テニス サーブ

シングルス

シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること

私は何度も、「相手からミスをもらうこと」の重要性を書いて来ました。

でも、どうでしょう・・・シングルスの試合。

実際に、そう簡単に相手はミスしてくれない、ですよね。

1回戦、2回戦、ならアナタの期待通りの展開もあるかも知れません。

でも、3回戦以降は違う。

淡い期待、は持たないに越したことはありません。

 

相手は簡単にミスしない、の精神で試合に入ること

 

1.相手に「ミスして欲しい」という期待、を抱くということ

実際に、どこかで期待してしまう。

ラリーが始まった瞬間に、「先にミスしてくれ・・・」と願っている自分、いませんか?

良いんです、それが人間ですから。

私だって、シングルスの試合では「早くミスしてくれよ・・・」と思ってしまう。

でも、その期待は毎回裏切られる、ことも知っています。

だからこそ、期待はしない。

ミスを引き出すには、時間がかかる、それがテニスですから。

 

2.ミスを引き出すのは、簡単じゃない

相手だって、勝ち進んでいけば試合慣れしている相手。

簡単にミスしてくれるほど、甘くはありません。

でも、こういう相手に勝っていかないといけない、ですからね。

「ミスを引き出すのは、簡単じゃない」ですけど、「簡単じゃないけど、必ず引き出せる」という考え、で挑みましょう。

実際に、試合の中盤から後半、にいかに相手からミスをもらうのか、が試合の勝敗に直結しますから。

考えて欲しいのは、自分から相手にかけるプレッシャーを「重ねていくこと」です。

 

3.相手が考え出してくれたら、ミスの予兆有り!

きっと、シングルスの試合、アナタも経験あると思います。

相手が悩んでいる、ような雰囲気になってくると、ミスがもらえる。

私はいつも、サーブ&ボレーやリターンダッシュ、を入れてまず「最初のタッチ」を迷わせることを意識しています。

相手が前に出て来るのか、後ろでステイしているのか、分からない状態に陥れる。

さらに、前に出て来た後にも、深いボレーだけじゃなくてドロップボレーもいきなり打ってみる、姿勢を見せる。

こういう、二重、三重、のプレーの幅で迷わせていく。

どうでしょう、ここまでやれば強い相手でも考えてミスしてくれる、ように思いませんか?

こういうプレーは、シングルスの試合でこそ、必要なんです。

 

4.相手のミスが少ないなら、それはアナタのプレーが単調だから

シングルスの試合って、どうしても「単調」になりがちなんです。

こうなると、相手も一定のリズムに慣れてミスが減る。

なかなか相手がミスしないのは、アナタ自身のプレーが単調だから、です。

淡い期待を持っているのに、相手がミスしてくれない。

その原因は、アナタ自身にあるでしょう。

きっと、ここに気付かないと、シングルスの試合では勝てないですよ。

 

相手の調子が良いと負ける、悪いと勝てる。

こういう試合、無くしていきましょう。

実力が同じくらいの相手なら、間違いなくミスが少ない選手が勝ちます。

シングルスの試合、期待せずにしっかり準備する。

二重、三重、とプレッシャーを準備しておく。

序盤に相手のミスが少ないからといって、焦らないことですね。

シングルスの試合、今年も頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合が上手くいかないのは、いつもと景色が違い過ぎるから

    シングルスの試合で、なかなか自分の力を出せないとき。その要因は…

  2. テニス 体力

    シングルス

    「テニスの試合、序盤でチェックしよう!」シングルスでの対戦相手の特徴が出るポイント5つ

    テニスの大会では、初見の相手と試合することが多くあります。ウォ…

  3. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない

    社会人、特に40代以上の方はほとんどがダブルスプレイヤー。試合…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「相手が前に出てきても慌てない」パッシングショットを打つためには?

    何度か「自分から前に出る重要性」を書いてきましたが、逆に相手に先に前に…

  5. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう

    シングルスの試合で、最初の入り方。サーブからでもリターンからで…

  6. テニス 練習

    シングルス

    「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイント

    普段の試合の多くは、1セットマッチか8ゲーム先取だと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「最初のショットをフォアハンド」で始められるような、工夫をしないと
  2. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう
  3. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で「パッシングショットをしっかり打ち切る」為には、あえて相手のポジシ…
  4. ストローク

    ドロップショットが相手に効くのは、「その前のショットがしっかり深い」ときだけ
  5. テニス 準備

    戦術

    浅いボール、ストロークで振り切れてますか?
PAGE TOP