テニス ボレー

ダブルス

並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です

ダブルスの試合、並行陣で挑んでいるけど「どうやってポイントを取るのか、イマイチ分からない」。

ようなペアの方って、結構多くないですか?

何となく、スクールの上のレベルでは並行陣が主体だし、上手い人はみんなやってるから・・・という、安易な理由だけで使ってる。

そういう方に、まずは並行陣の基本の考えから。

あくまで、私目線ですが・・・並行陣って、まずはこの意識が大事だと思います。

 

並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です

 

1.前に出ても、「何をやるのか」分からない人が多い

並行陣、実際にどうやって得点するのかイメージが湧かない。

ただ周りが何となく、コーチに教わるからやっている・・・だけだと、試合では勝てない。

前に出ても、方針が決まっていないと試合では厳しいですからね。

私の考えですが、並行陣の大前提はまず「相手から、ロブを引き出す」ことです。

前に2人で詰めて、圧迫感を与えてロブを引き出す。

それを、しっかり縦半面、自分で担当して打ち切る、のが大事。

多少相手によって変えますが、この大前提は大事です。

 

2.初中級レベルなら、確実にロブが増える

女子ダブルスが、まさにそうでしょう。

相手が前に来れば、もうお約束のようにロブ、な人が多い。

ミックスダブルスでもそうですね。

前に出て追い込めば、相手は逃げてくれる、そんな試合は並行陣でしっかり対応出来る。

問題は、しっかり打って来る、足元に沈めて来るような相手ですね。

こういう相手に、並行陣はどう対応していけば良いでしょう?

キーワードは、「ドロップボレー」です。

 

3.浅く打つこと、が簡単になるのが足元のボール

みなさん、よく考えてみて下さい。

相手のストロークが厳しく、自分の足元をえぐってくる。

こういうボールを、無理して深く返そうとして自滅する並行陣が何と多いことか・・・でも、気持ちは分かります。

ローボレーを深く、が並行陣の基本と教わりますからね。

私なら、どんどん相手の前、を使いましょうと言いたい。

ドロップボレー、多少甘くなっても効果的です。

相手を前後に揺さぶるのが楽になる、のが並行陣なんです。

浅いボレーを打った後には、まは深いボレーも効く。

そしてそんな時には・・・ロブ、が来るものなんですよ、人間心理って。

追い込まれたら、時間を作りたいからロブしかない。

ここを待ち構えて仕留めるのが、並行陣の醍醐味です。

 

4.「ロブが来る雰囲気」を察する力を!

これが、一番並行陣で大事です。

0.2秒、早く気付く。

そうすれば、2メートルは深く後ろに下がって反応出来る。

本当のナイスロブ、以外、並行陣の陣形のコートに、落としてはいけない。

この覚悟、アナタにありますか?

縦割りで、パートナーにも任せない。

並行陣でチェンジ、チェンジなんてしてたら、私が相手ならずっとロブを上げておきます。

それで、充分ですから。

しっかり早めに察して、下がってスマッシュを打つ。

並行陣の基本は、ロブを引き出して察する、スマッシュで攻撃していく姿勢、にあります。

 

言われてみれば当たり前かも知れませんが、この覚悟は大変ですよ。

何せ、スマッシュを打つ機会が増える。

最初はミスも多いでしょう。

でも、以前にも書きましたがスマッシュの精度こそ、アナタのテニスの実力を如実に現している。

これだけ覚えて、並行陣でどんどんダブルスをプレーしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. ダブルス

    テニスの試合で、「対戦相手のフェイト」に引っかかりやすい人、気にしない人の違いとは?

    特にダブルスの試合では、「フェイント」と呼ばれる技術が多用されるのがテ…

  2. テニス ストローク
  3. テニス サーブ

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶりのパターン4つ

    ダブルスが得意なプレイヤ―で、一般の大会でもすごくサーブが良い選手がい…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点が一番

    高校生の方から、こんな質問を頂きました。「ダブルスで2人が前の…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    4人全員がネットについた4アップの状態では、「シンプルにセンター狙い」を徹底していこう

    人は、慣れていない視界が広がると慌ててしまう。ダブルス慣れして…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

    プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    打点が低くなってしまうスマッシュは、「思い切ってスライス回転をかける」ことで相手…
  2. テニス サーブ

    ストローク

    「テニスにおける隙の無い並行陣を崩す」為のストローク術とは?
  3. テニス リターン

    戦術

    テニスの試合で、「相手が打つボールを予測する」ときに必要な4つのポイント
  4. ストローク

    「侮るなスライス」テニスの試合で相手にプレッシャーをかけ続ける粘りを取り入れよう…
  5. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でリターンが難しいのは、サーブが強力だからじゃない
PAGE TOP