テニス ボレー

ボレー

ファーストボレーまで頑張る、だけで並行陣で勝てるようになるはず

ダブルスで頑張って並行陣、にトライしているけどリターンに押されてキープ出来ない。

これは、今日本の多くの選手が悩んでいる問題でしょう。

学生トップレベル、全日本選手権のダブルスでも、リターンの方が強力でサーブ&ボレーを控える選手が多い。

でも、だからこそあえて、並行陣にトライして欲しい。

この意識だと、少し気持ちが楽になりませんか?

 

ファーストボレーまで頑張る、だけで並行陣で勝てるようになるはず

 

1.沈められる、のが当たり前の現代テニス

最近のラケット、ガット、すごく性能が良い・・・。

やっと届いたようなリターンでも、手先だけで沈めるリターンが打てる。

そんな現代テニス、なかなかサーブ&ボレーは勇気が要りますよね。

色々とファーストボレーのコツ、も書いてきましたが、やはり前提となる気持ちの持ち方、は大事。

「沈められて当たり前、まずは1球をしっかり返そう!」と考えてみる。

そうすると・・・結構気持ちが楽になりませんか?

 

2.気持ちの入ったファーストボレーは、深く入る

テニスボールって、不思議です。

気持ちがこもったボールは、不思議とコート深くに入る。

技術はもちろん大事ですが、沈められても、厳しいリターンでも喰らい付いていく姿勢、があればきっとボールにも乗り移る。

「ファーストボレーまで集中!」と決めておけば、きっと大丈夫。

後は前衛の仕事、くらいに思っておきましょう。

もちろん、その後のラリーにも備えて・・・ですが、合格ラインの設定は絶対に必要です。

 

3.2回のうちどちらか、で前衛はしっかりポーチを!

並行陣って、後衛がずっと粘るのはしんどい。

ストロークが強力な相手なら尚更、ですね。

前衛がしっかり、ポーチに出る。

沈めようとするリターン、またはその次のファーストボレーを返球するボール。

この2回のどちらか、では必ず出て助けてあげる。

並行陣の前衛、ですからね。

一番攻撃的なポジションにいる、ことを自覚してしっかり動いていきましょう!

 

強い並行陣は、粘りと攻撃のメリハリがある。

そして、リターンや沈めるボールを恐れない姿勢がある、のが特徴です。

ちょっと強力なリターンがあると・・・腰が引けてしまうこと、ありませんか?

ファーストボレーまで、まずは魂を込めて。

その後は、どうにかなる!くらいの気持ちも、試合では大事です。

 

今回のまとめ

沈めるボールを恐れない姿勢が、並行陣を強くする!

 

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること

    「どうしても、ボレーが出来ません!」というご相談を、よく学生の…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう

    ダブルスのリターンゲーム、アナタは前衛。ここで、どんなプレーが…

  3. ボレー

    ローボレー恐怖症に陥っている人は、相手のストロークの打点の高さをチェックして改善しよう!

    テニスにおいて、低い位置でのボレーは難しい・・・。ダブルスが上手い…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    並行陣のサーブ&ボレーは、「ファーストボレーをストレートに流す準備」をしておくことで楽になれ…

    ダブルスの試合、サーブ&ボレーで前に出ても沈められて、苦しくなる人。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのハイボレーが、いつもガシャってしまう」人は、腕を伸ばし過ぎていないか確認しましょう

    バックハンドのハイボレー、皆さん試合でコントロールできていますか?…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスのファーストボレー、「コツンと当てる」感じでいきましょう

    サーブ&ボレー、並行陣、なんだかんだで難しいですよね。サーブを…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、「ピンチを乗り切った後」に乗っていけるかどうかが大事なポイント…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう
  3. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で、「高い打点のストロークをしっかり決め切る」為に必要な意識と準備4…
  4. テニス 部活

    練習メニュー

    テニス部の後輩を指導するときに、「自分達が味わってきた辛いこと」を強制するのは無…
  5. テニスシューズ

    テニス知識

    いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
PAGE TOP