ダブルス

相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない

ダブルスの試合、コートにいる人数は多い?少ない?

当然シングルスの試合に慣れている人は、2人になっただけで多い!と感じるでしょう。

ですが、実際には相手がいないスペース、空いているスペースはダブルスでもあるはず。

でも、実際の試合を観ると・・・みなさん、相手がいる場所、にばかり打ってしまうケースが増えてしまうのはなぜでしょう。

どこかで真剣に考えないと、この問題は解決出来ませんよ。

 

相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない

 


 

1.「足元狙い」は、かなり危険な指導法

実際に、テニススクールではこう教わるケースも多いでしょう。

ボレーは相手の足元に、という感じで、前衛が前衛にぶつけていくのが良いプレー、だと思われている。

それだと、確かに初中級レベルの相手までなら・・・得点出来るかも知れませんが。

でも、試合慣れしている選手は、とにかくキャッチ力、守備力が凄い。

足元をさばくのなんて、きっと朝飯前、ですよ。

だからこそ、相手がいない場所に打つという発想、が大事なんです。

 

2.自分で「目標」を設定しておく

この、「相手がいない場所に打つコツ」は、考え方次第。

私はいつも、相手がいない場所に「空想でカラーコーン」のようなモノをイメージしておく。

何も無い場所、なんだけど狙う場所。

これは相当強くイメージしておかないと、どうしても人は「目に入った情報、見えるモノ」をターゲットにしていく傾向にあります。

無意識、ではダメなんです、絶対に人に向かってボールを打ってしまう。

ラリーしながら、またはポイント前の静寂に包まれているときに、空想でもターゲットを置いておく。

この目標作り、が第一歩だと思います。

 

3.流れを確認してみましょう

しっかり出る、とサーバーと打ち合わせしておくことが大事です。

素早く動いて、センターストラップ近くまで前衛が動きます。

ですが、↑の場合必ずしもフォアボレーで打てるとは限らない。

通り過ぎて、バックボレーになることもあるでしょう。

その場合に、慌てて相手の前衛を狙ってしまうと・・・。

何だかんだで返されてしまいますよね、試合では。

反対側にはオープンスペースが出来てしまう、サーブを打った選手のカバーも遅れがち。

相手は楽に、カウンターでポイントが取れてしまいます。

相手の足下にポーチを打ってしまうと、こういうケースになりがちですよね。

慌ててしまうと、人は人を狙ってしまうもの、と意識しておきましょう。

T-PRESS YouTube公式チャンネルはコチラ

 

4.人に打つのは、なぜ「安心」なんだろう?

これはきっと、「確実にイン」だからですね。

相手がいる場所はコートの中、だからアウトになることは無い・・・と思ってしまう。

試合ではアウトを怖がってしまいますからね、この感覚は当然でしょう。

人に向かって打った方が、アウトが無くて安心する、結局は自分の為・・・です。

それだと、厳しい攻撃は出来ない。

空いている、人がいないスペースを狙えば、もちろんアウトの可能性は上がるでしょう。

でも、それだけ効果的な攻撃になる。

多少のリスクは負っていく、覚悟がアナタにも必要です。



5.ラリーを「終わらせる」には、ゴールをゲットすること

私は何度も、「相手のミスを待つこと」が大切だと書いてきました。

でも、もちろんそれだけだと試合は厳しい。

特にダブルスでは、担当コートが1/2ですからミスも少なくなる。

だからこそ、時にはラリーを終わらせるような、ゴールをゲットする意識も大事。

テニスって、サッカーやバスケのように形のある「ゴール」って無いじゃないですか。

だから、自分で作らないと。

空想でも良い、空いているスペースに、自分でゴールを設定する。

そうすれば、きっと人がいないような場所、でもボールを運べると思いますよ。

 

相手にとっても、「足元に打って来る相手」は楽ですよ。

慣れればカバー出来るし、何より空いているスペースを消すような意識を持たなくて良い。

まずは、しっかり理想を高く。

ダブルスでも、相手2人に触られないようなコース、にしっかり打ちたいと自分で思うこと。

そこから全てが、始まります。

ピックアップ記事

  1. 【終了しました!4/16(土)レッスンイベント】佐藤博康プロと3時間 ダブルス練…
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておいて欲しい

    「雁行陣」という言葉が、テニスにはあります。前衛と後衛が、はっ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    コントロールが良いサーバーは、前衛の動きを見れば分かる

    ダブルスの試合のときに、試合の序盤で感じること。「あ、このペア…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付ける勇気を

    アナタはダブルスで前衛と後衛、どちらが得意ですか?好き、という…

  4. ダブルス

    速いボールでは、なかなか前衛を活かせない

    ダブルスの試合で、一見上手そうなのに勝てないペア。きっと、なか…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃できます

    ダブルスの試合にたくさん出ている人は、様々な攻撃パターンをもっていると…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜ、ダブルスのボレーが決定打にならないのかと言えば、アナタのショットがワンパターンだから

    ダブルスの試合、決定力があるペアは強い。逆に言えば、決定力が乏…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    チャンスを確実に決める、ボレーの打ち方の基本について
  2. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合は「いつもスロースターターで苦労する・・・」君に送る、メッセージ
  3. 戦術

    前に入りながら打つことでの、副産物とは?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で並行陣が不安な人に、基本のポジショニングについて
PAGE TOP