットは身体の前、にセットしてある状態。

ラケットヘッドを上に向けて、テイクバックのような形だけど・・・実際にはラケットは身体の前にある、状態を作りましょう。

このターンだけで良い、と思えばリターンってすごく楽。

速いサーブ、に慌てる必要も無いですしね。

 

3.30cmだけ前に押し出す、でリターンは完了!

あくまで、これだけです。

シングルスでもダブルスでも、余計な動きを加えない。

「でもそれだと、ボールが飛ばないんじゃ・・・」と思う方は、フットワークで足の踏み込みを合わせていく。

リターンの基本は、ボールに向かっていく、コートの内側に入っていくことですからね。

この動きとセットにすることで、30cmしか動かしていないラケットが、大きな力を持ってくれるんです。

しかも、正確にコントロール出来る。

ぜひ、試合で意識してみて下さい。

 

4.30cmの素振りを繰り返してみよう

私はリターンゲームでは、この30cmの動作の素振りを何回も行います。

フォア、バック、両方で30cmだけラケットを動かす。

この動作は、本当に正確に出来るようになっておかないと、試合でミスにつながる。

リターンって、ちょっとラケットの芯を外すだけで弾かれてしまう、厳しい正確さが求められるショット。

試合が始まっても、30cmだけ動かす、戻すを繰り返す。

素振りをしているだけで、リターンはかなり安定してくると思いますよ!

 

良い打点で、良いラケットの向き、で真ん中に当てる。

リターンで求められることは、非常にシンプルです。

難しくしているなら、きっと振り過ぎ。

コンパクトで試合向きのリターン、素振りをしながら身に付けていきましょう。

素振り、と言っても振らない。

ただ押し込む30cm、を確認するだけでOKです。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう

    ダブルスの試合、リターンで大事なこと。それは、レベルに限らずコ…

  2. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケット、出来るだけ小さくコンパクトに!

    リターンが安定しない人は、色々試していると思います。ストローク…

  3. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

    みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。3回戦く…

  4. テニス 準備
  5. テニス ストローク

    リターン

    サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ

    リターンでいつも、ポーチに出られてしまう・・・とお悩みの方。リ…

  6. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブを乱すヒント、を見つけるコツ

    試合で気になるのは、自分のサーブの調子。でも、それだけじゃな…

特集記事

  1. テニス ガット

    戦術

    ボールは打ち返しながら、「選ぶ」という感覚が大事
  2. テニス ストローク

    メンタル

    丁寧なテニスが出来ている限り、アナタはそう簡単に負けることは無い
  3. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう
  4. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?
  5. テニスシューズ

    テニス知識

    いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
PAGE TOP