テニス スマッシュ

ダブルス

ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・?

ダブルスの試合、パートナーとの打ち合わせで「前にいく」作戦を実行したい。

並行陣を入れて相手を揺さぶる、ときに前衛のポジションにいる選手は何を意識すれば良いのか。

私なら、まず「アレ」の警戒から入る。

そのためには、しっかり後衛はその「意図」まで伝えて作戦を共有しないといけませんね。

 

ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・?

 


 

1.テニスの試合で前に出るのは、「アレ」を引き出す為

2人で前に出る、後衛が前に出るとうことはそういうこと。

つまり、相手のレベルにも寄りますがかなりの確率で「ロブ」を引き出せるということ。

特に、女子ダブルス、ベテランの皆さんの試合だとそうでしょう。

前に出る、ということはつまり相手のロブを誘うということですから、しっかり前衛に伝えておかないといけない。

「プレッシャーをかけてロブを引き出すから、しっかりスマッシュ打とう!」と。

こういう戦術が使える選手は、ダブルスの試合で簡単には負けません。

 

2.勝手に前に出る後衛は、ちょっと試合で使えない

基本的に、前衛は後ろが見えない。

だから後衛が前に来る、サーブ&ボレーもリターンダッシュも、事前に共有しておかないと急に動かれても困ってしまう、のがダブルスです。

2人で前、の並行陣になると、前衛の役割も少し変わってくる。

雁行陣のように、前後の動きが少なくなって一気にテンポが上がる、のがダブルスです。

だからこそ、事前に打ち合わせが必要なんです。

もちろんラリーの中で前に出る、こともあると思いますが、最初から前に出るときにはしっかりペアで確認しておきましょう!

 

3.初心者でも「やってみる」価値があるのが、ネットプレーです

「でも、まだ私は並行陣なんて出来ない・・・」という方も、いるでしょう。

気持ちは分かりますが、私はやってみていと思いますよ。

だって、雁行陣でも浅いボールを後衛が取ったら、そのまま前に出た方が良い。

下がっている間に相手が打つくらいなら、前に残ってボレーする、これだって立派な並行陣です。

やってみることで、「あ、相手はこういう時にロブを上げてくるんだな・・・」というのが経験で分かったりする。

試合の楽しさ、を覚えていくのはこういうポイントだと思いますよ。

 

並行陣をしっかり使える選手は、技術以上にこういうコミュニケーションが密。

小さいようで、大きいこと。

ダブルスのペアで会話するポイントは、「後衛の選手が、どうするのか?」がかなり大きい。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!

    Iフォーメーションに、オーストラリアンフォーメーション・・・。…

  2. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ

    ダブルスの試合で、前衛の役割とは何でしょうか?ポーチを決めるこ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で女性狙い、安易に考えないこと

    一般の試合では、ミックスダブルスの試合も多い。ベテランからシニ…

  4. ダブルス

    ダブルスペアに自信を持たせること、がアナタには何より重要です

    何だか、この人と組むと試合がしやすい。勝てない相手でも勝ってし…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの前衛の極意は、「横取り」にある

    ダブルスの試合で、前衛が活躍する試合。それって、どんなイメージ…

  6. テニス ダブルス

特集記事

  1. テニス 部活

    練習メニュー

    高校からテニスを始めても「上達して強くなる」為に、必要な意識4つ
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニス部の練習メニューは、慣れてきたら意味が無い」常に変化を楽しめるチームが、…
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?
  4. ダブルス

    「技術だけじゃダメってことか」とダブルスで感じれば、テニスの試合はまだまだ勝てる…
  5. テニス ダブルス

    戦術

    「つなぎのボールの精度」を上げないと、そもそも強い相手には粘れない
PAGE TOP