メンタル

格上選手が負ける時は、力でねじ伏せることに固執した時

テニスに限らずだと思いますが、スポーツの世界ってこれが怖い。

格上と見られる選手が負けていくときって、ある共通点があると思うんですよね。

みなさんも、きっと自分より実力が劣る、経験が浅いような選手と戦うことも多いでしょう。

意識しておいて、絶対に損は無いと思いますよ。

 

格上選手が負ける時は、力でねじ伏せることに固執した時

 


 

1.昨日の錦織選手だって、危なかった

私は、しっかり最後は錦織選手が「吹っ切れた」のが良かったと思います。

途中から入らなくなった自分のフォアハンド。

あれに固執していたら、もしかしたら負けていたかも知れない。

それくらい、僅差の勝負だったと思います。

自分の武器を知っているからこそ、そこに固執するのはテニスの試合でも危険。

フォアハンドなんて、言わば力の象徴ですからね。

これで打ち勝ちたい、と格上選手なら誰もが思うのが普通です。

 

2.自分の武器は、使わないで活かすことが出来る

格上選手の賢い戦い方、としては、これです。

自分の武器は、とにかく意識させて使い過ぎない。

フォアハンドが武器なら、その武器を活かしてしっかり他でも攻撃していける。

何かに固執していく、形で自分にプレッシャーをかける必要なんて無いですからね。

横綱相撲で勝てるだろう、と周りは観ているかも知れませんが。

実際の試合の現場は、そんな簡単じゃないですからね。

武器一つで押し切れる、なんて考えないことですよ。

 

3.力でねじ伏せるんじゃなくて、プレッシャーでねじ伏せる

これが大事な意識、です。

ショットの力なんて、正直私はそんなに差が無いと思います。

波もあるし、ミスも増えますからね。

ショットの力強さ、よりも心理的な力強さ、を上手く活かしていきたい。

プレッシャーをかけて、いかに格下の相手がミスしてくれるのか、を考えた方が効果的でしょう。

自分のことを上手いと思って警戒してくれているなら、何が出来るでしょうか?

粘ろうとする先に先回りしたり、相手が仕掛けて来るタイミングを先読みしたり。

アナタ自身が、先手を打っていけば、自然に相手はプレッシャーに押しつぶされてくれると思いますよ。

 

4.弱い相手が、「何をやって来るのか?」を想定して試合に入ろう

大事な試合こそ、相手も必死です。

やっぱり勝ちたい、と思ってコートに入って来ますからね。

何をしてくるのか、想像出来ますか?

「普通にやったら、勝てないな・・・」と思っている相手は、何かを工夫してくるでしょう。

だからこそ、必要なのはアナタ自身の戦術の幅。

何かに固執する、なんてもってのほかでしょう。

出来る限りの準備をして、こちらも手を打っておく。

色々なテニスが出来る、見せていくこと、が大事なのは言うまでもありません。

 

今回の全仏オープンでも、ぜひこの辺りの駆け引きを見て欲しい。

格上、格下、の試合が4回戦くらいまでは続いていきますから、何を意識しながら戦っているのか。

レベルは違えど、私たちの試合でも参考になるポイント、多いと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合は、残酷ですが「勝敗を分けるのは、ほんの僅かだけど大きい差」であることを、自覚しよう

    アナタ自身、テニスの試合で「僅(わず)かな差」で試合に負けた経験はある…

  2. テニス シングルス

    メンタル

    試合でどうにもミスが続くときには、ミスという言葉を使わないこと

    どんなに準備しても、ミスが止まらないときはある。特に試合の序盤…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗して作戦を止める」ことを、テニスでは失敗と言います

    「メンタルが弱い人って、どういう人でしょう?」「私はメンタルが…

  4. メンタル

    練習の頻度に関わらず、テニス歴3年以上なら「習う」段階から卒業していこう

    皆さんはテニスを、どこかで「習って」いますか?それとも「自分で…

  5. テニス フットワーク

    メンタル

    ギブアップしない相手を、負かすことは誰にも出来ない

    試合に出れば、勝つこともあれば負けることもある。いや、実際には…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    人から評価されることが、目的になってはいないか?

    T-PRESSを始めて4年、最近私も感じていることがあります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    その他

    テニスのモチベーションに波が無い、そんな人は絶対おかしい
  2. ボレー

    並行陣のサーブ&ボレーは、「ファーストボレーをストレートに流す準備」が…
  3. 戦術

    イレギュラーバウンドの多いコートで、必要な5つの意識
  4. 戦術

    前衛同士のビビらせ合い、に負けないように
  5. テニス ミス

    メンタル

    「粘り続ける技術と体力」テニスの試合で格上との対戦で競る為には・・・?
PAGE TOP