テニス メンタル

ボレー

ダブルスの前衛として攻撃して良いボール、ダメなボール

ダブルスの前衛で、とにかく動いて後衛を助ける。

私は何度も、これが大事と書いて来ました。

ですが、あまりにムキになって全部出ようとしても、それは難しい。

今回は、そこをどう見極めるのか。

実際の試合でよくあるケースを元に、考えてみましょう。

 

ダブルスの前衛として攻撃して良いボール、ダメなボール

 


 

1.常識を、逆転させよう

私が考える前衛のセオリーは、もしかしたらみなさんのセオリーとは逆かもしれません。

攻撃して良いボール、ダメなボール。

普通は、「相手の緩いボールを前衛が攻撃する、決める」と考えますよね。

でも、私は逆です。

相手の強いボール、攻撃して来るボールこそ、こちらが前衛で触って攻撃していきたい。

なぜなら、そのボールが味方の後衛に飛べば苦しいから。

前衛の選手が触った方が、しっかりこちらのポイントになる。

相手が攻めて来る、ような場面こそ、私は前衛が動ける時だと思いますよ。

 

2.逆に、出たらダメなボールは・・・?

これは、正直ありません。

ですが、「出ない」とパートナーと打ち合わせした時は、出ない。

つまりはボールの種類ではなく、決めたシチュエーション次第、作戦次第ということです。

私も後衛でプレーするときに、「ちょっとファーストボレーからラリーしたいから、ストレートに誘ってね」と伝えることはあります。

ここで大事なのは、「ストレートを守ってね」とか「ステイしてね」とは言わないということ。

前衛が消極的になりがちですからね、こういう言葉を使うと。

あくまで、ストレートに誘う仕事はある、と意識を持ってもらう。

そのうえで、クロスは一旦後衛に任せておく、という作戦の中ではクロスのポーチには出ない、というのは大事な要素です。

 



 

3.少しでも気持ちが引いたら、出ない方が良い

私の経験上、これが前衛の一番の失敗例。

ストレートに未練が残っていると、クロスのポーチが甘くなる。

ミスになるし、「出なきゃ良かった・・・」となるんです。

こういう気持ち、が少しでも自分の中にある時は、ポーチに出たらダメ。

しっかり整理して、気持ちを振り切って出ないと前衛としては動きが鈍る。

攻撃してダメなボール、は無いけど「ダメな心理状況」はある。

と覚えておくと、割り切れると思いますよ。

 

4.攻撃して良いボール、を自分から作っていく

繰り返しますが、これは自分から作っていかないとダメ。

相手が攻めて来るボール、これを前衛の自分が仕留めるんだと。

それが後衛を助けることになるし、自分たちのペアが勝つことに直結する。

待っていても、誰もこんなこと教えてくれないし、もしかしたら「何で今ので出たんだよ!」と怒られるかもしれませんね。

でも、私は何度でも書いていきますよ。

相手の強打、チャンス、攻撃の瞬間こそ、前衛はクロスのポーチに動いて良い。

先回りして、意表を突いて反撃しましょう!

 

もちろん、上手くいかないことだってあります。

何せボールは速いし、怖いし、大変ですよね。

でも、相手の立場になって考えて見て下さいよ。

攻撃していこうとしたら、前衛が動いてコースに入って来る。

ものすごく嫌ですし、決まったとしても次から前衛が気になってしょうがないですよ。

そうさせる力、こそ前衛の力。

アナタ自身が、試合を動かしていく力なんです。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合、鋭いボレーに必要なのは、「後ろ足の膝の曲げとキック」です

    プロ選手のボレーは直線的で鋭い弾道、しかもスライスが効いているから相手…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本

    実際の試合の中では、相手のミスで決まるポイントも多い。特に、こ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでは、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革しよう

    どんなに意識しても、ボレーでラケットを振ってしまう人。具体的に…

  4. テニス フットワーク

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬間」を見逃さないこと…

    ボレー対ストロークのラリー練習、ただつなげるだけでは試合で使えない。…

  5. ボレー

    成長するとは、受け入れるということ

    私自身、振り返ってみて感じること。テニスが成長出来た時期って…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    サービスゲーム、ポーチに出るなら…?

    ダブルスの試合で、サービスゲームの前衛。「出ないと、動かないと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 観察眼

    練習メニュー

    人数が多い練習で、「効率良く実戦的なメニュー」を行う為に必要なアイデアとは?
  2. ストローク

    「ストロークの時のグリップとスタンス」プロテニス選手が実践する技術には、必ず理由…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?
  4. 日々の雑記

    大坂なおみ選手、全米オープン優勝の偉業に寄せて
  5. メンタル

    勝つか負けるか、ばかり考えてない?
PAGE TOP