テニス サーブ

Q&A

Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」

「とにかくトスが安定しなくて・・・」と、お悩みの皆さん。

トスが安定しないと、そもそもメンタルも安定しない。

サーブの安定に、トスアップの安定は欠かせませんよね。

今回は、以前も書いたことがあるかもしれませんが・・・とっておきの、トスアップ特効薬を皆さんに公開します!

 

Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」

 

1.先に目線を上に向けるだけ!

これだけ、です。

皆さんはトスアップのときに、ボールをジーッと見ていること、ありませんか?

サーブを打つ前、緊張する中で意識したいのは、先にアゴを上げて上を向いてしまうこと。

トスアップの頂点、空を見上げるように、先に上を向いてしまうんです。

目線をトスアップされるであろう先、に向けてしまうことがコツ。

ボールを見ながらトスを上げても、絶対に安定しません。

 

2.不安だと人は「ボール」を凝視したくなる

ほとんどの方は、この症状があります。

サーブに自信が無い人ほど、ボールをずっと見ていたい。

自分の手で持っているボール、が不安でしょうがない、早く解き放ってしまいたい一心じゃないでしょうか。

いやいや、ボールは味方、ですよ。

利き腕じゃない手で持っているとつい不安になりますが、ちゃんとしたコツを身に付ければ利き腕じゃなくてもコントロール出来る。

先に目線を移して、そこにボールを入れてあげる。

これだけで抜群に安定感がアップするはずです。

 

3.今、上を向いてトスアップの素振りをしてみよう!

皆さん、今そこでやってみましょう!

ボールを持っていると思って、まず上方向を向いてみる。

そしてその後に腕を上に上げて、ボールをその視界に入れてあげる。

これだけ、です。

トスアップのイメージ、結構変わりませんか?

見ている方向にボールが入ってくる、そうすると、サーブの打点も取りやすい。

イメージトレーニングして、ぜひ練習でも試してみて下さい。

 

ちょっとしたことでも、上級者はこういうコツをたくさん持ってます。

テニスコーチも実践している、でも当たり前だと思って、周りには伝えていないかも知れませんね。

今回のコツで、皆さんのサーブが劇的に変わることを祈って。

先に上を向いて、それからボールを上げていく、だけ。

また新しいヒント、私も探してきます!

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「ソフトテニス経験者の強打の癖は、どうやって直していけば良い?」

    ソフトテニスから、硬式テニスに移行する。中学生から高校生、に進…

  2. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「試合に出る頻度は、どれくらいが良いの?」

    アンケートにて頂いたご質問の中で、数名に頂きましたので考えてみたいと思…

  3. Q&A

    Q&A「テニスで普段の練習成果が、試合で全く出せません。なぜでしょうか・・・?」

    今回は、テニススクールに通う男性社会人の方からの質問です。平日…

  4. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「周りに自分よりテニスが強い選手がいません・・・」

    今日は、大学のテニスサークルの方からのご質問について。同じよう…

  5. テニス 前衛

    Q&A

    Q&A「やる気の無いテニス部員には、どう接していけば良いんですか?」

    新学期、部活やサークルの雰囲気がどうも盛り上がっていかない。何…

  6. テニス 試合

    Q&A

    Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?」

    今回は社会人の女性の方からのご質問です。毎月1万円前後をかけて…

コメント

    • 高崎 聡子
    • 2017年 11月 04日

    トスアップについての記事を読ませていただきました。
    前に、ボールの持ち方の記事を読ませて頂き
    いつも、トスが低い〜!と言われ続けている私にとっての大きなヒントだったのですが
    今回みつけた、トスを上げる時の視点についての記事は、実際に部屋の中ですが、ボールをトスアップしてみて、ビックリしました。
    頭に衝撃が走りました。

    上の2つの教えは、テニススクールでも、サークルのコーチにも、頂いたことのない教えでした。
    明日、テニスコートに立って練習することが楽しみです。
    いつも、貴重な教えに感謝しております。
    自分のものにできるよう、強い意志を持って練習します。

      • tomita
      • 2017年 11月 06日

      コメントありがとう御座います!
      あくまで私自身の経験からのヒントしかお伝え出来ませんので、少しでもお役に立っているようでしたら嬉しいです。
      これからも、より良い記事をご提供出来るよう頑張りますので、宜しくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. サーブ

    「サーブのトスを低くしてみる」ことで、アナタは劇的に変わるかも知れません
  2. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ベースラインからのストローク展開で、「ライジングショットがなぜ必要なのか?」を改…
  5. テニス 部活

    練習メニュー

    「団体戦に強い、部員が成長していく部活」では、先輩と後輩が教え合うという太い線で…
PAGE TOP