テニス ストローク

フットワーク

ネットにスムーズに出るには、〇〇を意識すれば完璧

前に出たいけど、なかなかフットワークが上手くいかない。

どうしても、ぎこちないと感じている人は、アプロ―ショットのスタンスを考えてみましょう。

きっと、横向きの基本だけだと厳しいと思うんです、前に出るアプローチショットは。

現代テニスの代名詞、オープンスタンスを使いましょう。

 

ネットにスムーズに出るには、〇〇を意識すれば完璧

 


 

1.例えば、右利きの方のフォアハンドなら・・・?

通常なら、左足が前で横向き、ですよね。

ここから踏み込んで打つのがセオリーですが、前に出るアプローチショットなら、どうしましょう。

私がお勧めなのは、右足が前のオープンスタンス。

上半身はしっかりと捻って、ボールを打点を前でとらえるイメージ。

昔、ヒンギス選手がこの打ち方でどんどんネットに出ていくのを見て、衝撃を受けた記憶があります。

この形なら、もう右足が前にあるのでスムーズに前に出ることが出来るんです。

少し分かり辛いですが↓の動画の00:13のところのアプローチ、フットワークに着目してみて下さい。

 

2.横向きから前に、はちょっとしんどい

完全に横向き、な状態から打って前に走る。

出来なくはないですが、ちょっとしんどいですよね。

前に出る、最初の出足がダッシュし辛いと感じてしまいます。

これが、1.のようなオープンスタンスなら、身体自体は前に向いているので楽に走れる。

横向きからだと、身体の向きを戻す時間が必要ですからね。

オープンスタンスで打てると、他にもたくさんメリットがあります。

 

3.相手をしっかり見ながら、前に出ることが出来る

オープンスタンスで、上半身だけひねった状態。

これで打てると、相手コートもよく見える。

前に走ってステップ、までに相手がどういう態勢なのか、すごく分かります。

だから、次の構えも早いし予測もしやすい。

横向きでアプローチショットだと、打ちながら片方の目でしか相手を見れないですからね。

オープンスタンスでのアプローチショット、意識して使って欲しいポイントです。

 

4.まずはフォアハンドから、磨いていこう!

実際、バックハンドはなかなか難しい。

私も、バックハンドは横向き、スクウェアスタンスからアプローチしていきます。

でも、フォアハンドはこのオープンスタンスですね。

みなさんもまずはフォアハンドから、ぜひ意識して使ってみて下さい。

最初は足の置き方がぎこちないかと思いますが、上半身を捻って溜める、ポイントさえ掴めば大丈夫!

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

 

フットワークに自信が付くと、ネットプレーもスムーズになります。

浅いボールはどんどん打って前に詰める、と試合でもリズムが生まれやすい。

上級者のテクニックではありません。

試合に出ている方なら、どんどん前に出て相手にプレッシャーをかけていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス シングルス

    フットワーク

    「テニスコートを広くカバーできるフットワーク」を身に付ける為に、意識したい切り返しの技術

    テニスコートをカバーするのは、足の速さとはまた別な能力。そう、…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合でスタミナが切れたときに、最初に止まるのは足ではなく思考

    試合で疲れて、足が止まってしまう・・・。練習でも同じようなこと…

  3. フットワーク

    なぜ、オープンスタンスは守備範囲が拡がるのか?

    前に足を踏み込まない、オープンスタンス。これを武器に、粘るスタ…

  4. フットワーク

    サーブを打った後、0.5秒の動作でテニスは変わる

    サービスゲームで、なぜかキープ率が上がらない。良いサーブは入…

  5. テニス ダブルス

    フットワーク

    アナタがチャンスを決められないのは、ポジショニングの問題です

    どうして、自分はチャンスを決められないんだろう。打っているボー…

  6. フットワーク

    滑りやすいコートで使える「スライドフットワーク」は、コレがポイント!

    砂が多く滑りやすいテニスコート、オムニコートやクレーコートで多いですよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. Q&A

    Q&A「シングルスで、どう戦えば良いかサッパリ分かりません」
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    オムニコートで「走らされてショットが乱れる」人は、外側の足を滑らせてオープンスタ…
  3. テニス ダブルス

    日々の雑記

    アナタ目線、は永遠の財産になる
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない
  5. ストローク

    ボレーヤーに向かってストロークを打ち込む、ことを恐れてはいけない
PAGE TOP