テニス 準備

ストローク

ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝負です

ストロークで問題を抱えている人の、ほとんどは構えが遅い。

構え・・・と聞くと、相手が打ったボールが自分の近くに来てから始める、という方が多いようです。

これでは大問題。

自分の近くにボールが飛んで来た時には、もう待ち構えて構え自体が完了していないといけない。

その為には、相手が打ったボールがネットを超える前、にいかに動けるかが大事です。

 

ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝負です

 


 

■テニスの打ち方には、フォアかバックのどちらかしか無い

当たり前ですが、テニスはフォアハンドかバックハンド、どちらかしかありません。

正面に来たボールは左右のどちらかに身体を逃がして打つ。

つまりは、相手が打った瞬間からその判断を行って、テイクバック。

テイクバックしながら打点に入るフットワークを使って、待ち構えるというイメージが大事。

この一連の流れを、出来るだけボールがネットを超えて来る前に終わらせる、ことこそストロークにおける準備なのです。

 

■予測からテイクバック、を素早く癖付けよう

ある程度の「予測」、は試合の中で大事です。

当たるか外れるか、いずれにせよ漠然と待つよりは、何かしらが自分の「脳」に反応してくれる。

そしてテイクバック、身体のターンが完了していくように、練習からしっかり癖付けておくことが大事です。

早いテイクバックは、相手に自分が打つコースを読ませない、最高の武器になります。

 

■練習では、「ネットを超える前」をキーワードに!

試合では緊張感が違います。

練習で入っているようなボールが入らなくなる、ことを想定して準備しましょう。

その為にも、練習では本当に準備を速く意識すること。

実際の試合では、その準備の速度は落ちてしまうことを自覚しておきましょう。

だからこそ、練習中のキーワードは、「ネットを超える前!」。

この共通認識は、皆で持つようにして試合に強い、ミスの少ないストロークを磨いていきましょう!

 

不思議なもので、周りの練習仲間の準備が速くなると、自分も速くなる。

良い相乗効果、が生まれてくるでしょう。

目で見ることも、大事な練習。

周りで統一して「速い準備」の意識が統一出来れば、ラリー練習も本当に効果的になる。

まずはアナタ自身、とにかく速いテイクバックと身体のターン、から意識していきましょう!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント4つ

    ストロークのバックハンド、得意な人も苦手な人もいると思います。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ダウンザラインのストロークが決まらない・・・」と悩む人は見直したい、ストローク4…

    シングルスの試合では、「ダウンザライン」のストロークでエースを獲りたい…

  4. ストローク

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント

    普段は伸び伸び打っているのに、試合になると急にフォームが小さくなる。…

  5. テニス リターン

    ストローク

    自分の武器は、「徹底的に試合で使う」くらいの強引さで

    皆さんは試合のとき、どんな攻撃を仕掛けていくことが多いですか?…

  6. ストローク

    ボレーヤーに向かってストロークを打ち込む、ことを恐れてはいけない

    ダブルスの試合で、打てないと厳しいもの。それは、私はこれだと思…

特集記事

  1. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」…
  2. テニス リターン

    ストローク

    低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう
  3. テニス 試合

    Q&A

    Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスストロークは、「しっかり振り切る」から試合で使える武器にな…
  5. テニス 試合

    戦術

    決断の精度は、回数に比例する
PAGE TOP