シングルス

シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻撃について

シングルスの試合で、ストロークから相手を揺さぶる。

色々と相手の特徴を踏まえていきたいところですが、まず試して欲しいのはコレ。

基本のバック狙い、だけで崩れてくれる相手は怖くない。

横移動に強い相手には、積極的に前後差を付けていきましょう。

 

シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻撃について

 


 

1.バックハンド狙いに、「前後差」を付けてみる

相手のバックハンド、ただ一本調子に深いボールだけだと相手も慣れる。

アナタ自身、深いボールを相手バックハンド側に運べているのなら、積極的に浅い場所にも打てると効果的。

特に、両手バックハンドを使う選手はリーチも短く、前に弱い。

スライス系のショットが打てない選手であれば、浅いボール、特に低いボールは攻撃し辛い。

厚いグリップでバックハンドを打っている選手かどうか、はしっかり試合の序盤に確認しておきましょう。

 

2.浅いショットを意図的に打てる技術、を身に付けておく

普段のラリーの中で、前後差を付けられるように。

ドロップショットのような、ハッキリしたものではなく、同じようなフォームから少し浅い、ボールが打てるかどうかがポイントです。

私はいつも、サービスラインくらいにバウンドさせるようなショットを、意図的にシングルスでは打っている。

これが効果的なんですよね。

相手は深いボールを警戒して下がってますから、打点が低くなる。

そうなると、浅いけど攻撃が出来ない相手が多いはず。

打点が低いバックハンドを打たせる、のが目的です。

 

3.ドロップショットか深いショット、だけだと「ハッキリ」し過ぎる感がある

悪くない作戦だと思います、深いショットとドロップショットの組み合わせ。

ですが、相手も結構、それに慣れている場合が多い。

両極端のショットは大事ですが、その間のショットの方が実際の試合では使えると思います。

同じフォームで少し浅い、というのがミソ。

普段の練習でも、少し混ぜるだけできっと相手は崩れてくれる。

この感覚を養って、試合でどんどん使っていきましょう!

 

バックハンドの浅い場所、狙いは「サービスラインにバウンド」でOK。

これ以上浅くしようとすると、ネットする危険性も高い。

アナタなりに、「ここにバウンドさせると、効果的だな・・・」という場所、探してみて下さい。

深いと思わせておいて、ちょっと浅い。

きっと、試合で勝てる方程式、が作れるはずです。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス シングルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、「簡単なミスをしない為」に必要な意識5つ

    シングルスの試合、プロ選手の試合であれば「エース」で決まるポイントは多…

  3. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

    シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。…

  4. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう

    シングルスのネットプレー、みなさんにキーワードを一つ。華麗に前…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、深いリターンで正面を…

    昔のアガシ選手がそうでしたが、サーブをリズム良くポンポン打ってくる相手…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    スライスで遠くのボールを凌ぐ、シングルスのストローク術5つ

    シングルスの試合、これが出来ないとなかなか上に勝ち上がれない。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    ボールが飛んで来るコース、は限られていると考えよう
  2. テニス 客観視

    スマッシュ

    なぜ私は深い位置からのスマッシュ、にこだわり続けるのか?の理由について
  3. テニス 攻撃

    練習メニュー

    「手堅い並行陣」を崩す、テニスの試合におけるロブの戦略を磨く練習メニュー
  4. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について
  5. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!
PAGE TOP