テニス 部活

その他

「コイツとはもう組まない!」テニスでペアの雰囲気を悪くする人の口癖5つ

試合ではポイントを取ったり取られたり、その結果勝ったり負けたり・・・と、色々な感情が渦巻きます。

たとえどんな結果になろうとも、テニスというスポーツを楽しめるかどうかは、周りの環境次第という側面があるのも事実。

そこで今回は、アナタの一番身近なテニスプレイヤーであるダブルスパートナーに注目。

以下に挙げていくような言葉が出ていたら、雰囲気が悪くなる前兆となる可能性がありますので、要注意です・・・。

 

「コイツとはもう組まない!」テニスでペアの雰囲気を悪くする人の口癖5つ

 


 

1.「アウト(フォルト)かと思った」

テニスの試合は、ほぼ全てセルフジャッジ。

それは真剣勝負の試合でも仲間内のゲームでも同じですが、このセリフを吐いてしまう人は注意が必要です。

勝手に自分で判断して、プレーを止める。

ふざけるな、という単純な話。

または止めていなくても、集中力が切れてしまっているので変な形でポイントを落とす、といった雰囲気に周りは萎えてしまいます。

必ず1球1球、全てのボールは有効=インの精神でプレーを継続しましょう。

 

2.「風が強いな~」「太陽がまぶしいな~」

ここ地球では、自然の摂理に抗うことは不可能です。

風が強く吹こうが太陽がギンギン輝こうが、アウトドアスポーツではそれも一つの要素。

テニスにおいて、相手も条件は同じなのです。

予め言い訳を用意したくなる弱い心に負けているペアに、信頼感を持てるでしょうか?

仮にそう感じたとしても、どうやってそれを乗り越えるのかを考え、不言実行で行動で示していくのがテニスプレイヤーなのです。

 

3.「ポーチには、出れたら出るね」

そんなこと言っている人は、延々積極的なテニスなんてできません。

責任放棄も甚だしいこの言葉を、日本のテニスコートではあちこちで耳にします。

ストレートを守るという美徳は、すなわち「自分はあまりボールに触らないから後は任した!」という無責任な考え方に他なりません。

そういう前衛の選手には、待てど暮らせどチャンスボールなんて来ません。

来ても慌ててミスするのが落ち。

まずは口癖だけでも、前向きな主体的な言葉に変えていきましょう。

 

4.「ノーアドは(アナタに)お願いします」

3.でも少し触れましたが、テニスは戦いです。

自分だけリスクを取らずにペアが勝てるなんて虫の良い話はありません。

それなのに、ノーアドバンテージ形式の際の一発勝負の際に、ペアにお任せする人なんとが多いことか。

よほど相手のサーブが自分のサイドで調子が良い、得意というのなら話は別ですが、「自分でいったる!」という気概は常に持っていて欲しいモノ。

行動は力になり、力は結果へとつながります。

まずは積極的に、迷ったら前に出るチャレンジをしていきましょう。

 

5.「・・・」

これもあえて「口癖」として書かせて頂きます。

試合中、プレー中にパートナーと会話をしない人も、はっきり言ってNGです。

雰囲気を悪くすると言うと少し言い過ぎかもしれませんが、特に男性プレイヤーは初めて組むペアの人とコミュニケーションが取り辛い傾向にあるようです。

少しでも会話の糸口ができれば、よりペアでのテニスも楽しくなるもの。

その為には、「サイドはどちらが良いですか?」「サーブは先に打ちたい方ですか?」など、話し始める形を決めておいても良いかも知れません。

ちょとしたアイスブレイクのコツを掴んで、雰囲気の良いペアを創っていけるようにしましょう。

 

今回は、少しネガティブな「口癖」にフォーカスを当ててみましたが、ご自身でも気になる点があった方もいるのではないでしょうか。

もちろん、テニスの試合では負けたくないと思うとき、そのときの負の感情がペア(パートナー)につい向いてしまうこともあります。

人間ですからつい本音が出てしまうこともありますが、そこはテニスという社交的なスポーツを楽しむうえで、気を付けていきましょう。

自制の精神を持つことこそ、真のテニスプレイヤーへの第一歩です。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス 部活

    その他

    「トップダウン型ではなく、ボトムアップ型へ」テニス部の部活動は、今まさに変革期です

    高校サッカーのチームで、ここ2~3年面白い話を聞く機会が多い。…

  2. その他

    テニス部内で士気を下げる、「テニス評論家かぶれ」は必要ありません

    皆さんの周りに、こんな人はいませんか?テニスついてやたらと詳し…

  3. テニス イベント

    その他

    テニス選手として成長しないなら、出来るだけ早い時期に「本物」を観ておこう

    私自身、中学高校と全国大会とは無縁だった。大学は体育会に入った…

  4. テニス 部活

    その他

    関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

    テニスはシングルスもダブルスも、とにかく試合経験を積むことが上達への一…

  5. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点

    漫画「ベイビーステップ」で、改めて見直されている「テニスノート」。…

  6. テニス 試合

    その他

    テニスというスポーツは、アナタに何を求めているのだろう?

    一生懸命頑張っているのに、なかなかテニスが上達しない。そう悩ん…

特集記事

  1. テニス 水分補給

    テニス知識

    真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう
  3. テニス サイト

    その他

    会場に着いたらざっと確認したい、「テニスの試合で必要な準備」7つ
  4. テニス ダブルス

    リターン

    優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない
  5. サーブ

    サーブを打った後に構えるのが遅い人は、「まず利き腕で無い手でラケットのスロートを…
PAGE TOP