テニス 環境

ダブルス

ストレートへ打つと決めたら、絶対にブレてはいけない

ダブルスの試合で、アナタ自身が後衛で、相手の前衛を狙う。

リターンからでも良いし、ストロークからでも良い。

大事なことは、「ブレない」ということ。

パートナーとも作戦を共有して、打ち切りましょう!

 

ストレートへ打つと決めたら、絶対にブレてはいけない

 


 

1.決めたらやる、それだけのこと

リターンでストレートアタック。

これは、強いペアを相手にした試合ほど、増えます。

必要ですから、相手の前衛を足止めする意味でも。

ですが、どこかで決断力が無い人、優柔不断な人は、決め切れない。

ストレートに打つ技術、はあるんですよ。

でも、試合では打ち切れない。

これはもう、決断力、意識の問題です。

決めたらやる、やるとパートナーにしっかりと伝えて、やり切ること。

ストレートへ打つのに、必要なメンタルはこれだけです。

 

2.「動けない前衛」の人ほど、打てない人が多い

ストレートアタックが苦手な人に、共通すること。

それは、自分自身が前衛のときに、ポーチに出ない、動けないということ。

普段前衛で動かないから、相手も動かないだろうと思ってしまう。

自分と相手は同じ、近しいと、どこかで感じてしまってるんですよね。

それは大きな、勘違い。

試合では、動いて来る前衛の方が圧倒的に強い。

ストレートに打たないと、ずっと苦しいダブルスのままですから。

 

3.返されても良い、が大前提

ストレートに打って、返される。

こういうことも、当然あります。

大事なのは、慌てないこと。

決めるショットではない訳ですから、ストレートアタックは。

決めないといけない、と思っているからますます打てなくなる。

結果的に迷いが生じて、ブレて、クロスへのショットも甘くなる。

こういう人、ダブルスの試合で多くないですか?

相手としては、すごくやりやすいですよね。

 

4.前衛はいないもの、として打ってみよう

細かく考えない、気にしない。

相手の前衛はいない、と思って打ってみることも大事です。

抜こう、ぶつけよう、と思うと力が入りますからね。

シンプルに、コースを変えるだけ。

コンパクトに、ラケット面を作って打つ。

ストレートアタックを打つと決めたら、もうやることは決まるはず。

相手が動こうが、止まっていようが、関係ありません。

もう打つ、と決めたらストレートへ打つ。

これが大事でしょう。

 

ストレートへ打つ、展開する、そこに迷いがあってはダメ。

自分のやるべきことをやる、これだけで良いんです。

決断力がある人は、自然とボールの精度もアップする。

無い人は・・・全てが悪循環。

決めて打つ人、がテニスの試合では強いんです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. ダブルス

    リターンから並行陣を崩すには、ロブボレーを使おう!

    ダブルスの試合、相手はサーブ&ボレー。こういう試合で、リターン…

  2. ダブルス

    並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている

    ダブルスの試合で、強い並行陣を相手にした時に必要な意識。私は、主役…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサインプレーの仕掛け所は、相手が落ち込んでいるタイミングが一番効果的

    ダブルスの試合で、サインプレーをどこで入れていくのか。サーブを…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「アレーコートにバウンドするボール」に狙いを定めよう

    ん?どういうこと?と思った方も多いと思います。ダブルスの試合、…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「この1本なんだ!」という息を合わせていけるペアが、本当に強いダブルスペア

    試合で強いダブルスペア、それって技術的な部分だけじゃない。本当…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?

    学生の皆さんは、もしかしたら経験が無いかも知れない。一般の方、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    プレッシャーをかけ続けてこそ、相手は疲労を溜めていく
  2. テニス 環境

    練習メニュー

    アナタのテニスが成長していけば、「周りの成長に繋がる」から良い循環が生まれる
  3. テニス リターン

    戦術

    テニス選手の中で、「武器を活かせる選手とそうでない選手」の違いはどこにあるのか?…
  4. ダブルス

    ダブルスの試合での、ストレート展開の基本について
  5. テニス スマッシュ

    ストローク

    「1本でも多く返す」ことが、試合で最後にプレッシャーになっていく
PAGE TOP