テニス ストローク

シングルス

相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。

特にシングルスで、多いんじゃないでしょうか・・・?

その壁を打ち破るには、どこかで発想を「攻撃」に変えていかないといけない。

試合に勝ちたい、と思えばミスが怖い。

でも一度、思い切って意識を変えてみることも大事です。

 

相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

 

1.「シコラー推奨派」の立場でしたが・・・

よく、Twitterのメッセージでも、「シコラーになりたい」と、頂きます。

そうか、普段の記事はそういう風に見られていたのか・・・と考えてみると、確かにそういう記事が多い。

でも、私は決して「粘って相手のミス待ち、の試合をしましょう」と声高に叫んでいる訳ではありません。

やっぱり、スポーツの醍醐味は攻撃。

しっかり攻撃の形を作ってポイントを獲るから、面白い。

もし、今アナタが「壁」を感じているなら、攻撃の観点から一度見直してみましょう。

それが一番、楽しいですしハッキリと変えたと分かる、から効果的です。

 

2.攻撃を展開するタイミングを、決めてしまおう

私からのお勧めは、攻撃を展開していくタイミングを決めてしまうこと。

それは、出来るだけポイントの最初、またはその次、がベストです。

1球目から攻撃、ならリターンダッシュかサーブ&ボレー、それくらいハッキリネットに出る。

または、ネットに出ないなら2球目、サーブをリターンされたボール、をしっかり厳しいコースに展開していくこと。

厳しいコース、を具体的にしておくとシングルスラインの50cm内側に。

普段の練習から、数値で自分に基準を設けておく、ことが試合で活きて来ます。

 

3.相手よりも先手を取る、ことを常に意識する

レベルが高い試合では、相手が攻勢に出るとコントロールが難しい。

自分から、出来るだけ先に攻めないと特にシングルスの試合は厳しいでしょう。

そのきっかけ、「どこで、何をする」は、ハッキリさせておく。

そうすると、迷いが無いのでラケットも振り切れる、そして実行したこと自体が成功、と頭では考えられる。

先手を取ることを常に考えておけば、サーブやリターン、で「相手をどう動かせば、合格点か」が見えてくる。

きっと壁になっている部分、打ち壊していけると思いますよ。

 

アナタの目の前に壁があるなら、それは相手が作ったものではなくて自分自身で作った「壁」。

自分に対して、どこか先入観を持って技術を考えていませんか?

先手を取る、為のプレーは何が出来るのか、何が相手に効くのか。

考えて、ハッキリさせて挑むだけで、その壁は打ち壊せると思います!

 

今回のまとめ

やるべきことを、具体的に数値にして、先手を取れる攻撃を展開していこう!

 

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合のパッシングショット、は普通の自分のショットで良い

    シングルスの試合、相手にネットに出られると・・・みなさん、どうでしょう…

  2. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

    シングルスの戦い、みなさんはどんな戦術で挑んでますか?細かいこ…

  3. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!

    シングルスの時、どういう作戦でプレーする?相手によって変わって…

  4. テニス 準備

    シングルス

    長い試合と覚悟を決めて、テニスのシングルスの試合で準備しておきたいグッズ10選

    テニスの実力って、技術力+準備力。もちろんスタミナや、現場での…

  5. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認!

    シングルスの試合は、どうプレーして良いのか分からない・・・という初中級…

  6. シングルス

    「シングルスなんだから」ダブルスの試合とは違うテニスの技術が求められる

    レッスンをする時、当然シングルスのレッスンなのかダブルスのレッスンなの…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために
  2. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスでポイントを失った時は、「ペアにゴメン、ではなく次にどうするか!」を伝え…
  4. テニス メンタル

    その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性…
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です
PAGE TOP