テニス ストローク

リターン

キックするサーブを、抑えるリターンのコツ5つ

スピンサーブがバウンドして、キックして飛んで来る。

こんなサーブを打つ相手を倒すには、しっかりとリターンで抑え込まないといけないですよね。

錦織選手も、両手バックハンドでしっかり抑えを効かせているからこそ、ブレイク出来る。

改めて、私たちにも出来るコツを確認していきましょう!

 

キックするサーブを、抑えるリターンのコツ5つ

 


 

1.バウンド地点に近づく

サーブがバウンドする場所、にしっかりと近づくこと。

そのためにも、予め前のポジションでリターンを待つ、ことは大事ですね。

イメージは、サービスラインとベースラインのちょうど中間くらい。

怖くても、キックサーブはそんなにスピード自体は出ませんから。

バウンド地点に近づいて、跳ね上がる前に抑える。

これがリターンの基本です。

 

2.テイクバックは高い位置に!

リターンで、高い位置にラケットを準備する。

これが出来ている人、すごく少ないです。

ラケットの準備の位置が低いと、高い打点で打つことは難しくなります。

高い準備、からそのまま抑え込む。

私の感覚では、ラケット面が顔の横にあるくらい、がちょうど良い。

脇はしっかりと空けて、大きな準備をしてリターンしていきましょう。

 

3.ラケット面は少し下に向ける

高い打点で打てるとき、は少しだけラケット面を下に向ける。

これは、勇気が要りますよね。

でも、弾んでくるボールに対しては下に向けないと、ボールを抑えることは出来ません。

失敗しても良いので、ラケット面を被せてみる。

普通のストロークならNGなところですが、高い打点のリターンなら大丈夫。

意外と、鋭く良いボールが飛んでいくと思いますよ。

 

4.目線はぶらさないで打つ

目線の高さ、は変わらないように。

伸び上がるように打つ、ようなリターンではキックするサーブは無理。

アゴが上がってしまって、良いリターンにはなりません。

アゴは締めて、目線の高さが変わらないように打っていきましょう。

ボールはキックしてきても、ビビらない、驚かない。

しっかり上から抑える意識、でいきましょう。

 

5.片手バックハンドは、打点を前に!

私もバックハンドは片手ですが、ここがリターンでは泣き所。

しっかりと打点を前にして、肘を伸ばせるポイントで打つ。

少しでも遅れると、弾かれてしまいますから。

思った以上に前、で打つイメージで良いと思います。

両手バックハンドよりもリーチはあるので、しっかり早い振り出しでボールを後ろから押していくイメージでいきましょう!

 

キックサーブを攻略出来ないと、上では戦えません。

ハードコートではより厳しい戦いになりますからね。

今回のコツは、あくまで基本。

みなさんなりのコツ、を探していくためにも、まずは意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス フットワーク

    リターン

    「レシーブ上手になりたい」テニスの試合を勝ち抜いていく人の返球心理学を考える

    サーブレシーブから、テニスの試合はスタートする。最初のこの部分…

  2. テニス ミス

    リターン

    テニスの試合で、「リターンのネットミスはもったいない!」すぐに改善できる4つの方法

    テニスの試合、流れが変わりやすい場面ってどんなときでしょうか?…

  3. リターン

    リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに

    リターンが安定しないとき、きっと相手を意識し過ぎていることが多いはず。…

  4. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ

    リターンが得意、苦手、というのは差が激しい。特に一般や学生の皆…

  5. リターン

    ベテランプレイヤーに多い、アンダースピンサーブを侮ってはいけない

    もし学生や20代のみなさん、の読者の方がいたら、将来的にはこれと戦うと…

  6. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?

    テニスの試合、相手のサービスゲームをどこでブレイクするのか。拮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 日々の雑記

    他の人の考え方は否定せずに、自分の糧にした方が10倍強くなれる
  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュの攻撃力をアップしたいなら、「スマッシュを打つ機会」をどんどん増やす意…
  3. テニス スライス

    戦術

    スピン禁止、さぁどうする?
  4. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?
  5. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せて…
PAGE TOP