メンタル

「苦手って思わないことが一番だけど・・・」テニスの試合で打点が遅れないようにしっかり練習!

得意なショットと不得意なショットがある。

でもそれはね、意外と最初の頃のキッカケによって、分かれるんだと思う。

 

「苦手って思わないことが一番だけど・・・」テニスの試合で打点が遅れないようにしっかり練習!

 


 

俺の場合は、テニス始めた最初の頃、バックハンドストロークとボレーが苦手だったんだけど、その理由は最初習ったときに、「全部回り込んでフォアハンドストロークで打つこと」って先輩に言われたから、バックハンドは避ける傾向になってしまい、どうやって打つのかイマイチ分からないまま何となく続けていた。

分からないから余計にフォアに頼って、バックを使わないようにしているうちに、どんどん苦手になったのだ。

ボレーは、そもそもネットプレーの真意が分からなかったし、ネットプレートはストロークをマスターした者がトライ出来る技って最初に思ってしまったから、もうダメだった。

でもそうやって「出来ない!」「苦手だ!」ってそのショットを思ってしまったことで、どんどん苦手意識って膨らんでしまう

そうなると、そこから脱却してそのショットを成長させるのは難しい。

いや、難しい訳じゃない。

簡単は簡単なのだ。

どういうことかと言うと、ダメなショットを良くすることは、そんなに難しいことじゃない。

 

でも、「俺はこのショット苦手だ」って思い込んでいるショットを上達させることが難しいのだ

言い方を変えると、「苦手」と思っていたら上達しにくく、「得意」と思わないまでも、そんなことを考えずに、無心で打てれば上達させやすい。

そして、この「苦手!」って思ってしまうことで影響が出やすいのは、打点なんだよ。

苦手意識を持つことで、まず相手が打ったボールが来るのを待ってしまうのだ。

そのせいで本来の打ちやすい打点よりも、食い込まれてしまったり、打点が落ちてしまったりしてしまい、イメージと程遠い打ち方になってしまい、それが余計にミスを増やし、結局「やっぱりこのショットは苦手だ!」って思ってしまうのだ。
 



 

でもね、苦手意識なんて一度身に付くと、そう簡単に無くなるもんじゃない

無くなったとしても、試合中の緊張した場面ではまた復活してしまったりするものだ。

だからそんな時には、まず打点を気を付けよう。

ストロークやボレーだったら、前に踏み込んでいかないといけないくらい、思い切って前の打点を選んでみたりスマッシュとかサーブだったら、背伸びしたり時にはジャンプするほど高い打点で思い切って打ってみたりしてごらん。

思い切ってそうやるくらいが、本来丁度いい打点なんだよ。

皆、ショットによって、良い悪いはあるけれど、どのショットも「苦手意識」だけは持たないように頑張ろう。

でも万が一「入る気しない・・・」って思ってしまったら、打点を前にしたり高くすることを心掛けてみよう。

自然と足が動いてくれて、本来の良い打ち方になりやすいから。

間違っても、「待って打つ」のはダメだからね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス チーム

    メンタル

    テニス部を強くしたいなら、「自分が」という言葉を「自分たちが」という言葉に変えていこう

    4月から新しいチーム、でテニスを始める方も多いはず。今回は、ち…

  2. メンタル

    テニスで結果を出す人は、「快感」を知っている

    テニスの試合で強い人。レッスンでも練習でも、しっかりと決める…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルに原因を求める人こそ、メンタルが弱い人

    「自分はメンタルが弱い・・・」という悩みの声、よく相談で頂きます。…

  4. テニス Q&A

    メンタル

    ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう

    サーブ、ストローク、ボレー・・・。皆さんの周りにも、いませんか…

  5. テニス 試合

    メンタル

    意識高い系、しかテニス界では生き残れない

    「相変わらず、意識高い系ですね」年末年始に、久しぶりに会った…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のテニスについて、悩んでいる」人は、テニスを始めた頃の仲間に会いに行こう

    初めてラケットを握ったとき。その頃の感覚、アナタは思い出せます…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合の序盤のファストサーブは、「コース狙いのセカンドサーブ」で
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理
  3. テニス ボレー

    メンタル

    テニス選手に必要な「ストレス耐性」とは何かを考えると、仕事や勉強にも活かしていけ…
  4. テニス 雨

    練習メニュー

    「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく
  5. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない
PAGE TOP