テニス 環境

ダブルス

ストレートへ打つと決めたら、絶対にブレてはいけない

ダブルスの試合で、アナタ自身が後衛で、相手の前衛を狙う。

リターンからでも良いし、ストロークからでも良い。

大事なことは、「ブレない」ということ。

パートナーとも作戦を共有して、打ち切りましょう!

 

ストレートへ打つと決めたら、絶対にブレてはいけない

 


 

1.決めたらやる、それだけのこと

リターンでストレートアタック。

これは、強いペアを相手にした試合ほど、増えます。

必要ですから、相手の前衛を足止めする意味でも。

ですが、どこかで決断力が無い人、優柔不断な人は、決め切れない。

ストレートに打つ技術、はあるんですよ。

でも、試合では打ち切れない。

これはもう、決断力、意識の問題です。

決めたらやる、やるとパートナーにしっかりと伝えて、やり切ること。

ストレートへ打つのに、必要なメンタルはこれだけです。

 

2.「動けない前衛」の人ほど、打てない人が多い

ストレートアタックが苦手な人に、共通すること。

それは、自分自身が前衛のときに、ポーチに出ない、動けないということ。

普段前衛で動かないから、相手も動かないだろうと思ってしまう。

自分と相手は同じ、近しいと、どこかで感じてしまってるんですよね。

それは大きな、勘違い。

試合では、動いて来る前衛の方が圧倒的に強い。

ストレートに打たないと、ずっと苦しいダブルスのままですから。

 

3.返されても良い、が大前提

ストレートに打って、返される。

こういうことも、当然あります。

大事なのは、慌てないこと。

決めるショットではない訳ですから、ストレートアタックは。

決めないといけない、と思っているからますます打てなくなる。

結果的に迷いが生じて、ブレて、クロスへのショットも甘くなる。

こういう人、ダブルスの試合で多くないですか?

相手としては、すごくやりやすいですよね。

 

4.前衛はいないもの、として打ってみよう

細かく考えない、気にしない。

相手の前衛はいない、と思って打ってみることも大事です。

抜こう、ぶつけよう、と思うと力が入りますからね。

シンプルに、コースを変えるだけ。

コンパクトに、ラケット面を作って打つ。

ストレートアタックを打つと決めたら、もうやることは決まるはず。

相手が動こうが、止まっていようが、関係ありません。

もう打つ、と決めたらストレートへ打つ。

これが大事でしょう。

 

ストレートへ打つ、展開する、そこに迷いがあってはダメ。

自分のやるべきことをやる、これだけで良いんです。

決断力がある人は、自然とボールの精度もアップする。

無い人は・・・全てが悪循環。

決めて打つ人、がテニスの試合では強いんです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. ダブルス

    「ダブルスボレーの仕事」を把握すれば、テニスのダブルスの試合は勝てるようになる!

    先日、明学東村山高校の男子テニス部へボランティアレッスンで行ってきた。…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ポーチのコースの打ち分けは、センターラインを超えるかどうかで決める

    ダブルスの試合で、私自身が前衛で意識していること。もちろん、基…

  3. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・?

    ダブルスの試合、パートナーとの打ち合わせで「前にいく」作戦を実行したい…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合において、「ダブルスでペアの連携力を高める」ことができるオンコートでの習慣5つ

    ペアの連携力、日々アップさせていきたいですよね。でも具体的に何…

  5. テニス フットワーク

    ダブルス

    フォアハンドの逆クロスが得意なら、雁行陣の後衛でどんどん回り込んで自分のゾーンを作ろう

    テニスの試合、強い選手は自分の武器を有効に使っている。それはス…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう

    ミックスダブルスの試合、序盤で考えるべきことは?私は、まず「男…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    ボレー

    ネットプレーに必要なコントロールは、「目の前2メートルに目標を設定」することで、…
  2. 練習メニュー

    試合で使う打ち方って、何通り?
  3. テニス トレーニング

    その他

    混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる
  4. テニス シングルス

    シングルス

    「シングルスの試合は体力勝負」だけだと、余りに単純
  5. テニス メモ

    その他

    テニスノートの基本的な書き方について、ポイントは「客観性と具体性を盛り込むこと」…
PAGE TOP