テニス ストローク

ストローク

スピン回転のストロークは、「高い打点と低い打点で回転の種類が違う」、と考えよう

高い打点と低い打点。

皆さんはどんな打ち方で、ストロークを対応していますか?

同じ打ち方、と答えた方は少し危険。

なぜなら、高い打点と低い打点は、動かせるラケットの幅が異なるから、打ち方が変わるのが自然。

改めて、基本的な考え方を確認しておきましょう。

 

スピン回転のストロークは、「高い打点と低い打点で回転の種類が違う」、と考えよう

 


 

■同じ打ち方で同じ回転、は物理的に無理

低い打点でのスピン回転のストロークは、基本的には下から上に振って縦回転を与えるような形になる。

シンプルなスピン系のストロークで充分に対応出来ます。

ですが高い打点になると・・・そもそも、上に振り上げるスペースが無い。

高い打点から、さらに高い場所にラケットを振り上げるなんて無理ですから、自然とスウィング軌道は変わってきます。

では、どうなるのか・・・を考えて練習しておく必要がありますね。

 

■高い打点のストロークは、ボールの「横」を打ち抜きたい

ボールの下を捕らえるのではなく、「横」を触ると考えると高い打点も打ちやすい。

高い打点のストロークでは、スピン系でもボールは少し横回転気味になるのが自然。

ラケットでボールを横から捕らえて、そのまま自然に横に振り抜いてみて下さい。

きっと無理のないスウィングで振り切れる、良いストロークになるはずです。

無理やり下から上に振ろうとすると、きっと腕が伸びきったような不自然なスウィングになり安定しません。

 

■高い打点は打ちにくいから避けよう、というのは一番ダメ!

高い打点のストロークは、確かに打ちにくい。

だから避けたい・・・と思う気持ちは分かりますが、それは絶対にダメ。

高い打点で打てるようにならないと、相手に「時間」を与えてしまうことになります。

高い打点とは、自分の肩から頭の高さの打点のこと。

この高さのボールでもしっかりスピン系の回転が打てるかどうか、がストローク力に如実に影響してくることを、覚えておきましょう。

 

低い位置でのストロークは得意なのに、高い打点では急に不安定になる人がいます。

自分の中で、スピン系の回転をしっかり分けて考えておかないと混乱してしまう。

理解できれば、後は避けないでしっかり練習し続けるのみ。

高い打点からの展開、どんどんストロークから磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    シングルスの試合で、「サイドスライス回転が効いたドロップショット」は使える!

    シングルスの試合でドロップショットを使いたい・・・。だけど拾わ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    今も昔も、「ストロークの変わらない基本は、前に踏み込んで打つ!」この基本、忘れていませんか?

    人は何かを上達させていくときに、壁にぶつかれば必ず基本に立ち返る。…

  3. テニス テイクバック

    ストローク

    エッグボールを相手の肩の高さで打たせるには?

    ストロークのラリーの中で、返球し辛いボールってどんな球種でしょう?…

  4. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている

    相手が前に出て来ているから、しっかり足下に沈めたい。自分では良…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?

    打点を意識出来れば、テニスは見違える。「ここだ!」という場所を…

  6. テニス スライス

    ストローク

    前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう

    ストロークで相手と打ち合うときに、いつも前に踏み込める訳では無い。…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    断言します、アナタは「人を感動させる」試合の主役になれる
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    強くなるとは、知るということ
  4. テニス ミーティング

    メンタル

    みんなが望む結果は、テニスの試合では得られない
  5. テニス ストローク

    ストローク

    現代テニスの代表格、フォアハンドストロークのクロス方向への切り返しを練習しよう
PAGE TOP