テニス ストローク

ボレー

テニスの試合で「ボレーで攻撃されてもブロックでしのぐ」ことが一球できるだけで、試合の流は変わります!

「試合の流れが変わる」というのを、アナタはテニスの試合で感じることはありますか?

私は、特に「良い守備」が出来たときに、試合の流れは変わることが多いように思います。

相手の良いショット、攻撃を受けて、「決まったかも・・・!」と誰もが思った後に、拾ってカウンターショット、または相手が攻め急いでミスをするような場面、ありますよね。

そんな場面を意図的に作ることが出来れば、試合の流れを自分のものにできるかも・・・!

今回は「ボレーで攻撃されたとき」を一つのテーマにして、考えてみましょう。

 

テニスの試合で「ボレーで攻撃されてもブロックでしのぐ」ことが一球できるだけで、試合の流は変わります!

 


 

■テニスの試合の流れは、いつも「良い守備」から生まれる

繰り返しになりますが、「良い守備」は相手に与えるダメージも大きい。

決まったと思ったボールが返球されると、誰だって焦るし嫌な気分になりますよね。

特に相手のボレーをしっかり受けて返球できるようになると、アナタの守備力は上がります。

同時にそれは、試合の流れを持ってくるチャンスも作れるということ。

守備に自信が生まれれば、試合はもっと楽しくできるなります。

 

■ボレー対ボレーに強くなろう!特に足元へのボールを1球でも多く返したい

ボレー対ボレー、ダブルスの試合ではよく観るケースですよね。

ポーチに出た前衛が、相手の前衛の足元を狙うケースもかなり多いはず。

イメージしてみて下さい、そこで相手の攻撃的なポーチを、足元のボールを1球返球してまたイーブンに戻すことが出来れば・・・試合の流れ、変わると思いませんか?

コツとしては、相手のボレーの際のラケット面をしっかり観て、先に予測してラケットを準備すること。

足元に確実に打ってくるような相手であれば、ラケットを足元にセット、相手のラケット面をチェックして最後の最後で、どのあたりに来るかを予測して微調整してみましょう。

難しく考えずに、まずはしっかり相手を観察して早く準備すること。

もちろん予測が大きく外れれば返球するのは難しいですが、ある程度予測が当たれば自信を持ってしっかり反撃、返球できるようにしておくことが大切です。

 

■ドロップボレーを警戒できるポジションを常に意識する!

相手のレベルが上がれば、ボレーの攻撃も多彩なものになってきます。

特に前を使うようなドロップボレーは、得意な選手を相手にすると本当に厄介。

大事なのは、アナタのポジション。

しっかり前に走って届く位置に、ベースラインの内側でいつでもダッシュできるような態勢を整えておきましょう。

「それだと、今度は深いボレーが処理できないよ」という声、確かにそうです。

そこは思い切って後ろからもボレーやハーフボレーで返球する技術も必要、ロブも混ぜていきたいですね。

女性のベテランプレイヤーは、こういったポジショニングとデッドゾーンのプレーが最高に上手い。

つなぐボレー、ディフェンシブなボレーこそ、試合で必要な技術です。

侮るなかれ、アナタにも参考になるボレーに対する守備には、たくさんのアイデアがあるのです。

 

ボレーの攻撃に対する守備には、経験が必要です。

たくさん受けて、たくさん予測して反撃する。

もちろんやられることも、大切な経験。

不思議とどこかで、何となく相手が打ってくるコースが読めるようになってくるでしょう。

そうなれば、守備の面白さが分かってくるはず。

少しの意識で変わりますので、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?

    サーブ&ボレー、でのファーストボレー。これをしっかり返すのが、…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロックボレー」を身に付けよ…

    ダブルスでストレートアタック、をされたときに、しっかり返球出来るかどう…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる

    テニスの試合のネットって、みなさん高いと思いますか?これって、…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ

    グッと抑えの効いたバックボレー、試合で打ちたいですよね。スライ…

  5. ボレー

    ボレーミスが多い人は、2段構えを覚えよう

    ボレーミスが多い人は、2段構え。何のこと?と思うかも知れません…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    硬式テニスのボレーでは、打球が飛ぶ方向とフォロースルーの方向は、必ずしも一致しない

    ボレーのコントロール、皆さんはどんなポイントを意識していますか?…

特集記事

  1. テニス 居場所

    メンタル

    「練習だけじゃ完成されない」テニスの技術は試合で使って初めて身に付いていく
  2. テニス 並行陣

    戦術

    テニスの試合2日前に、テニスノートにやることを書く
  3. テニス リターン

    ロブ

    試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い
  4. 練習メニュー

    テニスの試合で使える実戦的な練習として、「追い込まれた状況からリカバリーするパタ…
  5. メンタル

    コードボールは、決してラッキーや偶然なんかじゃない
PAGE TOP