テニス 夜

メンタル

テニスの試合で格上相手に勝ちたければ、「アナタが格下相手にやられて嫌なこと」を徹底して実践しましょう

次の大会ではシード選手を倒したい!

と考えて燃えている人は多いはず。

シード選手に勝ってこそ、トーナメントで上位に進出できて自信も出来る。

普通に真っ向勝負で戦っても、結果は変わらない・・・と思うのであれば、一度考えてみたいことはコチラ。

アナタ自身が、自分より実力で劣る相手にやられて嫌なこと・・・は、何でしょうか?

 

テニスの試合で格上相手に勝ちたければ、「アナタが格下相手にやられて嫌なこと」を徹底して実践しましょう

 


 

■かっこ悪くても、粘りのテニスは必須

テニスは相手のミスを待つスポーツ・・・と言うと、「そんなのやりたくない!」と思う人も多いでしょう。

コートの後ろから高いボール、少し遅いボールでまずはつないでしっかりラリーをする。

格下相手に、「しこられる」のを苦手にしている方も多いんじゃないでしょうか?

ベースライン近くから安定してしっかりストロークを打つ、相手のナイスショットは別として、エースを獲られるのは相手が相当リスクを冒したとき・・・というのを意識しながら、プレーしましょう。

それでも決められるときは、決められてOK。

変なミスで相手にポイントを与えるようなことだけは、出来る限り少なくしたい。

その為には、スライスのような遅いボールを使って、自分の態勢を整える時間を作ることも意識しましょう。

 

■シード選手相手に負けるときは、大抵力み過ぎ

よく思い出してみて下さい。

強い選手を相手に試合をしたとき、「実力を出し切って終わった」試合、どれくらいありますか?

普段は問題無く打てるショットも打てなくなり、結果粘りも出ず、何も出来ないままに自滅していく機会のほうが圧倒的に多いんじゃないでしょうか。

力みを無くすには、テニスではまずラリーをしっかり相手と打ち合いリズムを作ることが必要です。

そしていざ攻撃していくには、観察からの奇襲がお勧め。

シード選手相手、格上相手だと、ラリーが続かないという人は、まず自分からミス、つまりは無理した攻撃を控えてみて下さい。

「倒したい!」という気合いだけが空回りしていると、実力で勝る相手はよりやりやすくなってしまうだけです。

 

■ファーストサーブ、リターンは、ゆっくりで良いからまず入れていくこと

しっかりと最初のボールが高確率で入ること、これがテニスの試合を作るうえで必須。

特に厳しいサーブに対してのリターンは、まずしっかり返すことが大事ですので練習が必要です。

普段のリターン練習、厳しいサーブを想定した内容で実施できていますか?

チーム内にいるビッグサーバーを相手にするのも良いですが、サーブをかなり前、サービスライン近くから打ってもらって、それを返球するような練習がお勧めです。

自分が打つサーブは、とにかくファーストサーブの確率重視。

セカンドサーブを2回打つくらいの気持ちでも良いかも知れません。

とにかくアナタ自身、格下相手に「これやられたら、試合も長引くし嫌だな・・・」と思うようなことを、整理して書き出してみましょう。

 

長い試合、競った試合を好きになる。

これはトレーニングのたまものです。

学生の皆さんは、「試合は勝っても負けても、早く終わりたい」と、心のどこかで考えている方が多いように思います。

長いラリー、長い試合は、その経験値を積むことで必ず強くなります。

まずはディフェンス、そして次は逆転の為の弱点探し。

あとは、暗示も必要。

今日からアナタも、「長い試合、どんと来い!」と心の中で叫び続けて下さい。

きっと大事な試合の本番を迎えたときに、違いが出るはずです。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスにおいて良い攻撃を続けていく覚悟は、10球連続でも足りないくらいです

    テニスの試合の中で、本当に強い選手は見た目のショット、では判別出来ない…

  2. メンタル

    例えば「小雨が降る中での練習をダルい」と感じる選手は、同じような環境での試合に絶対弱い

    小雨が降るような天気、こんな時期は寒いし練習したくない。誰しも…

  3. テニス 客観視

    メンタル

    這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道

    私自身、「這い上がったテニス選手」だと思います。いや、何も全国…

  4. テニス 疲れ

    メンタル

    みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです

    テニスの試合前、みなさんも経験無いですか?よく分からない、急に…

  5. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

    テニスの試合に出ていると、相手が「意図的に時間を使ってるな・・・」と感…

  6. テニス センス

    メンタル

    テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです

    私自身、テニスは好きですが、嫌いなところもあります。それは、選…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 調子

    メンタル

    「嫌われるのではなく、嫌がられろ」このニュアンスを間違えると、テニス界で干されま…
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能…
  3. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!
  4. テニス ストローク

    ロブ

    試合で使えるロブはもっと、ラケットを振って良い
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、「味方のサーブでポーチに出れない」人にとっておきのコツを
PAGE TOP