テニス ダブルス

フットワーク

アナタがチャンスを決められないのは、ポジショニングの問題です

どうして、自分はチャンスを決められないんだろう。

打っているボールも悪くないのに、試合で勝てない、決め切れない・・・。

そう考えている人は、大胆にポジションを変えていくことをオススメします。

テニスというスポーツは、激しく前後に動いて自分からポジションを変えて良い。

いや、変えないと逆にどんどん苦しくなるんですよ。

 

アナタがチャンスを決められないのは、ポジショニングの問題です

 

1.ネットから離れていては、チャンスはやって来ない

みなさんも、経験あると思います。

シングルスでもダブルスでも、出来るだけネットに近い位置でボールに触らないと、厳しい。

チャンスボールを引き出す、つまり相手が必死に触っているようなボールでも、それをベースライン後方から打つ時点でもうチャンスではない。

相手も、しっかり構え直して態勢充分ですからね。

ネットから離れた位置、ベースラインの後方から攻撃出来るのは、本当にトッププロのストローカーだけでしょう。

それなのに、つい私たちは「後ろからストロークで攻撃していくこと」に常に意識を高く持ち過ぎている。

すごく、問題だと思うんです。

 

2.ポジショニングは、いつだって見落とされがち

私は何度も、ベースラインより下がらないテニス、が基本だと書いて来ました。

でも、やっぱり見落とされがちなんですよね、ポジショニングって。

技術ありき、だと思われてしまう。

「自分はライジングショットが打てないので、無理です」となってしまうんですよ。

そんな感じだから、いつまで経ってもライジングショットが身に付かない。

泳げるようになりたければ、まず海に飛び込んでみないと。

陸の上でクロールの練習をするより、飛び込んで犬かきから始めた方が上達は早い。

最初は苦しいですけど、前で触る攻撃的なポジションが身に付けば、きっと試合でのチャンスも増えるはずなんです。

 

3.技術不足、が問題ではありません

チャンスボールを決めるのに必要なのは、技術?

もちろん、最低限は必要です。

でも、そんな考えの人に限って、強力なショットでフィニッシュしないといけない、相手に触らせてはいけないと思っている。

これでは、ミスばかりになるのは明らかでしょう。

ポジションさえしっかり前で、相手に時間を与えないテニスが出来れば、きっと大丈夫。

むしろ、チャンスを決めるようなときこそ、いつも通りのショットで良いと思いませんか?

それこそ、相手コートにボールをパスするような感覚。

相手も諦めてくれるような、間を詰めた時間の使い方。

チャンスを決めるのに、必要なのは発想の転換です。

 

4.「相手が戻る時間を、無くす」ことが第一

私はチャンスを決めるときには、いつもこの発想です。

ショットのスピードは、変えない。

ただ、徐々に前に入って相手に戻る時間を与えない。

これだけ、ですね。

力む必要は無いですし、徐々にチャンスを拡げて相手を追い詰めていけば良い。

戻る時間を無くせば、自然にテニスは「チャンスを決めた」ように見えるポイントが増えてきます。

ネットプレーはその代表格ですが、ベースラインからのプレーを少し前、にするだけでもだいぶ違うと思いますよ。

ぜひ、普段の練習から意識してみて下さい。

 

自分の立っているポジション、そこに根拠はありますか?

ただ何となく、でも50cmでテニスは大きく変わります。

本当に、自分が立った方が良い場所、タイミング、きっとまだまだ改善出来るはずです。

ぜひ、意識高くやっていきましょう。

キーワードは、やはり「前」です。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

    試合の中で、ドロップショットを使う機会は今後ますます、増えていくでしょ…

  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手の大チャンス、ダメ元で予測して動くときには「利き腕側」に動くと覚えておこう

    今回は、とっておきのテニスの裏ワザ、お伝えします。経験則、から…

  3. テニス 走力

    フットワーク

    足が速い人は、「ラリーの中でボールに追いつき過ぎてしまう」のでテニスでは注意が必要

    フットワークが良い人は、「足が速い人?」。もちろん、それも大事…

  4. テニス ミス
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

    素早く動いて、前に詰める。この動きが速い選手が、それだけですご…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    縦ポーチの極意は、とにかく相手に近づくこと

    縦ポーチ。この武器を、T-PRESSを読んでいるみなさんには、…

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ネットに詰めたけど、ボールが低い!なら膝を曲げて目線を下げよう
  2. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう
  3. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負け…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    「バックボレーで遠い場所もカバーしたい!」ネットで守備範囲を広げる為に、必要な身…
  5. テニス ミーティング

    メンタル

    アナタに必要なのは、過去を手放すことかも知れない
PAGE TOP