テニス 部活

ストローク

「コントロール系スウィング」を身に付けて、テニスの試合でしっかり振り切れるスィングを!

テニスで勝つには、何が必要かな?

パワー?

それも大事だけど、パワーだけの選手が勝ち続けているのを見たことがない。

やっぱり安定感とか戦術なんかが重要になってくるし、それがあって初めてパワーも生きてくる。

 

「コントロール系スウィング」を身に付けて、テニスの試合でしっかり振り切れるスィングを!

 


 

さてこの安定感、言い方変えればコントロール力だ。

戦術を使いこなすのも、もちろん発想力とか観察力が必要だけど、思いついた戦術通りに打つためには、コントロール力が重要になってくる。

サーブもストロークもボレーも、普段からコントロール力を養う練習をしておかないといけない。

 

でもコントロール力ってどうやって身に付けるんだ?

もちろん打点や軸足など、色んな要素がちゃんと機能してコントロールが成り立つんだけど、今回はスィングを中心に考えてみよう。

スィングでコントロール。

意外とこれがピンとこない人は多い。

そんな「スィングする=ボールを飛ばす」というイメージを持っている人は、実際試合の中で確実にボールをコートへ入れたい時に振り切れなくなるのだ。

でも逆なんだよ。

大事な場面でしっかりと安定感を発揮させる場合は、ちゃんと振り切ることが重要

それがスィングでコントロールするってこと。

でもイメージとしてはラケット振った分だけボールは速くなり、遠くへ飛びそうでしょ?

実際パワーショットを打つ場合もラケットを振るんだから。

じゃあパワー系スィングと、コントロール系スィングの違いは何かというと・・・スィングの方向なんだよ。

パワー系はまさにボールを前へ飛ばすために引っぱたくから、前後のスィング

それに対して、コントロール系はスィングによって回転量を増やしたいから、上下動のスィングとなるのだ。

ストロークの場合、ボールと同じ高さでラケットが近づいてそのまま前に振り抜けば、振った分だけパワーになり、しっかり前に飛ぶでしょ?

でも同じスィングスピードでも、ボールに対して真下からラケットが近づいて打った後そのまま上に抜けていけば、パワーではなくボールが持ち上がるるし、回転にも変わる。

 

要するに、横軸はパワー系、縦軸は回転系・・・いわゆるコントロールに繋がるってことだ

だからコントロール力を上げたい場合は、この上下動のスィングを強調させたシチュエーションを作ればいい。

ラケットと打点の位置関係の確認はもちろんのこと、実際上下動にスィングさせることも考えると体の向きも重要。

やっぱり正面向きより、横向きを作ったほうが上下動はやりやすいからね。

ストロークのトップスピンであれば、後ろに大きいテイクバックよりも、しっかりとしたラケットダウンと、それに対しての高めの打点で、落差を作れば上下動にしやすい。

それがせっかくラケットダウンさせたのに、ビビって打点を低く落とすと上下動の関係が無くなり、前後のスィングになってしまう。

大き過ぎるテイクバックも前後のスィングになりやすいから、ビビッた場面では振り切れなくなる。

ボレーも含めたスライス系ショットも、ラケットヘッドをグリップよりも上にして、立てた状態からボールを打ちに行けば上下動を作りやすい。

サーブも、一度背中側でラケットがヘッドダウンした状態からどこに打点を設定してボールを打ちに行けば、上下動を作ることが出来て、安定感を作れるのかを考えてもらいたい。
 



 

もちろん体の向きもセットで考えてみよう

この「上下動スィング=コントロール力」という考え方が身に付くと、大事な場面でもしっかりと振り切ることが出来るんだよ。

逆に言うと、しっかり振り抜くことが安心感に繋がる。

そうすると、調子いい時は前後の動きを強調したフルスィングでパワーを、大事な場面やビビッた場面では上下動のフルスィングでコントロール・・・という打ち分けができるから、常に同じリズムで戦えるんだよ。

試合中、ミスが怖くなってラケットを振れなくなるって人は、上下動スィングを意識して練習してみよう。

スィングするからコントロール出来るのだ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必要です

    テニスの試合で勝てる人は、まず守備が固い。どこに打っても追い付…

  2. テニス ステップ

    ストローク

    試合になるとフォアハンドが安定しない方へ、提案したい改善策4つ

    練習ではしっかり打てるのに、試合になると安定しない。フォアハン…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークは、「しっかり高い起動」で大きく打つと相手を押し込める!

    フォアハンドストロークの回り込み、を武器にしている選手は多い。…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ

    テニスを続けていると、必ずこれは経験します。始めたばかりのころ…

  5. テニス 守備

    ストローク

    テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準備を!

    自分のチャンスで、相手を攻撃していく。テニスの試合ではよくある…

特集記事

  1. テニス知識

    真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. その他

    「汗をかこう!暑さに備えよう!」自分の身体を知ることでテニスの試合に勝てるように…
  3. テニス メンタル

    ボレー

    ダブルスの並行陣では、「スライスのボレーで粘る」だけだと、オムニコートでは打ち込…
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「風上からのテニス」の方が難しい場合が多い
  5. テニス 前衛

    ダブルス

    「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖く…
PAGE TOP