テニス ストローク

シングルス

相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。

特にシングルスで、多いんじゃないでしょうか・・・?

その壁を打ち破るには、どこかで発想を「攻撃」に変えていかないといけない。

試合に勝ちたい、と思えばミスが怖い。

でも一度、思い切って意識を変えてみることも大事です。

 

相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

 


 

1.「シコラー推奨派」の立場でしたが・・・

よく、Twitterのメッセージでも、「シコラーになりたい」と、頂きます。

そうか、普段の記事はそういう風に見られていたのか・・・と考えてみると、確かにそういう記事が多い。

でも、私は決して「粘って相手のミス待ち、の試合をしましょう」と声高に叫んでいる訳ではありません。

やっぱり、スポーツの醍醐味は攻撃。

しっかり攻撃の形を作ってポイントを獲るから、面白い。

もし、今アナタが「壁」を感じているなら、攻撃の観点から一度見直してみましょう。

それが一番、楽しいですしハッキリと変えたと分かる、から効果的です。

 

2.攻撃を展開するタイミングを、決めてしまおう

私からのお勧めは、攻撃を展開していくタイミングを決めてしまうこと。

それは、出来るだけポイントの最初、またはその次、がベストです。

1球目から攻撃、ならリターンダッシュかサーブ&ボレー、それくらいハッキリネットに出る。

または、ネットに出ないなら2球目、サーブをリターンされたボール、をしっかり厳しいコースに展開していくこと。

厳しいコース、を具体的にしておくとシングルスラインの50cm内側に。

普段の練習から、数値で自分に基準を設けておく、ことが試合で活きて来ます。

 

3.相手よりも先手を取る、ことを常に意識する

レベルが高い試合では、相手が攻勢に出るとコントロールが難しい。

自分から、出来るだけ先に攻めないと特にシングルスの試合は厳しいでしょう。

そのきっかけ、「どこで、何をする」は、ハッキリさせておく。

そうすると、迷いが無いのでラケットも振り切れる、そして実行したこと自体が成功、と頭では考えられる。

先手を取ることを常に考えておけば、サーブやリターン、で「相手をどう動かせば、合格点か」が見えてくる。

きっと壁になっている部分、打ち壊していけると思いますよ。

 

アナタの目の前に壁があるなら、それは相手が作ったものではなくて自分自身で作った「壁」。

自分に対して、どこか先入観を持って技術を考えていませんか?

先手を取る、為のプレーは何が出来るのか、何が相手に効くのか。

考えて、ハッキリさせて挑むだけで、その壁は打ち壊せると思います!

 

今回のまとめ

やるべきことを、具体的に数値にして、先手を取れる攻撃を展開していこう!

 

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ

    シングルスの試合、自分で自由に出来るようで、実際は何をやったら良いのか…

  2. テニス スポーツ

    シングルス

    シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

    どんなにたくさん試合経験を積んでも、シングルスの試合はやっぱり緊張しが…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう

    プロ選手の試合を見ていると、シングルスの試合での攻撃にリズムがある。…

  4. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう…

    シングルスの練習をしたいけど、どんなメニューが良いかいつも悩んでしまう…

  5. テニス 調子

    シングルス

    全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶対必要!

    全仏オープン男子決勝はジョコビッチ選手が制して、生涯グランドスラムを達…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

    シングルスの試合での攻めるポイント。これは、まず基本の形から決…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    調子が悪い時こそチャンス、だと言える理由5つ
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブに力が無くてもキープに導く、前衛の心得5つ
  3. テニス ロブ

    メンタル

    「もっと厳しくテニスを指導して欲しい!」と言う人ほど、きっと実際の厳しい指導には…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに「ストレス解消性」を求めるのは、ちょっと違うと思う
  5. テニス ダブルス

    戦術

    完璧な戦術、作戦、陣形を求め過ぎる人は、結果的にテニスの試合に勝てない
PAGE TOP