テニス メンタル

メンタル

セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要

テニスの試合で演技?そんなの、マナー違反じゃないか!

そうです、確かにそうなんですが。

私がお伝えしたいのは、自分自身で「雰囲気」を作ることの大切さ。

演技で相手を脅したり威嚇する、なんて論外。

ですが、「堂々とした姿勢」は強いテニス選手には必要だと思います。

 

セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要

 


 

1.ライン際のショットは、「堂々と」していよう

私はいつも、これを意識しています。

よく、テニスの試合でライン際のショットを打った後、「入ったかな・・・?」と不安そうに相手コートを観る人、いますよね。

こういう人は、大抵相手に「アウト!」と言われる。

言うまでもありませんが、テニスにおいてライン上のショットはイン、です。

自分で打ったボール、多少アウトでも「入っている」前提でプレーしていかないと。

相手のコールがある前に、自分でアウトと決めつける人・・・試合会場で、多過ぎです。

ライン際のショット、こそ堂々としておく。

このことが、テニスの試合では非常に大事になります。

 

2.大事な場面では、小さくガッツポーズしても良い

私は、大事な場面ではあえて、こういう「演技」もします。

ライン際のショットを打った後に、小さくガッツポーズする。

決して、相手を威嚇する、ジャッジを曲げさせようとする訳じゃない。

相手が、「アウト!」と言えば、もちろんそれに従います。

相手を威嚇するように、「カモーーン!」なんて大声を出して「アウト」と言えなくする、なんてのはマナー違反。

でも、自分からしっかり「入っている雰囲気」を作っておく、自分を信じるって大事じゃないですか。

小さいことですが、意識して欲しい。

きっと試合結果も変わると思いますよ。

 

3.自分の試合を、客観的に見てみよう

どこか、不安そうにしていませんか?

自身無さそうにプレーしていても、テニスは強さが身に付かない。

最初は小さい演技でも良い、ライン際のショットにしっかり自分で胸を張る。

これって、意識しないと変わっていきません。

レベルが低いから、恥ずかしい?

そういう考え方の方が、私は逃げているだけで恥ずかしいと思いますよ。

厳しいようですが、皆さんは試合に出て勝ちたい、と思っている方がほとんどなはず。

意識して欲しいことは、遠慮なく伝えさせて頂きます。

 

私も以前、審判をしていて選手の雰囲気はすごく感じるところがありました。

将来伸びる選手は、やっぱり良い、強い雰囲気がある。

だからこそ、自分がその雰囲気に見合う実力になっていく。

演技、というと少し誤解されがちですが。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス 調子

    メンタル

    テニスの試合に勝てる選手は知っている、「調子が良いときが自分の実力じゃない」ということ

    テニスの試合で、勝ち続けることが出来る人。それはメンタルの強さ…

  2. テニス センス

    メンタル

    「こんな相手は嫌だ!」テニスの試合ではマナーを守りつつ、嫌がられることも大切

    試合の相手がこんなだったら嫌だ・・・って何?俺の場合は、う~ん…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい

    1セットマッチの試合、私たちの試合ではほとんどがコレですよね。…

  4. メンタル

    試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?

    試合で強い人は、ミスを続けない。切り替えが上手い、ように見えま…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    独創的で自分勝手でも、「テニス選手としてなら生きていける」は大きな勘違い

    「将来プロ選手になりたいんです」「プロコーチとして、海外で活躍…

  6. テニス サーブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ミス

    戦術

    相手との差を受け入れて、そこからがテニスの試合は勝負開始
  2. テニス サーブ

    サーブ

    相手に読まれにくいサーブ、ってどんなサーブだろう?
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニス初心者でも理解しておきたい、「グリップを握る強さ」について
  4. テニス 環境

    ボレー

    ゆっくりしたロブのバックボレーカット、練習しておかないと
  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブで回転がかからない人は、「ボールの上をこする癖」が付いていないか見…
PAGE TOP