テニス リターン

ボレー

テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処理が難しい

低い位置でのボレー、出来ることなら打ちたくないショットですよね。

それでも並行陣の後衛や、サーブ&ボレー等ではこのプレーが出来ないと相手から沈められたら終わりになってしまいます。

ボレーの基本はラケットヘッドをしっかり立てて、態勢を低くして踏み込んでいく・・・ことですが、逆にラケットヘッドを落としたボレーではどんなプレーが出来るでしょうか?

きっとそこには、アナタのプレーの幅を広げるヒントがあるはずです。

 

テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処理が難しい

 


 

■沈められたら、思い切ってドロップボレーの選択も有り

ストロークを沈められたら、当然ネットより低い位置でのボレーが求められます。

深くボレーを返球するには、アウトが怖い。

であれば、少し山なりでもドロップボレーで「前に逃げる」という判断も有りだと思います。

そのときには、ラケットヘッドを落としてボールの横を優しく捉えるような、タッチプレーが出来ると便利。

ラケットヘッドを落とせば、飛ぶ角度も付けやすく、相手の取りにくい場所に打てるようになるはずです。

 

■見た目以上に、難しくないこのボレー

このボレーは、やったことが無い選手からすると「上手いなぁ・・・」と感じるようですが、実際はそうではありません。

簡単ではありませんが、足元に沈められたボールを深く返球するほうがよっぽど難しい。

大事なのは、しっかり横向きを作ってボールの横にラケットを入れてスライス回転をかけること。

フォアでもバックでも、この基本さえ身に付ければ見た目以上にシンプルで楽に打てるはずです。

 

■難しい・・・という人は、相手が打つ前に自分のプレーを決めてしまおう!

ボレーに苦手意識が強い人は、判断が遅い。

思い切って、「この場面では、沈められたらドロップボレー」という風に、最初から決めておくと良い

相手が打ってきてからでは、遅い。

最低限、フォアのハイボレー、ローボレー、そしてバック側の4パターンを準備しておけるようにしましょう

打った結果が甘くなっても、大丈夫。

自分で準備していたショットであれば、その後の反応も自然に良くなるはずです。

 

常識を疑ってみる、ということはテニスにおいても大事です。

人から教わることは大事ですが、それを自分の中で考え直して研究してみる。

当然自分の得意不得意、体格も違います。

ボレーの基本を少し崩せば、今まで難しかったショットが逆に打ちやすくなることだってあるのです。

試合で勝つ為に、細かい技術も研究していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. ボレー

    ボレーミスが多い人は、2段構えを覚えよう

    ボレーミスが多い人は、2段構え。何のこと?と思うかも知れません…

  2. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステップです

    部活やテニススクールで頑張っている皆さんの中で、ハイボレーに自信がある…

  3. テニス ボレー
  4. ボレー

    ドライブボレーは、相手の心を打ち砕く

    私が今、社会人やシニア、ベテランのみなさんに覚えて欲しい技術。…

  5. ボレー

    「駆け抜けポーチ」を、卒業しよう!

    ダブルスの試合で、勝ちたい!前衛でポーチボレーを決めたいなら…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの感覚を養えない人は、めちゃくちゃ緩く握って打ってみよう

    ボレーの感覚が掴めない、タッチプレーが苦手と感じているみなさんへ。…

特集記事

  1. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える
  2. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう
  3. テニス シングルス

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、「どこかスウィングの途中で調整」しようとしている人…
  4. テニス知識

    寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. テニス ラケット

    ボレー

    しっかりと重たいボレー、に変えていくための7つのコツ
PAGE TOP