テニス 練習

シングルス

シングルスの厳しい戦いで、「試合の終盤戦をどう戦うのか?」のオプションについて、準備しておいて損は無い

シングルスの戦いは、孤独な闘い。

それも試合終盤に競った状況になれば、どうしても弱気なメンタルも顔を覗かせがちになってきます。

そんなときに、アナタの助けになってくれるものは何か・・・を考えたときに、必要なのは「作戦の準備」です。

相手に応じて、という考えも大事ですが、相手どうこうは抜きにして自分でどんな作戦を試合の終盤に実践できるのか。

しっかりオフコートで考えておいて、損は無いでしょう。

 

シングルスの厳しい戦いで、「試合の終盤戦をどう戦うのか?」のオプションについて、準備しておいて損は無い

 


 

1.体力の消耗が激しい試合の終盤に、何が出来るか?

1セットマッチでも競った試合になればタイブレークにもつれ込み、1時間以上の試合もざらに出てきます。

そんな競った状況の中で、アナタはどんな「手数」を持っていますか?

相手に悟られないように隠しておき、ここぞという終盤で発動させる為には、試合前から決めておく決断力と行動力、準備力が求められます。

ポイントは、具体性。

具体的な作戦で且つ、アナタ自身の決意がこもっていること。

このあたりが曖昧だと、いざというときに作戦実行ができなくなってしまうのです。

 

2.具体的な作戦とは・・・ズバリ、奇襲型のネットプレー!

シングルスでネットに出るのは、勇気がいります。

だからこそ、有効なのです。

試合の終盤、サーブやリターンの流れから、ぜひ積極的にネットに出てみて下さい

それまで出ていなくても、試合の終盤でこういった積極策を取ることは絶対に有効です。

ポイントを失っても良いんです。

ストロークも1回前に出ておけば、相手のプレーに必ず影響が出る

大事なのは、相手に「また何かしてくるんじゃ・・・」というような印象を与えて、心理的に後手に回させること。

この「インパクト」を残すという意味で言えば、ネットプレーは絶対に必要です。

 

3.特にオススメなのは、相手のセカンドサーブからのリターンダッシュ!

試合の終盤をイメージしてみて下さい。

一番避けたいのは、「ダブルフォルト」による失点。

だからこそ、セカンドサーブは入れることに全神経を注ぐ選手が多い。

この弱点を突いて、このサーブをリターンからチャージしてネットに詰めていきたい。

相手はセカンドサーブが入って一瞬ホッとしている隙に、アナタが前に出てくる。

そのプレッシャーは相当なものでしょう。

大事なのは、しっかり「試合終盤で、リターンダッシュするぞ!」と事前に心に決めておくこと。

 

やった失敗、やらなかった失敗。

失敗には2種類あり、どちらが前向きな失敗かは皆さんお分かりですね。

試合の終盤にアグレッシブなプレーが出来るかどうかは、経験と準備。

ぜひ文字にして、テニスノートにアナタの作戦を書き出しておいて下さい

試合中は見なくとも、書いたことは絶対に覚えています。

さぁ、次の試合に向けてやるべきときは今、です。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

    シングルスの試合では、ストローク戦が多い。サーブ&ボレーヤーも…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ポイント間に自分と会話する」ことが出来ると、メンタル面が安定します

    シングルスの試合について、よく「メンタルが弱いのですが、何か対策はあり…

  3. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識したいこと

    シングルスの試合に出たいのに、チームの人数が多くてダブルスの練習しか出…

  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること

    私は何度も、「相手からミスをもらうこと」の重要性を書いて来ました。…

  5. テニス ストローク
  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう

    シングルスの試合は、どんどん早く進んでしまいがち。ダブルスのよ…

特集記事

  1. ロブ

    落として入っていても「大丈夫」なロブの追いかけ方、出来てる?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークでスピードを出したいなら、「右利きなら左腕をしっかり伸…
  3. テニス 気付き

    メンタル

    テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「格下相手の試合でも、必ずプランB」を用意しておくことが大事
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手と目を合わせる」ことが必要です
PAGE TOP