戦術

「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる

対戦相手の足が速い・・・なんて言うのは面倒。

がら空きの状態で「チャンス!」と思って打ったのに、それを拾われて返球されるとウンザリする。

もちろんショット自体が甘かったのかもしれないけど、その面倒な相手の脚力を封印する方法は無いだろうか。

 

「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる

 


 

俺自身現役の頃、ショットのパワーよりもフットワークを活かしたテニスをしていた。

自分よりランキングが上のシード選手に勝てたときは、だいたいが走りまくってどんなボールも返球し続け相手をキレさせる・・・というパターンが多かったね。

でもやっぱりホントに強い選手にはそのフットワークを使わせてもらえなかったよ。

それはショットが凄すぎるからではなく、動けなくさせられるからだった。

こうやって相手の動きを止める方法を今回は3つ、挙げてみよう。

 

まず一つは打つコースの候補を複数用意すること

そして複数用意しているこのことを相手にもアピールしなきゃいけない。

フォア側かバック側か・・・なんて二つのコースを用意するのも良いけど、フォアの深いの、バックの深いのそれにネット際・・・なんて3つ以上になってくると、より相手はコースを読みにくくて足が止まりやすい。

一度止まってしまった状態からは、どこを狙っても案外動けなかったりするんだよ。

それから「騙す」というパターン

クロスに打ってくると思っていたらストレートだった、打ち込んで来ると思ったらドロップショットだった・・・など。これをするにはある程度の演技力が必要。

体の向き、表情、目線・・・そういうもので、相手に打とうと思っているコースと違うコースを思わせておくんだよ。

いわゆる「裏をかく」というプレーだね

でもこれをやるには「表」がないとダメ。

クロスラリーを何本も打っておきながら、急にストレートとか深いショットを黙々と打っておいて、急にドロップショット、ゆっくりを見せておいて、急に速いのってのも効果的。

表があるから裏が作れるんだよ。

騙すことばかり考えているとバレやすい。
 



 

もう一つ相手のフットワークを活かせなくする方法がある

それはタイミングを早くすること。

相手はこっちが打つ瞬間に集中している。

それが早いタイミングだと読みにくいのだ。

ストロークであればライジングだね。

しっかりバウンドさせて、打ちやすいタイミングで打つと、受け手側も読みやすいんだよ。

そうなると速いショットを打てたとしても効果は薄くなる。

ボレーもそうだね。

ボールに向かって踏み込んでくるボレーをすることで、早いタイミングで打つことが出来ると、相手は足を止められるまではいかないにしても、動ける範囲が狭くなるのだ。

相手の足を止めるこの3つの方法で共通していることは、早い準備が必要ってことだね。

準備を早くすることで、複数のコースを用意してそれをアピールすることが可能になるし、相手に打つと決めたコースト違うコースを臭わせることも可能となる。

もちろん早いタイミングで打つことも、早い準備が出来ないと実現できないのは言うまでもない。

テニスが強くなるってことは、自分のショットが良くなるだけじゃダメ。

相手の実力も封印出来るようにならなきゃね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    成功を掴む人は、いつだって初回、初級、に勝負をかけている

    みなさんに、ぜひ意識して欲しいこと。それは、チャンスを逃してい…

  2. テニス メンタル

    戦術

    見た目な優しそうな選手ほど、実は強気なテニス選手は多い

    「この人、見かけに寄らないな・・・」と、思うこと、皆さんもありますよね…

  3. 戦術

    試合で出せる技、が全て

    試合で実力を出す、普通にプレーする。これが何と、難しいことで…

  4. テニス 雨

    戦術

    テニス試合が雨で中断したときに、再開後に備える準備4つ

    これから梅雨の時期。テニスの試合会場では、必ず雨で待機・・・と…

  5. テニス 練習

    戦術

    アグレッシブベースライナー、はそもそも難しいプレースタイル

    憧れるスタイル、みなさんもありますよね。ほとんどの人が好きなス…

  6. テニス ルール

    戦術

    「緊張するタイブレーク」に突入したときに、攻撃的にいく?守備的になる?という作戦について

    1セットマッチ、6ゲームオールになってタイブレークに突入。した…

特集記事

  1. テニス 練習

    シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    何かを信じ切っている人に、アイデアは生まれない
  3. テニス アクセス

    その他

    2016年も残りわずか・・・ということで、「人気だった記事TOP10」を公開しま…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    行動に昇華しないのであれば、それは刺激とは言えない
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で使えるショートクロスは、「軌道を高く回転量多め」が大原則です
PAGE TOP