テニス 並行陣

ダブルス

誤解されがちですが、ダブルスの並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」です

ダブルスの試合、並行陣のペアってやっぱり迫力がありますよね。

サーブ&ボレーで、どんどん前に、攻撃的に・・・という感じ、すごく圧迫感がある。

でも、ここはぜひ皆さんにも視点を変えてみてもらいたい。

私は、並行陣ってすごく守備的な陣形だと思いますよ。

 

誤解されがちですが、ダブルスの並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」です

 

ダブルスの並行陣は、「前と後ろ」のバランスが良い陣形

ダブルスの試合、例えば雁行陣ってどうでしょう?

前衛がネット近く、後衛がベースラインにいて、一見バランスが良いようにも見えますよね。

でもこの陣形、ある前提に基づいている。

それは、「後衛が前も左右も走れる」ということ。

浅いドロップショットもケアしながら、後衛の後ろはチェンジしてカバーする、そんな陣形こそが雁行陣。

では並行陣は、どうでしょう?

ボレーする機会は増えますが、前の浅いボールにも強いし、ロブもサービスラインくらいに後衛がいればバランス良く守れる。

だからベテランの選手や脚力に自信が無い人でも、守備的にバランス良く戦える陣形、なんです。

 

「ボレーは攻撃の技術」という、思い込み

皆さん、この思い込み、強くないですか?

「並行陣は2人ともボレーだから、攻撃的なんじゃないの?」という点。

実は、これも先入観が強い。

私からすると、ボレーは守備的な技術としての意味合いが強い。

前をしっかりケアして、しっかり粘る、粘って相手のミスを引き出す、無理してもらう。

並行陣の強いペアって、自分たちから攻撃的なボレーをたくさん打つポイントは、少ない。

出来るだけ手堅く、守備的にバランス重視でストロークミスを誘う。

この作戦にやられた経験、無いでしょうか・・・?

 

並行陣は上級者だけが出来る陣形、ではありません

テニススクールでは中級以降、学校の部活ではあまりやらない・・・から、どこか上級者の戦術と思われがち。

これが、まず大きな誤解です。

並行陣は、とにかくやった分だけ試合で使えるようになる。

サーブ&ボレーが難しければ、リターンから前、の並行陣だって良い。

ネットに積極的に出ることで、相手のミスが増えるし試合のバリエーションも広がる。

ダブルスがもっと楽しく、立体的になっていくことは私が保証します。

ぜひ、攻撃的な先入観を捨てて守備的、な並行陣、頑張って練習してみて下さい!

 

ストローク全盛期、だとどうしてもボレーが弱い、苦手なイメージを勝手に持ってしまう。

確かにトップレベルの試合はそうかも知れません、実際に全日本選手権でも並行陣を使うダブルスは減ってきている。

でも、きっとまだまだ、私たちのレベルでは並行陣、ガンガンに使えるはず。

その為のノウハウは、少しずつこのT-PRESSでも書き続けていきます!

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ミックスダブルス初心者は、まずこう戦おう!」基本となる作戦5つ

    「ミックスダブルス、一緒に出ない?」と誘われること、きっと社会人になっ…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルス弱者としての仕事を全うせよ!」テニスの試合で勝ちたければ、割り切ろう

    ダブルスの試合をする時、明らかにレベル差がある場合って弱い方を狙うのは…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる

    ダブルスの試合、大事なのは「一人狙い」。あえて、このポイントに…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2発連続でストレートアタック」を実践して、相手のメンタルを折っていこう

    対戦相手の、心を折ること。これは、試合の中で絶対に意識したい。…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

    プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセ…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶりのパターン4つ

    ダブルスが得意なプレイヤ―で、一般の大会でもすごくサーブが良い選手がい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    「速いスィングは何の為?」テニスの試合では緩急の使い分けがポイント
  2. テニス 準備

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合を優位に進めたければ、「早めに男性を狙ったポイントを作る」…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ
  4. テニス スマッシュ

    ストローク

    軽く打ってるのに、なぜあの人のストロークには伸びがあるのか?
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の負けパターン」を知っていると、0-4からでも挽回できる…
PAGE TOP