その他

サッカー選手のディフェンスに観る、「テニスのプレーにも必要な、相手に抜かれてから追いかける」しつこさについて

年末年始は、天皇敗や高校サッカー等、サッカーの試合を観る機会が増えますよね。

テニスも年末年始の風物詩的な大会があれば・・・といつも思いますが、他協議を見ることで学べることもテニスでは多い。

今回は、私がサッカーの試合、特にディフェンスの選手に注目して観たときに、感じるテニスにも活かせそうな要素について書いてみます。

 

サッカー選手のディフェンスに観る、「テニスのプレーにも必要な、相手に抜かれてから追いかける」しつこさについて

 


 

■サッカーのディフェンスは、抜かれたら終わり?

相手がボールを持ってドリブルで仕掛けるスポーツ、サッカーやバスケってディフェンスの選手は相当大変そうです。

テニスはボールを「キープする」という行為が出来ませんので、その点判断も速く求められますが、守る方も心理的には「打ち返してくれる」のである意味、楽な部分はあります。

サッカーのディフェンスは、基本全て受け身の状態。

いつ仕掛けてくるか、どのコースにドリブルするか・・・を読み合いながら、喰らい付いていくのが大事なポイントかと思います。

ですので結果的に抜かれてしまうことも多い。

ですが優れたディフェンダーは、そこからの対応も一味違う気がします。

 

■「しつこい選手だな」と相手に思われることの重要性

しぶといディフェンダーは、抜かれてもしっかりボールを追いかける。

相手選手に喰らい付いていって、プレッシャーをかけて少しでもシュートミスを誘うようなプレーをしています。

実際は抜かれた後に追い付いて、ボールを奪い返すことは難しい。

それでも、喰らい付いて足音を相手に聞かせる、気配を感じさせるだけでも、ボールを持って抜いた選手にとってはかなり嫌なもの。

このしつこさこそ、テニスにも求められる要素なのです。

相手のエース級のショットにしっかり喰らい付く、1本でも多く返球しようとする姿勢を見せることが、その後のミスを誘う要因になってくれます。

諦めの速い選手は、相手にしたときにも楽ですよね。

細かい部分ですが、同じポイントを失うにしても相手に何かを残して失えるような、そんな選手がテニスの試合でも強くなり結果を出していきます。

 

■やるかやらないかは、技術の問題では無い

こういった細かい部分は、やるかやらないかの問題です。

技術的な部分は、必要無いですよね?

しっかり最後までボールを追う、喰らい付いて触る、だけのことですが、これが出来ない選手が本当に多い。

粘る強いテニスはどこかかっこ悪いと思っている学生の皆さん、抵抗しないで試合に負ける方がよっぽどかっこ悪い。

追いかけ方、粘り方も、自分で試しているうちに工夫できて楽しくなってきます

相手にとって、自分のプレーがどう映っているのか・・・は、ぜひ身近に一緒に練習する仲間から聞いてみても良いでしょう。

その言葉に、アナタの成長のヒントが隠されているはずです。

 

他スポーツ、ぜひたくさん観て触れて、実際にやってみて下さい。

貪欲で敏感な人は、そこからたくさんのことを吸収します。

そして何かテニスに活かそうと、模索する。

この模索こそ、アナタのテニスの成長に大きく寄与してくれる大事な要素です。

私も過去にバレーボールをやっていた経験が、ネットプレーのボレーに活かされています。

アナタなりのアイデア、磨いて育てていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと

    テニスをやっていれば、たくさんの人との出会いがあります。もちろ…

  2. テニス メンタル

    その他

    県内ナンバー1だった選手が、なぜ大学テニスで行き詰るのか?

    高校で実績を残して、鳴り物入りで大学生に。でも、実際にそこで大…

  3. テニス 環境
  4. その他

    「テニスの試合が行われる3つのコートサーフェスの戦い方」について、しっかり特徴を確認しておきましょう…

    テニスの試合が行われるテニスコート、大きく分けて3つのタイプがあります…

  5. テニス 観客

    その他

    テニスの試合は、「人に観られている」ことに慣れている選手がやっぱり強い

    試合になると、急に別人のように堅くなる人。練習ではあんなに気持…

  6. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で相手にボールを渡す、ときの4つの基本マナー

    これからテニスの試合に出ていく、出始めたみなさんに、意識して欲しいこと…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう
  2. テニス ロブ

    サーブ

    ダブルスの試合、ノータッチエースは一人の仕事じゃない
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブに力が無くてもキープに導く、前衛の心得5つ
  4. リターン

    リターンで踏み込んで満足、してない?
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスは片方のペアの集中狙い」が有効?やるならまず序盤に徹底的に、です!
PAGE TOP