戦術

テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた

ノーアドバンテージ形式、とは、通常のゲームカウントでデュース、になる場面を40-40のカウントとし、一本勝負の形でゲームの取得を決める。

草トーナメント形式での導入も多いですし、試合進行が雨で押している際には、急にこの形式に変更になることもあります。

要は、40-40からの1ポイントが大事。

な訳ですが、皆さんこのノーアド形式での対策は、どうでしょう?

苦手にしていると・・・40-40から全部取られて、あっという間に負けてしまいますよ。

 

テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた

 


 

■自分たちから、なるべく早く「40」のカウントに乗せることが大事

結論から言えば、自分たちからなるべく早く40のカウントに乗せること。

サーブ側であれば40-30、リターン側であれば30-40、のカウントになるように、意識する。

「それが出来ないから、難しいんじゃないか・・・」と言っている方、そう悲観的にならないで下さい。

しっかり意識している、していないで試合では大きな差になっていきます。

 

■ノーアド形式の試合こそ、ゲームの序盤が勝負!

ゲームの最初の2ポイント、の重要性は書いてきましたが、ノーアド形式のときこそまさに重要!

競ったゲームはどちらに転ぶか分からない、特に実力が下の選手にとっては大きなチャンスなんです。

実力が上の選手からすると、ノーアド形式は怖い。

とにかく各ゲーム序盤から集中して入っていく。

のらりくらりで、普段はデュースで獲れているようなゲームを、獲れなくなる覚悟は持っておきましょう。

 

■40-40になるべくしない、させない

実際に、40-40になってしまうとどちらに転ぶか分からない。

なるべく、40-40のカウントにはもっていかないように、アナタ自身工夫していきましょう。

30-30のカウントでは、次のポイントが本当に大事。

でももし、40-40になってしまったら・・・そのときは、冷静に相手の性格を考えてみましょう。

プレースタイル、一番確率が高そうな相手の作戦をケアする、そのうえで引いてくる相手には、積極的に勝負に出る。

実際の試合では準備、それから40-40になったときのイメージを固めておきましょう。

 

ノーアド形式は、本当に怖い。

ですが、実際に試合に強い選手はこの形式でも勝ち上がる。

40に早く乗せてしまえば、追いつかれて40-40になった際にも、相手の方が消耗している訳ですからね。

スコアメイクも、テニスの実力のうち。

しっかり進めていけるように、ノーアド形式必勝法をアナタの中で確率させていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. その練習を、疑おう
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス グッズ

    戦術

    ロブやドロップショットのような技は、数を打たないと絶対に上手くはなれない

    試合を動かすショット、テニスだとどんなショットでしょうか?一つ…

  2. テニス コントロール

    戦術

    「ラインギリギリのボール」は、入っていると信じ込んで、更に前に

    テニスの試合で、勝ち切れない人。どこか試合中も、覇気が無いし自…

  3. テニス メンタル

    戦術

    自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

    学生の皆さんはもうすぐ新学期。新しい環境でテニスを頑張る人、学…

  4. 戦術

    ミスショット、その要因は3球前にある

    ショットをミスして、「しまった・・・」と。でも、ちょっと待って…

  5. 戦術

    試合では、いかに相手に「良い形でプレーさせないか」を考えよう

    当たり前に思うこと、でもなかなか出来ないこと。自分がどんなに良…

  6. テニス 動画

    戦術

    「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポーツかも知れない

    少し前に、一緒にテニスをした人がいまして・・・。誰が見ても、「…

特集記事

  1. サーブ

    強敵相手に、セカンドサーブになったら…?
  2. テニス メンタル

    戦術

    試合で使う自分のテニスに、「オリジナルの作戦名」を付けると、すごく試合は楽しくな…
  3. テニス ボレー

    サーブ

    シングルスの試合でのファーストサーブがフォルトすることの意味を、アナタはまだ真剣…
  4. テニス テニスボール

    テニススクール

    強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない
  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前に自分の世界に入り過ぎる、人はきっと試合で勝てていない
PAGE TOP