テニス ポジショニング

ダブルス

試合で勝てるダブルス選手の、サーブ&ボレーの考え方5つ

ダブルスの試合、サーブ&ボレーを使う方も多いと思います。

でもそこに、しっかりポイント奪取のイメージは湧いて実践出来ていますか?

何となく、テニススクールでも中級から並行陣だし、何となくで前に出ているだけ、の人も多いでしょう。

勝てる人、は何を考えているのか。

サーブ&ボレーを、どう捉えているのか。

このポイント、改めてまとめてみたいと思います。

 

試合で勝てるダブルス選手の、サーブ&ボレーの考え方5つ

 

1.ファーストサーブの確率が生命線

サーブ&ボレーが上手い選手、はまずファーストサーブが上手い。

コーナーを突いて、リターンのコースを絞らせる。

何より、確率重視で軌道を高く、回転量が多いサーブをファーストサーブに据えてますよね。

セカンドサーブになったら、相手リターンも攻撃的になるし、相手の前衛も勝負をかけてくる。

ファーストサーブを、しっかり7割以上の確率で入れていくこと、が自分のリズムにもなってくる。

この生命線、自分から手放している方多くないですか?

 

2.相手の前衛を先にけん制する

リターン側の前衛の選手、これが厄介な存在。

レベルの高い相手になると、アナタ自身のファーストボレーを狙ってポーチに出て来る可能性が高い。

ここでは、先手を打ちたいところ。

早めにサーブ&ボレーのファーストボレーを相手の前衛に配球して、「足止め」しておくことをしておかないといけない。

ハイボレーはストレート、という人も多いですが、むしろローボレーからストレートに流していく姿勢、が大事です。

上手くいけば、相手が出てくう逆を突ける可能性も高いですからね。

 

3.ファーストボレーの後は、何とかなる

抽象的ですが、実際はファーストボレーの精度が肝。

このボレーが深く入れば、まずポイントは取れる。

相手後衛に後ろ足体重、でストロークを打たせることを目的に据えて、まずはファーストボレーまでに集中する。

実際にその後はロブ、も多いですからね。

ファーストボレーまで集中、と心に決めて、しっかりそこまでは責任を持って頑張ること。

この意識、大事です。

 

4.ファーストボレーにスライス回転をかける

これも、3.の中で必要な部分。

当てるだけ、のファーストボレーなら、相手も怖くない。

しっかりスライス回転をかけて、相手を追い込む、圧迫感のあるボレーにしていくのが上級者のファーストボレーです。

フラットな当たりだと、深く打とうとしたときにアウトしがちですが、良いスライス回転がかかると相手コートに収まる。

ベースライン手前で失速してくれますからね。

普段の練習から、スライス回転のボレーで相手後衛を押し込んでいく、そんな練習を繰り返しておきましょう。

 

5.前衛を使って、ポーチに出てもらう

どんなにボレーが上手い選手でも、ナイスなリターンを沈められたら厳しい。

実際に、今成績を残しているダブルスプレイヤーは、リターンの名手が本当に多い世界です。

だからこそ、味方の前衛を使いましょう。

リターンを沈めて来るように仕向けておいて、自分から指示を出してポーチに出てもらう。

「あの選手、クロスに沈めるリターンに相当自信があるみたいだから、よろしく!」という感じですね。

前に詰めれば、どんなナイスリターンもポーチチャンス。

このあたりも上手くコントロール出来る選手が、結果的にサービスキープを続けていける、サーブ&ボレーの名手なはずです。

 

アナタのダブルスをワンランクアップさせる、のに、間違いなくサーブ&ボレーは必要。

ストローク主体の選手でも、たまに入れるだけできっと試合のリズムは良くなります。

並行陣、サーブ&ボレー、今年の大きなテーマに据えてみませんか?

まだまだ、サービスゲームはレベルアップ出来るはず。

一緒に頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    「ペアと仲良く」テニスのダブルスの試合で分担する為に、基本的な優先権を確認する

    ダブルスの試合中、パートナーと声を掛け合っている?もちろんポイ…

  2. ダブルス

    速いボールでは、なかなか前衛を活かせない

    ダブルスの試合で、一見上手そうなのに勝てないペア。きっと、なか…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合でのリターンからの攻撃パターンとして、「ストレートアタックから味方の前衛が詰める」作戦…

    「ダブルスで、どう戦って良いか全く分からない!」というザックリした質問…

  4. テニス 並行陣

    ダブルス

    チェンジプレーで前衛に求められるのは、クロスコートを担当する勇気

    ここぞという場面で、ダブルスでチェンジプレーを入れていく。この…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、「自分がミスして終わりたくない」のは、テニススクール生の性

    女子ダブルスの試合、観ていると気付くことがあります。「あ、この…

  6. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる

    並行陣、イマイチポジションが分からない・・・という方。「ロブケ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    戦術

    テクニカルな技術を使う人ほど、テニスの試合では攻略しやすい
  2. シングルス

    シングルスの試合で必要な、素早くフォアハンドで回り込むコツ5つ
  3. テニス ストローク

    戦術

    テニスというルールの中で、自分の土俵を作れば試合に勝てるはず
  4. テニス 打点

    ストローク

    「手より、まずは足」テニスの技術は下半身の動きがベースに、技術が威力を発揮する
  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスに必要な「広いコートカバーリング」を身に付ける為の球出し基本練習メニュー
PAGE TOP