テニス ストローク

ボレー

テニスの試合で「ボレーで攻撃されてもブロックでしのぐ」ことが一球できるだけで、試合の流は変わります!

「試合の流れが変わる」というのを、アナタはテニスの試合で感じることはありますか?

私は、特に「良い守備」が出来たときに、試合の流れは変わることが多いように思います。

相手の良いショット、攻撃を受けて、「決まったかも・・・!」と誰もが思った後に、拾ってカウンターショット、または相手が攻め急いでミスをするような場面、ありますよね。

そんな場面を意図的に作ることが出来れば、試合の流れを自分のものにできるかも・・・!

今回は「ボレーで攻撃されたとき」を一つのテーマにして、考えてみましょう。

 

テニスの試合で「ボレーで攻撃されてもブロックでしのぐ」ことが一球できるだけで、試合の流は変わります!

 


 

■テニスの試合の流れは、いつも「良い守備」から生まれる

繰り返しになりますが、「良い守備」は相手に与えるダメージも大きい。

決まったと思ったボールが返球されると、誰だって焦るし嫌な気分になりますよね。

特に相手のボレーをしっかり受けて返球できるようになると、アナタの守備力は上がります。

同時にそれは、試合の流れを持ってくるチャンスも作れるということ。

守備に自信が生まれれば、試合はもっと楽しくできるなります。

 

■ボレー対ボレーに強くなろう!特に足元へのボールを1球でも多く返したい

ボレー対ボレー、ダブルスの試合ではよく観るケースですよね。

ポーチに出た前衛が、相手の前衛の足元を狙うケースもかなり多いはず。

イメージしてみて下さい、そこで相手の攻撃的なポーチを、足元のボールを1球返球してまたイーブンに戻すことが出来れば・・・試合の流れ、変わると思いませんか?

コツとしては、相手のボレーの際のラケット面をしっかり観て、先に予測してラケットを準備すること。

足元に確実に打ってくるような相手であれば、ラケットを足元にセット、相手のラケット面をチェックして最後の最後で、どのあたりに来るかを予測して微調整してみましょう。

難しく考えずに、まずはしっかり相手を観察して早く準備すること。

もちろん予測が大きく外れれば返球するのは難しいですが、ある程度予測が当たれば自信を持ってしっかり反撃、返球できるようにしておくことが大切です。

 

■ドロップボレーを警戒できるポジションを常に意識する!

相手のレベルが上がれば、ボレーの攻撃も多彩なものになってきます。

特に前を使うようなドロップボレーは、得意な選手を相手にすると本当に厄介。

大事なのは、アナタのポジション。

しっかり前に走って届く位置に、ベースラインの内側でいつでもダッシュできるような態勢を整えておきましょう。

「それだと、今度は深いボレーが処理できないよ」という声、確かにそうです。

そこは思い切って後ろからもボレーやハーフボレーで返球する技術も必要、ロブも混ぜていきたいですね。

女性のベテランプレイヤーは、こういったポジショニングとデッドゾーンのプレーが最高に上手い。

つなぐボレー、ディフェンシブなボレーこそ、試合で必要な技術です。

侮るなかれ、アナタにも参考になるボレーに対する守備には、たくさんのアイデアがあるのです。

 

ボレーの攻撃に対する守備には、経験が必要です。

たくさん受けて、たくさん予測して反撃する。

もちろんやられることも、大切な経験。

不思議とどこかで、何となく相手が打ってくるコースが読めるようになってくるでしょう。

そうなれば、守備の面白さが分かってくるはず。

少しの意識で変わりますので、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで抑えが効かない人は、「ラケット動作をアウトサイドイン」にすることで安定します!

    ボレーの基本はラケットと顔の距離を近くにすること。ですが、身体…

  2. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味です

    先日あるテニスコートで練習している風景を観て、感じた疑問。ボレ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう

    試合の中での、ハイボレーの踏み込み足。これを、しっかり上げてい…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる

    ボレーに安定感が無い人は、何を変えていけば良いのか。この問題は…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで腰が引けてしまっている人は、簡単に反撃されてしまう

    ボレーが苦手な人は、雰囲気で分かる。腰が引けてしまっていて、ボ…

  6. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーのコースが安定しない人は、「自分の肩が回転していないか」をチェックしてみよう!

    ボレーが安定しない人は、身体の使い方がおかしいけケースが多い。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    0-5まで追い詰められて、「吹っ切っていこう!」と思ったら、思い切って試してみた…
  2. フットワーク

    「ザーッと滑りながら追いかける」オムニコートのテニスの試合で必要な技術とは?
  3. ロブ

    仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合、「長いラリーのポイントの後に、簡単なミス」をしてしまう人はココ…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合において、「ダブルスでペアの連携力を高める」ことができるオンコートで…
PAGE TOP