ダブルス

サーバーを褒める、だけでもダブルスの結果は変わる

ダブルスの試合で、みなさんが感じていること。

その一つは、「サービスキープの難しさ」じゃないでしょうか。

サーブ力のアップは、なかなか難しいですからね。

でも、みなさん考えてみて下さい。

サービスゲームの半分は、自分のパートナーのサーブ。

ここを改良していけば、かなり勝てる可能性が拡がるはず。

それも、本当にちょっとしたこと、で変わります!

 
 

パートナーと、どんな会話してますか?

試合の現場で、何が出来るのか

試合のポイント間、結構使える時間はあります。

でも、なかなか有効に使えていないと思いませんか?

サービスゲーム、アナタが前衛でパートナーがサーブ。

この、パートナーの気持ちになって考えてみましょう。

何をしてもらえたら、「よし、頑張るぞ!」と思えるのか。

すごくシンプルです。

褒めるだけで、サーブは変わる

不思議なもので、本当に変わります。

自分のサーブを褒められて、嫌な気分になる人はいない。

ましてや、試合の中で緊張している時は尚更です。

サーブを打っているパートナーを、コントロールするのはアナタ自身。

これを、絶対に忘れないでおいて下さい。

実は、会話するだけでも効果大!

サーブの調子が悪いと、つい会話が少なくなりませんか?

これは、危ないサイン。

実際に話すだけ、会話するだけでも、人は緊張感が緩和されるんです。

調子が悪い時に、きっとパートナーは申し訳ないと思ってあえて話そうとしないかもしれません。

でも、ペアは一心同体。

とにかくしっかり、褒めてあげる、話を聞いてあげる。

ポイント間でも、これだけで充分ですよ。



具体的に、がキーワード!

おべっかは、効果無し

「ナイスサーブ!」

「良いね!」

だけでも、まずはOK。

でもそれも何度も繰り返していると、パートナーも飽き飽きしてきます。

信憑性が無い、おべっかのように感じてしまいますからね。

そこで「具体性」を持つこと、が大事になって来ます。

リターンの相手が、どうなっているのか?

ココを、具体的に伝えましょう。

相手リターンに近いのは、前衛であるアナタ自身ですよね。

ですから、「すごく押されてるよ」とか「相手はビビって、下がってるよ」と教えてあげる。

これが、間接的に褒めてあげることにつながるし、本人も自信になる。

具体性を持った褒め言葉、それは「相手がどうなっているのか」で完成します!

そして「自分」はどうなのか?

相手の次は、前衛である自分、です。

「深いサーブを打ってくれて、決めるだけだから助かるよ!」という感じ、どうでしょうか。

前衛である自分が、いかに助かっているのか、を伝えてみる。

「ファーストサーブが入ってるから、ポーチに出やすいよ!」という感じ、も有りですね。

事実と、自分が嬉しい理由を組み合わせて伝えるだけ。

どうでしょう、これ言われたら自信になりますし、もっと良いサーブが入るような気になりませんか?

   

全ては試合に、勝つ為に

したたかに、いきましょう

パートナーのサーブを、褒めて盛り上げる。

これは、目的を再度確認してやらないと、意味がありません。

全ては、目の前の試合に勝つ為、ゲームをキープするためです。

パートナーの機嫌を取るため、ではないですからね。

何が言いたいかと言えば、「対戦相手がどうか?」ということです。

パートナーを見ながら、相手も見る

アナタ自身は、全てをコントロールする司令塔。

相手もよく見ながら、自分のパートナーも見る。

前衛で立って、コート全体を俯瞰して見て、しっかり良い結果を導けるようにしていきましょう。

試合が面白くなさそう?

いや、これが最高に面白いと感じられる日が、必ず来ます!

試合後にも、パートナーを大事に

勝った試合でも、負けた試合でも。

パートナーをしっかり、労われてますか?

良いサーブが打てなかった時も、良いサーブでキープ出来た試合も、しっかり一緒に振り返ってみる。

その中で、褒めるだけじゃなく「こうした方が良かったかも」という意見は、伝えて良いと思います。

客観的にコントロールすること、が大事ですが、しっかり本音で伝えることも大事。

強くなりたいなら、試合後のコミュニケーションも大事です。



パートナーのサービスゲーム、考えてみましょう。

自分のサーブと同じくらい、試合では大事です。

コミュニケーション、声掛けでどう変わるのか。

ぜひ、試してみて下さい。

具体的に、結果的に褒めるような声をかけるだけで、人は変わりますから。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. ダブルス

    前衛にバランス、求めないで良い

    試合で勝ちたければ、激しく、したたかに。無難なプレー、要りま…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃できます

    ダブルスの試合にたくさん出ている人は、様々な攻撃パターンをもっていると…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ずるずる下がる並行陣、どうやって強くしていく?

    女子ダブルスの試合、特にベテランや女子連の方の試合を観ていて感じること…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう

    ミックスダブルスの試合、序盤で考えるべきことは?私は、まず「男…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れておこう

    ダブルスの試合、シングルスとの大きな違いとして意識したいこと。…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスのパートナー選びは、実力より信用に尽きる

    ダブルスのパートナー、みなさんはどんな人と組んでますか?そのき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるのは、山なりなボレーという事実
  2. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について
  3. ストローク

    相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペース…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わ…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    緊張しない人は、ほぼ100%大成しない
PAGE TOP