テニス 名著

ダブルス

ダブルスペアで、「最近、マンネリ化してるな・・・」と感じたなら、絶対試して欲しいこと

どうも最近、ダブルスペアで勝てない・・・。

この際、ペアを変えるか・・・でも、結構長く一緒に頑張って来たし・・・。

と、悩んでいる方も多いと思います。

今回も、私が過去に学生時代にやってみて、上手くいったことの一例をご紹介したいと思います。

指導者もコーチもいない、だけど自分たちでチームを作っていかないといけなかった学生時代。

一通の手紙が、私たちの大きな支えになっていました。

 

ダブルスペアで、「最近、マンネリ化してるな・・・」と感じたなら、絶対試して欲しいこと

 

1.伝えたいことは、文章で伝える

結論、これに尽きます。

長く組んでいるダブルスペアでも、学生の方でも社会人、ベテランやシニアの方でも、ぜひペアに文章にして伝えましょう。

メールやLINEではダメ。

自分でペンを持って、便せんに書いて封を閉じて渡す。

これが良いんですよ・・・なんだか、古臭いですけどね。

普段自分が考えていること、思っていること、を整理する何よりのきっかけになる。

ダブルスペアに向けて、どんな文章を書きましょうか。

まずそこから、考えますよね。

 

2.下書きしてみると、自分のことだらけ・・・?

ふと、下書きしてみると・・・出て来る言葉、特徴があるはずです。

相手のことについて書いているつもりが、どこかで自分のこと、になっている。

言いたいことはたくさんあるはずなのに、文章にしてみると・・・どうでしょう。

「あれ?これって自分のことじゃないか・・・」と思うようなこと、たくさんあるはずです。

そして、「なんだ、書いてみると大したことじゃないな・・・」ということに悩んでいた、ことにも気付くでしょう。

こういうことって、普段のスマートフォンのコミュニケーションでは気づかないこと、なんですよ。

自分でペンを持って、動かして自分の文字で書く。

これが大事なんです。

 

3.大事なのは、自分で直筆の文字を書くこと

最近手紙って、書きましたか?

年賀状に一筆添えるくらいで、あまり書かないですよね、普段。

だからこそ、良いんです。

たまに書く自分の字、それが相手にとっても伝わる良い部分。

何より、ちょっと照れくさいじゃないですか、いつも顔合わせているダブルスペアに、手紙なんて。

でも、騙されたと思ってやってみて下さい。

それだけで、ペアとしての完成度が何倍にも増していく、これは確実です。

 

4.「きっと分かっているだろう」ということは、ほとんど理解されていない

ダブルスって、これが怖いんです。

「きっと、こう考えてくれているだろう」とペアに期待していることは、実はほとんど理解されていない。

小さいこと、当たり前だとアナタが思っていることは、大事なペアにとっては当たり前じゃない。

こういう部分を、手紙にして書いて読んでみると、よく分かるんです。

普段の会話では、出て来ない部分。

テニスを始めた頃の話とか、なぜ今も続けているのか、目指しているところはどこなのか・・・。

書いてみると、自然と自分もモチベーションが上がってくる。

そして何より、この手紙が効力を発揮するのは試合前、です。

 

5.そっと試合前に、読み返してみよう

私は試合に行く電車の中で、これを読み返していたことを覚えています。

ダブルスペアからの手紙、高校生でしたし、大したことは書いてないんですけどね。

覚えているのは、「コーチもいない、学校にコートも無い俺たちが勝ったら、最高にカッコイイよな」みたいな、まるで中二みたいな内容・・・でしたけどね。

でも、こういう手書きの文章、読むと燃えるんですよ。

試合前に、不安になった心を盛り上げてくれる。

そして何より、自分に期待してくれる人がいる、ことを知る、確認出来ますからね。

どうでしょう、ちょっと恥ずかしいと思いますが。

社会人のみなさんも小さい手紙、ペアでやり取りしてみませんか?

 

大した内容、じゃなくて全然OK。

最近考えていること、感謝の気持ち、を書いて渡してみる。

言いたいこと、正直に言いたいことは書いて良いですよ。

口で言えば感情的になる部分も、文章で書いて伝えれば、相手も冷静に受け止められる。

その手紙は、アナタとペアにとっての財産になるはず。

学生のみなさんも、どうでしょう。

きっと生涯、持ち歩ける宝物になると思いますよ。

こういったことが経験出来るのも、テニスの醍醐味だと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の前衛に触られても、とにかく慌てないことが一番

    ダブルスの試合で、落ち着いてプレー出来るかどうか。これは、勝敗…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルス、狙うのは弱い方の相手でホントにいいの?」テニスの試合で狙いを定めるには・・・?

    ダブルスの試合の時、相手ペアのどっちが強いかパートナーと一緒に見付ける…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルス上級者の戦術は、「動くこと」が目的じゃない

    ダブルスでの色々な戦術、皆さんまずは「実行すること」が大事。こ…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう

    やられている訳でもないのに、弱気になってズルズル下がってしまう。…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません

    ダブルスが強いペアは、2人の距離が近くポジションがセンターに集まってく…

  6. テニス 守備

    ダブルス

    「ダブルスで勝てないペア、選手が陥りがちな8の字ラリー症候群」アナタは大丈夫ですか?

    テニスを最初に始めたときに、4人でコートに立つとみんなでボールを回して…

特集記事

  1. テニス Q&A

    メンタル

    ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう
  2. ストローク

    「ドロップショット病にかかったら・・・」テニスの試合で使えるにはいつものショット…
  3. テニス 守備

    戦術

    速い球を速い球で返す、のは意外と簡単なのがテニス
  4. テニス ダブルス

    その他

    外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで
  5. テニス 格上相手

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、「自分がミスショットしたときに、声を出さない」相手がア…
PAGE TOP