ボレー

ボレーミスが多い人は、2段構えを覚えよう

ボレーミスが多い人は、2段構え。

何のこと?と思うかも知れませんが、私が普段実践しているちょっとしたコツです。

もしかしたら、既にみなさんもやっていること、に近いかも知れませんが。

この意識で、確実にボレーは変わります。

 

ボレーミスが多い人は、2段構えを覚えよう

 


 

1.まず速いボールに備えて、セットする

まずは基本、ボレーは時間が無いということ。

速いボールに備えて、パッとラケットを出す。

引かないで前にセット、ですね。

ここで、本当に相手のボールが速ければそのままテイクバック無し、で打つ。

前にラケットをセットする、出すだけ、という感じです。

この動き、構えを基本にして、反応出来るようにしておくことが大事。

ついラケットを後ろに引いてしまいがちな人は、いつもラケットと肘が自分の身体の前、という状態をキープしましょう。

 

2.相手のボールが緩く、遅ければ・・・?

パッとラケットを準備したけど、相手のボールが遅い時。

こういう時には、どうすれば良いのか。

何も慌てる必要はありません。

前にセットした状態から、少しだけラケットを寝かせるようにして倒して、またその位置に戻す。

少しだけ勢いを付けるだけで、ボールに対してパンチ力のあるボレーが打てる。

前にセット、ボールが来ない、だったらラケットを寝かせて起す、だけですね。

この2段構え、があればボレーは間違いなく安定します。

速いボールが来ても、遅いボールが来ても大丈夫です!

 

3.速いボールに備えて、遅いボールをさばく

この意識、でネットプレーはレベルアップ出来ます。

速いボールに備える、セットする。

これがまず出来ないと、守備が出来ないですからね。

攻撃は、実は守備の形を少し発展させれば良い。

2段構え、遅い時の備えがしっかりしていれば、パンチ力のあるボレーは打てます。

コツは、先ほども書きましたがラケットを引くというより寝かせる、ということ。

元々、セットしていたポイントまで戻す、それ以上は振らない。

どうでしょう、イメージ湧きますか?

みなさんの中で、これを意識しながらボレーも素振り、出来ると良いと思います。

 



 

4.実践的な打ち方とは、こういうこと

みなさんが普段行っている練習って、ある程度「どんなボールが来るのか」が事前に分かってますよね。

ボレーの球出しでもそうですし、ラリー練習もそうでしょう。

でも、実戦は違います。

強い相手は、同じフォーム、打ち方でボールに緩急を付けられる。

だからこそ、こちらも2段構えをしておかないとダメなんです。

どんなボールが、どこに来ても対応出来るように。

速かったらブロック、遅かったら叩く、が出来ないと。

ボレーの基本、一緒に発展させていきましょう。

 

普段の練習から、意識してみて下さい。

速くても遅くても、最初の構えはコンパクトに、前で。

練習相手にも、意図的に打ってもらうと良いですよ、速い遅いを交互にランダムに。

実戦向き、な打ち方に変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス ロブ

    ボレー

    バックハンドの高い打点で打たせつつ、ネットに出るのが大正解

    ダブルスでもシングルスでも、ネットに出る流れで使えるテクニック。…

  2. ボレー

    低い打点でのボレーは、フラット気味でも良いと思う

    ローボレー、難しいですよね。何が難しいって、まず低い位置からボ…

  3. テニス コントロール

    ボレー

    試合で使えるネットプレーでのコントロールは、「コート全体の1/64」を最低限の目安にして、自分に厳し…

    テニスの試合で「コントロールが良い」とは、どの程度を指すんでしょうか?…

  4. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇的に広がる!

    ネットプレー、ボレーは攻撃的なイメージが強いですが、守備的な側面も大き…

  5. テニス テニススクール

    ボレー

    「ココには速いボールが入ってくるな」と感じることが、ネットプレイヤーの第一歩

    ネットプレー、ボレーのときの予測。試合に出ている人は、この必要…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ハーフボレーの苦手意識」を克服する為の4つの視点

    並行陣で戦うダブルスではもちろん、雁行陣でも陣形を崩されたりしてネット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス コントロール

    戦術

    対戦相手は、「強気」か「弱気」か「堅実」か、で分けてみる
  2. ダブルス

    ポーチに出られないコツは、シンプルに〇〇
  3. テニス 客観視

    戦術

    教わって来たことの逆、にこそ活路がある
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのスライスサーブ」を磨いておいておけば、絶対に有効です
  5. テニス 観察

    サーブ

    サーブで狙うコースが安定しないときには、「ボディからセンター」みたいな感じで良い…
PAGE TOP