テニス ボレー

ダブルス

並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です

ダブルスの試合、並行陣で挑んでいるけど「どうやってポイントを取るのか、イマイチ分からない」。

ようなペアの方って、結構多くないですか?

何となく、スクールの上のレベルでは並行陣が主体だし、上手い人はみんなやってるから・・・という、安易な理由だけで使ってる。

そういう方に、まずは並行陣の基本の考えから。

あくまで、私目線ですが・・・並行陣って、まずはこの意識が大事だと思います。

 

並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です

 

1.前に出ても、「何をやるのか」分からない人が多い

並行陣、実際にどうやって得点するのかイメージが湧かない。

ただ周りが何となく、コーチに教わるからやっている・・・だけだと、試合では勝てない。

前に出ても、方針が決まっていないと試合では厳しいですからね。

私の考えですが、並行陣の大前提はまず「相手から、ロブを引き出す」ことです。

前に2人で詰めて、圧迫感を与えてロブを引き出す。

それを、しっかり縦半面、自分で担当して打ち切る、のが大事。

多少相手によって変えますが、この大前提は大事です。

 

2.初中級レベルなら、確実にロブが増える

女子ダブルスが、まさにそうでしょう。

相手が前に来れば、もうお約束のようにロブ、な人が多い。

ミックスダブルスでもそうですね。

前に出て追い込めば、相手は逃げてくれる、そんな試合は並行陣でしっかり対応出来る。

問題は、しっかり打って来る、足元に沈めて来るような相手ですね。

こういう相手に、並行陣はどう対応していけば良いでしょう?

キーワードは、「ドロップボレー」です。

 

3.浅く打つこと、が簡単になるのが足元のボール

みなさん、よく考えてみて下さい。

相手のストロークが厳しく、自分の足元をえぐってくる。

こういうボールを、無理して深く返そうとして自滅する並行陣が何と多いことか・・・でも、気持ちは分かります。

ローボレーを深く、が並行陣の基本と教わりますからね。

私なら、どんどん相手の前、を使いましょうと言いたい。

ドロップボレー、多少甘くなっても効果的です。

相手を前後に揺さぶるのが楽になる、のが並行陣なんです。

浅いボレーを打った後には、まは深いボレーも効く。

そしてそんな時には・・・ロブ、が来るものなんですよ、人間心理って。

追い込まれたら、時間を作りたいからロブしかない。

ここを待ち構えて仕留めるのが、並行陣の醍醐味です。

 

4.「ロブが来る雰囲気」を察する力を!

これが、一番並行陣で大事です。

0.2秒、早く気付く。

そうすれば、2メートルは深く後ろに下がって反応出来る。

本当のナイスロブ、以外、並行陣の陣形のコートに、落としてはいけない。

この覚悟、アナタにありますか?

縦割りで、パートナーにも任せない。

並行陣でチェンジ、チェンジなんてしてたら、私が相手ならずっとロブを上げておきます。

それで、充分ですから。

しっかり早めに察して、下がってスマッシュを打つ。

並行陣の基本は、ロブを引き出して察する、スマッシュで攻撃していく姿勢、にあります。

 

言われてみれば当たり前かも知れませんが、この覚悟は大変ですよ。

何せ、スマッシュを打つ機会が増える。

最初はミスも多いでしょう。

でも、以前にも書きましたがスマッシュの精度こそ、アナタのテニスの実力を如実に現している。

これだけ覚えて、並行陣でどんどんダブルスをプレーしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃できます

    ダブルスの試合にたくさん出ている人は、様々な攻撃パターンをもっていると…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「ポーチにでなくてもセンターに寄るだけ」で相手は嫌なもの

    いつも私は、ダブルスでは「前衛が積極的にポーチに出る」ことを推奨してい…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「女ダブはこういうもの」が、アナタを弱くする

    女性の読者のみなさんの中には、熱心にダブルスに出ていらっしゃる方も多い…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ペアに任せる勇気」は、試合でなかなか持てない

    試合で自分のペアを、しっかりと信じ切る。これ、出来ているようで…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておいて欲しい

    「雁行陣」という言葉が、テニスにはあります。前衛と後衛が、はっ…

  6. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

    並行陣で、簡単に攻撃されているペアは試合で勝てない。特に、セン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく
  2. ダブルス

    ダブルスの試合、ペアとの話し合いは「事実確認、背景予測、対応提案」の順で考えると…
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    苦手なところを直すのが練習、では無い
  4. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ
  5. テニス ガスケ

    ストローク

    パッシングショットは、「落として抜く」という発想で
PAGE TOP