テニス メンタル

メンタル

セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要

テニスの試合で演技?そんなの、マナー違反じゃないか!

そうです、確かにそうなんですが。

私がお伝えしたいのは、自分自身で「雰囲気」を作ることの大切さ。

演技で相手を脅したり威嚇する、なんて論外。

ですが、「堂々とした姿勢」は強いテニス選手には必要だと思います。

 

セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要

 


 

1.ライン際のショットは、「堂々と」していよう

私はいつも、これを意識しています。

よく、テニスの試合でライン際のショットを打った後、「入ったかな・・・?」と不安そうに相手コートを観る人、いますよね。

こういう人は、大抵相手に「アウト!」と言われる。

言うまでもありませんが、テニスにおいてライン上のショットはイン、です。

自分で打ったボール、多少アウトでも「入っている」前提でプレーしていかないと。

相手のコールがある前に、自分でアウトと決めつける人・・・試合会場で、多過ぎです。

ライン際のショット、こそ堂々としておく。

このことが、テニスの試合では非常に大事になります。

 

2.大事な場面では、小さくガッツポーズしても良い

私は、大事な場面ではあえて、こういう「演技」もします。

ライン際のショットを打った後に、小さくガッツポーズする。

決して、相手を威嚇する、ジャッジを曲げさせようとする訳じゃない。

相手が、「アウト!」と言えば、もちろんそれに従います。

相手を威嚇するように、「カモーーン!」なんて大声を出して「アウト」と言えなくする、なんてのはマナー違反。

でも、自分からしっかり「入っている雰囲気」を作っておく、自分を信じるって大事じゃないですか。

小さいことですが、意識して欲しい。

きっと試合結果も変わると思いますよ。

 

3.自分の試合を、客観的に見てみよう

どこか、不安そうにしていませんか?

自身無さそうにプレーしていても、テニスは強さが身に付かない。

最初は小さい演技でも良い、ライン際のショットにしっかり自分で胸を張る。

これって、意識しないと変わっていきません。

レベルが低いから、恥ずかしい?

そういう考え方の方が、私は逃げているだけで恥ずかしいと思いますよ。

厳しいようですが、皆さんは試合に出て勝ちたい、と思っている方がほとんどなはず。

意識して欲しいことは、遠慮なく伝えさせて頂きます。

 

私も以前、審判をしていて選手の雰囲気はすごく感じるところがありました。

将来伸びる選手は、やっぱり良い、強い雰囲気がある。

だからこそ、自分がその雰囲気に見合う実力になっていく。

演技、というと少し誤解されがちですが。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ガット

    メンタル

    試合に強いメンタルを養う為に、普段の練習で実践したいこと4つ

    テニスの試合、自分たちをどうしても信じられない、メンタルが弱いと感じて…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?

    私たちの試合で多いのは、1セットマッチ。ほとんどが、この形式で…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    チェンジコートで集中する、方法はアレしかない

    シングルスの試合で、チェンジコートの場面。この時、みなさんどん…

  4. テニス サーブ
  5. テニス センス

    メンタル

    馬鹿にされた、刺激をもらったの違い

    普段生活していると、もう嫌というほど情報が入って来ますよね。…

  6. テニス

    メンタル

    テニスの試合ではなぜ、「試合中に追い上げられるとパニックになる人」が多いのか?

    リードしているとき、相手の調子が悪いときには気にならない。でも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいて能力以上に大きい「熱意の差」について、アナタの認識はまだまだ甘い
  3. テニス ポジショニング

    フットワーク

    「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう
  4. 戦術

    死んだボールは、打ち込まない
  5. メンタル

    他人に共感出来ない、それで良い
PAGE TOP