テニス ストローク

シングルス

相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。

特にシングルスで、多いんじゃないでしょうか・・・?

その壁を打ち破るには、どこかで発想を「攻撃」に変えていかないといけない。

試合に勝ちたい、と思えばミスが怖い。

でも一度、思い切って意識を変えてみることも大事です。

 

相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

 

1.「シコラー推奨派」の立場でしたが・・・

よく、Twitterのメッセージでも、「シコラーになりたい」と、頂きます。

そうか、普段の記事はそういう風に見られていたのか・・・と考えてみると、確かにそういう記事が多い。

でも、私は決して「粘って相手のミス待ち、の試合をしましょう」と声高に叫んでいる訳ではありません。

やっぱり、スポーツの醍醐味は攻撃。

しっかり攻撃の形を作ってポイントを獲るから、面白い。

もし、今アナタが「壁」を感じているなら、攻撃の観点から一度見直してみましょう。

それが一番、楽しいですしハッキリと変えたと分かる、から効果的です。

 

2.攻撃を展開するタイミングを、決めてしまおう

私からのお勧めは、攻撃を展開していくタイミングを決めてしまうこと。

それは、出来るだけポイントの最初、またはその次、がベストです。

1球目から攻撃、ならリターンダッシュかサーブ&ボレー、それくらいハッキリネットに出る。

または、ネットに出ないなら2球目、サーブをリターンされたボール、をしっかり厳しいコースに展開していくこと。

厳しいコース、を具体的にしておくとシングルスラインの50cm内側に。

普段の練習から、数値で自分に基準を設けておく、ことが試合で活きて来ます。

 

3.相手よりも先手を取る、ことを常に意識する

レベルが高い試合では、相手が攻勢に出るとコントロールが難しい。

自分から、出来るだけ先に攻めないと特にシングルスの試合は厳しいでしょう。

そのきっかけ、「どこで、何をする」は、ハッキリさせておく。

そうすると、迷いが無いのでラケットも振り切れる、そして実行したこと自体が成功、と頭では考えられる。

先手を取ることを常に考えておけば、サーブやリターン、で「相手をどう動かせば、合格点か」が見えてくる。

きっと壁になっている部分、打ち壊していけると思いますよ。

 

アナタの目の前に壁があるなら、それは相手が作ったものではなくて自分自身で作った「壁」。

自分に対して、どこか先入観を持って技術を考えていませんか?

先手を取る、為のプレーは何が出来るのか、何が相手に効くのか。

考えて、ハッキリさせて挑むだけで、その壁は打ち壊せると思います!

 

今回のまとめ

やるべきことを、具体的に数値にして、先手を取れる攻撃を展開していこう!

 

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「ナイスサーブ!」こそ、浅いリターンをケアしておかないとダメ

    シングルスの試合、最高に良いサーブがコーナーを突いて入る。でも…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで有効な戦略です

    今年の全豪オープン、圧倒的な強さを見せつけたジョコビッチ選手ですが、唯…

  3. テニス フットワーク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「乗り越えなければいけない」5つの試練

    シングルスの試合、最近出てますか?私も30歳を過ぎたころから、…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で「お互いにブレーク合戦」になったときに、意識したいポイントとは?

    テニスの試合では、ブレーク合戦になることが多々あります。プロ選…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、浅いボールをしっかり決める為に必要な意識5つ

    シングルスの試合で、一番多い攻撃パターン。テニスでは、相手のボ…

  6. テニス 言葉

    シングルス

    テニスの試合では、「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?

    ポワーン、ポワーンとつないでくるだけのような相手。「勝ったな・…

特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い強さがある
  2. テニス サーブ

    サーブ

    試合の後半で体力を消耗したときに、「しっかりファーストサーブを入れていく」のに必…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    前後でストロークに同じ軌道で強弱をつけられると、試合慣れしていない対戦相手は必ず…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに「ストレス解消性」を求めるのは、ちょっと違うと思う
  5. テニス ストローク

    戦術

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう
PAGE TOP