サーブ

サーブのトスは上げるんじゃなくて、自然に「上がる」感じで

サーブのトスアップ。

ここに苦戦している人は、やはり多いですよね。

乱れる人はどうすれば良いのか、今回は動作の「連動性」に着目してみましょう。

腕だけを意識すると、なかなか難しいですよ。

 

サーブのトスは上げるんじゃなくて、自然に「上がる」感じで

 


 

1.腕を上げる、のはそうだけど・・・

やっぱり緊張するじゃないですか。

腕だけを動かして、ボールを正確に上げるのって。

腕に意識を集中してしまうと、試合では難しい。

私も経験してきましたが、トスのイップスみたいになってしまうんですよね。

早くボールを離したい病、とでも言いましょうか・・・何だかもう、サーブが嫌でしょうがない。

そういう時は、トスが乱れているだけ。

これを根本から強制するには、「連動性」が大事です。

 

2.足と連動させてみるのは、一つの方法

私が意識しているのは、足の動きとの連動。

後ろ足、私は右利きですのでサーブを打つ前に右足を少し前に出します。

左足に寄せる動作、とトスアップの動作を合わせる。

腕を上げるというよりは、足を動かしてそこに連動するから腕が上がる、という感じですよね。

スイッチが、足にある。

だから緊張した場面でも、腕をどう動かすか・・・はあまり考えないんですよ。

連動させることを覚えておけば、すごく試合でも楽ですよ。

 

3.緊張したら、上半身は硬くなる

試合では、こんな感じだと思います。

緊張すると、上半身は硬くなる。

これを経験してきてこその、テニス選手ですよね。

まだ足、は動くじゃないですか。

だから、足が動いたら腕も動く・・・ようなフォームにしておく。

この連動性のあるトスアップを身に付けると、実際に試合でも安定感が増しますよ。

身体全体でトスアップする感じですので、リズムも良いですしね。

女性にもお勧めの方法、です。

 

4.トスは上げるんじゃなくて、上がる

勝手に上がる、ような感じです。

足を前に出すと腕が上がって、トスが上がる・・・。

腕には一切、力を入れていないから力まないし、安定する。

すごく高いトス、は上がらないですよ。

でも、試合では低めのトスで充分です。

上げよう、上げようと思うと、上がらないし乱れる。

足から動かして、トスは勝手に上がる。

これでいきましょう!

 

プロ選手のトスアップって、綺麗ですよね。

腕で上げている感じ、無いじゃないですか。

練習の賜物ですが、私たちにも参考に出来る場所はたくさんあります。

シンプルさと連動性。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. ※満員御礼【女子ダブルス 土居コーチ レッスン(前衛の動き方)&ゲーム…
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ロブ

    サーブ

    崩すサーブで充分、なのになんで強打に走るんだろうか

    不安だと、打ちたくなる。そしてそのサーブが入らないから、余計に…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    上級者の方ほど変えるのが難しい技術、それこそがサーブ

    試合で恐らく、上のレベルになるにつれて重要度を増すショット。そ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブで身体が開いて安定しない」人は、肩にアゴを乗せてトスアップを意識してみましょう

    このサイトでもサーブのテーマについて、色々書かせて頂きましたが、やっぱ…

  4. サーブ

    なぜ、サーブに伸びが出ないのか?

    サーブが叩かれる、伸びが出ない。こう悩んでいるみなさんに、一…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ

    フラットサーブ、をしっかりファーストサーブで打っていくこと。こ…

  6. テニス リターン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    自分の火付けショットは、何?
  2. ダブルス

    リターンから並行陣を崩すには、ロブボレーを使おう!
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストローク、シュート回転してない?
  4. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ
  5. テニス 打点

    ストローク

    ライジングショットのコツが掴めない人は、ボールがバウンドする前からラケットを前に…
PAGE TOP