テニス 観察眼

練習メニュー

テニスを「練習した気」にしてしまう6つのマンネリ化要素

テニスの練習、しっかり試合につながる内容で出来ているのか。

この問いかけ、が無い人はまず成長は難しい。

良い練習、は一日にして成らず。

毎日、しっかり自分で自分自身に問いかけていかないと、すぐマンネリ化してしまいますから。

逆に、意識さえ出来れば、大人数でも毎回同じメンバーでも、良い練習は出来るはず。

今回は、私が感じてきたマンネリ化について、まとめてみたいと思います。

 

テニスを「練習した気」にしてしまう6つのマンネリ化要素

 


 

1.毎回練習が同じ

これは、当たり前のようですが非常に難しい問題です。

毎回練習が同じ、だと何より慣れてしまうし、緊張感が生まれない。

「その練習」だけは上手くなるんですよ。

でもそれって、ただ慣れただけ。

目的も無い、毎回ラリーするだけの練習だと、当然試合で結果は出ないです。

 

2.ゲーム要素が無い

言ってしまえば、「ショットを磨くだけ」の練習。

もちろん、基礎を固める球出し練習は大事ですが、相手との駆け引きが無い練習はマンネリ化します。

だって、ただ繋げるだけで良い感じ、になりますからね。

ラリーしていれば、テニスは練習した気、になってしまうんですよ。

そうじゃなくて、アナタ自身に向かって来る相手、を攻略していくのがテニス。

勝った負けた、の要素があるゲーム的な感覚を鍛える練習、が出来ないと厳しいでしょう。

 

3.結果が決まっている練習ばかり

言ってしまえば、「上手い人が勝つ」練習。

これも2.につながるのですが、毎回メンバーの上位の選手だけが勝つ、ラリーを制するような練習では緊張感が生まれない。

やられた側も、「ま、いつも通りだな」と思って悔しさも生まれないですから。

ダブルスならペアを工夫したり、上手い人なら厳しい球出しからスタートしたり。

色々やり方を変えて、毎回勝者が変わるような練習方法、じゃないとマンネリ化して当然です。

 

4.大胆な目的が無い

「ボレーを上手くなろう」

「並行陣に強くなろう」

こういう目的、での練習は間違いではありません。

でも、もっと具体的で大胆な目的が欲しい。

「前衛がアングルボレーを決めたら、2点」

「センターを突いて、それを触った方を攻撃していくのを徹底する」

みたいな感じですかね。

多少、やられ役も必要だと私は思いますよ。

上手く練習の台になって、成功イメージを持たせてあげる。

ただし、勝負ですから甘いボールは逆にやっつける、という感覚も大事。

この辺りのバランス感覚が良いと、すごく良い練習が出来るはずです。

 

5.レギュラーメンバー、サブメンバーで分かれている

部活やサークルでも、こういうチームは多いと思います。

試合直前や、ゲーム形式はこれでも良いと思います。

ですが、基本の練習については、私はある程度レベルを問わず、たくさんの人でレベルも幅がある中での練習も必要だと思うんですよね。

そうなると、下のレベルの選手は必死で頑張りますから。

頑張らないと、上の人の練習にならない。

この危機感こそ、チームの底上げになるはずです。

良いチーム、マンネリ化しないチームは、いつでも下からのレベルアップが顕著なはずです。

 

6.先入観に支配されている

ショートラリーから球出し、ラリー、そしてゲーム形式。

こういう順序、は誰が決めたんでしょうか?

私は、ぶち壊して良いと思っています。

いきなり試合、から足りない要素を練習でも良いし、もっと他にやり方はある。

練習するメンバーが、「今日はどんな感じかな・・・」とドキドキ、ワクワクするような感覚が無いと、練習は試合に近づいていかない。

毎回同じような流れ、ではマンネリ化して当然。

まだまだ、私たちには出来ることがあるはずです。

 

どんなメンバー、仲間、レベルでも、練習は工夫出来る。

「こういうものだから」という考え、こそアナタ自身のマンネリ化を促進する一番強い要素。

テニススクールのコーチのみなさん、部活やサークルのキャプテンのみなさん、思い切ってがらっと変えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

  2. テニス 攻撃

    練習メニュー

    サービスからのクロス&ストレートコース限定のシングルス練習メニュー

    サーブから相手を崩していく、というイメージがシングルスには大事。…

  3. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです

    「あの選手のストローク、凄いな・・・」「サーブ、ブレイク出来る…

  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    アナタを飛躍的に強くしてくれるヒントは、意外と身近な人が隠し持っている

    きっと、アナタ自身を近くで見ている人は、こう思っているはず。「…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    マンネリ化しがちな「ボレーボレーの練習」の、最初の球出しを工夫すれば実戦的なメニューに早変わり!

    テニス部で人数が多い、またはテニススクールではコートを区切って行うこと…

  6. テニス サーブ

    練習メニュー

    シングルスの試合で、「効果的なサーブ&ボレー」の使い方を身に付ける練習メニュー

    シングルスの試合は、ストロークラリー中心。なプレースタイルの方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「深いストロークを合わせるだけの返球」になる人は、考え方から変えま…
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    試合で実践してみて効果的だった、「ストロークで自分らしさを取り戻す3つの事」
  3. テニス メンタル

    ストローク

    「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスにつ…
  4. ボレー

    テニスの試合で、「ネットプレーの構えが低く反応が遅い相手」には、フラット系の速い…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「コースを打ち分けられないとね」テニスの試合で安定したストロークで攻めていく為に…
PAGE TOP