その他

サッカー選手のディフェンスに観る、「テニスのプレーにも必要な、相手に抜かれてから追いかける」しつこさについて

年末年始は、天皇敗や高校サッカー等、サッカーの試合を観る機会が増えますよね。

テニスも年末年始の風物詩的な大会があれば・・・といつも思いますが、他協議を見ることで学べることもテニスでは多い。

今回は、私がサッカーの試合、特にディフェンスの選手に注目して観たときに、感じるテニスにも活かせそうな要素について書いてみます。

 

サッカー選手のディフェンスに観る、「テニスのプレーにも必要な、相手に抜かれてから追いかける」しつこさについて

 


 

■サッカーのディフェンスは、抜かれたら終わり?

相手がボールを持ってドリブルで仕掛けるスポーツ、サッカーやバスケってディフェンスの選手は相当大変そうです。

テニスはボールを「キープする」という行為が出来ませんので、その点判断も速く求められますが、守る方も心理的には「打ち返してくれる」のである意味、楽な部分はあります。

サッカーのディフェンスは、基本全て受け身の状態。

いつ仕掛けてくるか、どのコースにドリブルするか・・・を読み合いながら、喰らい付いていくのが大事なポイントかと思います。

ですので結果的に抜かれてしまうことも多い。

ですが優れたディフェンダーは、そこからの対応も一味違う気がします。

 

■「しつこい選手だな」と相手に思われることの重要性

しぶといディフェンダーは、抜かれてもしっかりボールを追いかける。

相手選手に喰らい付いていって、プレッシャーをかけて少しでもシュートミスを誘うようなプレーをしています。

実際は抜かれた後に追い付いて、ボールを奪い返すことは難しい。

それでも、喰らい付いて足音を相手に聞かせる、気配を感じさせるだけでも、ボールを持って抜いた選手にとってはかなり嫌なもの。

このしつこさこそ、テニスにも求められる要素なのです。

相手のエース級のショットにしっかり喰らい付く、1本でも多く返球しようとする姿勢を見せることが、その後のミスを誘う要因になってくれます。

諦めの速い選手は、相手にしたときにも楽ですよね。

細かい部分ですが、同じポイントを失うにしても相手に何かを残して失えるような、そんな選手がテニスの試合でも強くなり結果を出していきます。

 

■やるかやらないかは、技術の問題では無い

こういった細かい部分は、やるかやらないかの問題です。

技術的な部分は、必要無いですよね?

しっかり最後までボールを追う、喰らい付いて触る、だけのことですが、これが出来ない選手が本当に多い。

粘る強いテニスはどこかかっこ悪いと思っている学生の皆さん、抵抗しないで試合に負ける方がよっぽどかっこ悪い。

追いかけ方、粘り方も、自分で試しているうちに工夫できて楽しくなってきます

相手にとって、自分のプレーがどう映っているのか・・・は、ぜひ身近に一緒に練習する仲間から聞いてみても良いでしょう。

その言葉に、アナタの成長のヒントが隠されているはずです。

 

他スポーツ、ぜひたくさん観て触れて、実際にやってみて下さい。

貪欲で敏感な人は、そこからたくさんのことを吸収します。

そして何かテニスに活かそうと、模索する。

この模索こそ、アナタのテニスの成長に大きく寄与してくれる大事な要素です。

私も過去にバレーボールをやっていた経験が、ネットプレーのボレーに活かされています。

アナタなりのアイデア、磨いて育てていきましょう!

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. その他

    「テニスだけでは身体に悪い」試合で勝てる身体作りに必要なトレーニングとは?

    レベルアップして、試合でより上に勝ち上がれるようになったり、更に高いレ…

  2. テニス 部活

    その他

    「コイツとはもう組まない!」テニスでペアの雰囲気を悪くする人の口癖5つ

    試合ではポイントを取ったり取られたり、その結果勝ったり負けたり・・・と…

  3. テニス ストローク

    その他

    テニスの絶対原則「ニアサイドを塞いでコート端に打たせる」ことで、ポイントを稼ぐことの重要性

    シングルスでもダブルスでも、ポイントのほとんどは相手のミスや無理をした…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ

    試合はたくさんの相手、関係者と一緒に進めていくもの。自分の勝利…

  5. テニス ダブルス

    その他

    テニス界を「盛り上げる」という話について

    「日本のテニス界について、どう思いますか?」こういう質問を、…

  6. その他

    「テニスの試合が行われる3つのコートサーフェスの戦い方」について、しっかり特徴を確認しておきましょう…

    テニスの試合が行われるテニスコート、大きく分けて3つのタイプがあります…

特集記事

  1. ストローク

    試合で相手に打ち損じさせる、ために必要な6つのストローク術
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュの基本は、相手に優位性を渡さないこと
  3. サーブ

    ボディに食い込むスライスサーブ、を覚えよう
  4. テニス サーブ

    リターン

    テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのテイクバック、「差し込まれた状態」を脱却出来ない人へ
PAGE TOP