ダブルス

前衛が動ける雁行陣は、やっぱり試合でも強い

ダブルスの試合で、いつ前衛がポーチに動くのか。

そして、動きやすいポイントパターンを作るには、どうすれば良いのか・・・。

今回は、改めて雁行陣同士の戦いからその基本、を確認してみましょう。

思い切るところは、思い切って動く。

後衛も連動して動く、ことをイメージしながらぜひ実戦でも取り入れてみて下さい。

 

前衛が動ける雁行陣は、やっぱり試合でも強い

 


 

1.前衛と後衛、がハッキリ分かれた雁行陣

テニスのダブルスの陣形、の基本ですね。

前衛、後衛がハッキリ分かれたこの形、やっぱりどこかで前衛がボレーで参加したい。

ポジションの基本としては、ボールを打つ側、の前衛は相手の攻撃に備えて少し下がり気味。

ネットをボールが超えると・・・

今度は、その前衛のポジションが逆になりますね。

この場合、青側の後衛の選手が打とうとしているので↑、青側の後衛の選手が少し下がり気味。

自分が触れない!と思ったら、守備に切り替えるのが雁行陣の前衛の基本、ですね。

 

2.勝負に出るなら、相手がボールを打つ前に!

さぁ、ここから赤側の前衛が動いていきます。

このタイミング、がすごく大事。

相手が打つ前、もうボールがバウンドして打つ構えに入ったくらいで、私は動いて良いと思いますよ。

↑の図は、まだ青側の後衛の選手がボールに触る前、のイメージです。

先に、センターに動いてしまう、その姿に気付かれても良いです。

ストレートに展開されるのは、予測込み済。

後衛がしっかり走れば、シングルスコートくらいはしっかりカバー出来ます。

特に、相手が深い位置から打って来るなら、充分に間に合うでしょう。

揺さぶりをかけて、サイドアウトを誘うのもこの作戦の魅力、ですから。

とにかくチャンスを待つんじゃなくて、自分から掴みにいくこと、が大事です。

 

3.どういう時に、前衛は動きやすいのか?

みなさん、前衛でプレーしていてどうでしょうか?

やっぱり、ボールがセンター寄り、にあるときでしょう。

↓の図のように、ボールがコートの内側にある時。

青側の後衛の選手が右利きなら、バックハンドストローク、を打つ時ですね。

外側のフォアハンド↓は、やっぱりちょっと動き辛い。

この図だと、ボールも浅いですよね。

こうなると、相手は攻撃のコースがたくさんある。

前衛の選手も、攻撃よりも守備的な意識が強くなってしまう。

ストレートもショートクロスも、かなり角度を付けても入りますからね。

ですので、理想を言えば相手の前衛を避けつつ、出来るだけ相手の後衛をセンター寄せ、にしておきたいんです。

この辺りに相手の後衛を移動させて、打たせることが出来ると、前衛は動きやすい。

相手が打てるコース、も狭いですからね。

実際の試合では、こういう場面はロブも多いです。

普通に打ったら、前衛に引っかかってしまう、ことに気付きますからね。

強い相手ほど、センタ―に寄せたらロブ、も警戒しておきましょう。

 

思い切って、チェンジするようなプレー、大事ですね。

前衛と後衛が入れ替わる、ストレートに相手を打たせるようなプレーも、雁行陣なら出来るはずです。

みなさんが思っている以上に、そんなにストレートに上手く打てる後衛なんていませんから。

ちょっと早く動き出す、くらいでも遅いくらい。

ぜひ、試合で実践してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり・・・」アナタのテニスを助ける技術とは?

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がとにかく邪魔!」と感じたことはありませ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「相手サーバーがダブルフォルトが多い」ときには、ストレートの前衛を狙ってみる

    ダブルスの試合で、どうも相手のサーブの調子が悪そう。ここは一気…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の攻撃を先読みしてポジションを移動出来れば、相手は勝手に自滅してくれるのがテニス

    色々なスポーツには、「フェイント」という技術がある。サッカーや…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣を敷けば勝てる

    2人でネットに出る並行陣。ここには、実は大きな秘密が隠されてい…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手の後衛がスライスの構えになったら、チェンジプレーで勝負に出よう

    これは、一つ私からの提案です。相手が雁行陣、後衛の選手がストロ…

  6. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている

    ダブルスの前衛、こんな考えの選手・・・の人、いませんか?「ドキ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ストローク

    プロ選手に影響を受けやすいけど、「ストロークのスタンスはオープン?クローズ?」の…
  2. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合で、「厳しいボールを追いかけるときに声を出す」ことで自分をプッシュで…
  3. テニス 雨

    その他

    「リーダー作り」テニス部の部活動に必要なリーダーの育成について
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスも強い選手は、相手の恐怖心が大好物
  5. テニス ダブルス

    日々の雑記

    アナタ目線、は永遠の財産になる
PAGE TOP