テニス メンタル

ボレー

ダブルスの前衛として攻撃して良いボール、ダメなボール

目次

ダブルスの前衛で、とにかく動いて後衛を助ける。

私は何度も、これが大事と書いて来ました。

ですが、あまりにムキになって全部出ようとしても、それは難しい。

今回は、そこをどう見極めるのか。

実際の試合でよくあるケースを元に、考えてみましょう。

 

ダブルスの前衛として攻撃して良いボール、ダメなボール

 


 

1.常識を、逆転させよう

私が考える前衛のセオリーは、もしかしたらみなさんのセオリーとは逆かもしれません。

攻撃して良いボール、ダメなボール。

普通は、「相手の緩いボールを前衛が攻撃する、決める」と考えますよね。

でも、私は逆です。

相手の強いボール、攻撃して来るボールこそ、こちらが前衛で触って攻撃していきたい。

なぜなら、そのボールが味方の後衛に飛べば苦しいから。

前衛の選手が触った方が、しっかりこちらのポイントになる。

相手が攻めて来る、ような場面こそ、私は前衛が動ける時だと思いますよ。

 

2.逆に、出たらダメなボールは・・・?

これは、正直ありません。

ですが、「出ない」とパートナーと打ち合わせした時は、出ない。

つまりはボールの種類ではなく、決めたシチュエーション次第、作戦次第ということです。

私も後衛でプレーするときに、「ちょっとファーストボレーからラリーしたいから、ストレートに誘ってね」と伝えることはあります。

ここで大事なのは、「ストレートを守ってね」とか「ステイしてね」とは言わないということ。

前衛が消極的になりがちですからね、こういう言葉を使うと。

あくまで、ストレートに誘う仕事はある、と意識を持ってもらう。

そのうえで、クロスは一旦後衛に任せておく、という作戦の中ではクロスのポーチには出ない、というのは大事な要素です。

 



 

3.少しでも気持ちが引いたら、出ない方が良い

私の経験上、これが前衛の一番の失敗例。

ストレートに未練が残っていると、クロスのポーチが甘くなる。

ミスになるし、「出なきゃ良かった・・・」となるんです。

こういう気持ち、が少しでも自分の中にある時は、ポーチに出たらダメ。

しっかり整理して、気持ちを振り切って出ないと前衛としては動きが鈍る。

攻撃してダメなボール、は無いけど「ダメな心理状況」はある。

と覚えておくと、割り切れると思いますよ。

 

4.攻撃して良いボール、を自分から作っていく

繰り返しますが、これは自分から作っていかないとダメ。

相手が攻めて来るボール、これを前衛の自分が仕留めるんだと。

それが後衛を助けることになるし、自分たちのペアが勝つことに直結する。

待っていても、誰もこんなこと教えてくれないし、もしかしたら「何で今ので出たんだよ!」と怒られるかもしれませんね。

でも、私は何度でも書いていきますよ。

相手の強打、チャンス、攻撃の瞬間こそ、前衛はクロスのポーチに動いて良い。

先回りして、意表を突いて反撃しましょう!

 

もちろん、上手くいかないことだってあります。

何せボールは速いし、怖いし、大変ですよね。

でも、相手の立場になって考えて見て下さいよ。

攻撃していこうとしたら、前衛が動いてコースに入って来る。

ものすごく嫌ですし、決まったとしても次から前衛が気になってしょうがないですよ。

そうさせる力、こそ前衛の力。

アナタ自身が、試合を動かしていく力なんです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. ボレー

    ありがちなフェイントは、見抜けるように

    対戦相手の前衛が、どんどん動いて来る。こういう相手は、きっと…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威になります

    ネットプレーでは、何としてでもポイントをしっかり獲りたい・・・それも、…

  3. テニス サーブ

    ボレー

    ハイボレーは下に叩き付ける、のではなくまっすぐ打って重力でコートに入れるくらいのイメージで充分

    ハイボレー、頭より高い位置のボレーは皆さんどうでしょうか?結構…

  4. ボレー

    ボレーは鋭さを増す、簡単な方法とは?

    ネットプレーに、鋭さが欲しい人。上手い人のボレーって、切れ味…

  5. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が足りない

    ボレーがどうしても、アウトしてしまうことが多い方は、準備に問題がある。…

  6. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味です

    先日あるテニスコートで練習している風景を観て、感じた疑問。ボレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスの上達の鍵は、「小指」の使い方に有り
  2. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ
  3. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だ…
  4. ストローク

    深いボールは、「しっかり打ってからジャッジ」が基本です
  5. その他

    T-PRESS CUP を開催してみて、感じたこと
PAGE TOP