テニス 確率

シングルス

テニスのシングルスの試合で有効な「ドライブボレー」の使い方4つ

最近の女子シングルスの試合は、グランドスロークが主体。

それでもチャンスではネットに詰めて、相手のプレシャーをかけていくことが大切です。

ストロークが得意な方はぜひ、ドライブボレーを磨いて相手の繋ぎのボールを仕留めていきましょう!

 

テニスのシングルスの試合で有効な「ドライブボレー」の使い方4つ

 


 

1.1stサーブをバック側に入れて次のボールを狙う

サービスゲームでは、積極的にポイントを奪いにいきたいところ。

1stサーブが入ったら、積極的にコートの中に入って次のボールを攻めていきましょう。

そこでドライブボレーというオプションがあれば、相手にとっても脅威となります。

バック側に入れて浮き球を引き出すことができれば、積極的に打って攻撃していきましょう。

 

2.ドライブボレーは相手の逆を突くことでコントロールが高まる

ドライブボレーはオープンコートに打つというイメージがあるかも知れませんが、つい力が入ってミスしてしまうことも。

そこで相手の逆を突くように、あえて「相手がいる場所」に打つことも有効です。

オープンスペースをカバーしようと走っている相手にとっては、エースになりやすいはずです。

また明確な対象目標があることで、コントロールも付けやすいので実際の試合で試してみて下さい。

 

3.ストロークで相手が崩れる隙を見逃さない!

ストロークで相手の逆を付ければ、どんどんドライブボレーを狙っていきましょう。

バックハンドがスライスになる、または浅いボールで態勢を崩したときには、相手のボールは浮いてきやすくなります。

この仕留め方ができると、相手も警戒して安易な「逃げ」ができなくなります。

目に見えないプレッシャーが、試合の後半には相手に効いてくるはずです。

 

4.1本で決めなくてもOK!スマッシュもしっかり準備しておく

ドライブボレーは有効な攻撃のオプションですが、相手もしっかり走って返球してくる可能性もあります。

スマッシュも含めて、ネットプレーの心構えはしっかり準備しましょう。

攻撃していく流れの中で、相手がミスしてくれるのが理想です。

無理はせず、しっかり80%くらいの力でドライブボレーから展開していくよう意識しましょう。

 

ストロークに自信はあるのに、なぜかネットプレーやアプローチショットに自信の無い人は多い。

そんな方こそ、ストロークのフォームで打てるこのドライブボレーから、攻撃のバリエーションを増やしていって欲しいのです。

前に前に、という気持ちを相手に見せていくことでテニスはもっと楽しくなります。

失敗しても、気にしない。

トライしたという事実が、試合の中で大事なポイントで効いてきくるのです。

 

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう

    試合を勝ち抜いていけば、強い相手との対戦は避けられない。男性で…

  2. シングルス

    コートの真ん中に立つ、という概念を捨てよう

    テニスコートは、上手く守らないといけない。どこに立つのか?は…

  3. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう…

    シングルスの練習をしたいけど、どんなメニューが良いかいつも悩んでしまう…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない

    アンケートでご質問頂いた項目で多かったのが、シングルスでのお悩み、です…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!

    シングルスの試合、序盤の作戦を色々考える・・・よりも、こんなのどうでし…

  6. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!

    ストロークでの、ダウンザラインへの展開。シングルスでは、不可欠…

特集記事

  1. その他

    + POWER CUP について
  2. テニス ミス

    練習メニュー

    「何で、この練習をやるの?」が明確になれば、実力差は関係ない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    危ないところにこそ、踏み込んでいこう
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも、下半身が使えるようになると変わ…
PAGE TOP