ダブルス

ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の意識5つ

ダブルスで前衛の仕事は、後衛が作ったチャンスボールを仕留めること。

もちろん待っていてもなかなかボールは来ません。

だからこそ、積極的にポーチに動いて相手にプレッシャーをかけたいですよね。

しかしながら・・・どうしても「ボレーをふかしてしまう・・・」という方、多いんじゃないでしょうか。

準備と意識で、ポーチのスキルは必ず上がります!

 

ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の意識5つ

 


 

1.ラケットを身体の前にセットして、足で踏み込む

前衛でポーチに行く際には、スタートの思い切りとラケットのセットの位置が重要。

ポイントは、相手が打つ瞬間にはもう「移動」を終えておくこと。

センターマーク付近まで移動できて、軽くステップできているとベストです!

その後のボレーでは、ラケットを身体の前にセットするようにしましょう。

後ろにテイクバックする必要は、全くありません。

力が入ってふかしてしまう原因になるだけですので、注意しましょう。

 

2.低い態勢を作って目線を落とす

ポーチに出ても、球筋が高いとは限りません。

低く、沈んでくるようなボールが来る可能性もあることを、頭の中に入れておきましょう。

そうすればやることは一つ、低い態勢で準備して目線をしっかり落とすこと。

しっかり抑えが効いたボレーの為には、膝を柔らかく使ってコンパクトに打つことが大切です。

 

3.逆クロス以外のコースも打てるように

ポーチ=逆クロスが基本ではありますが、このコースはふかしてしまいがち・・・。

相手のストロークの選手や、前衛もしっかりケアするコースですから、力が入ってしまうもの。

であれば雁行陣の穴である後衛の前や、2人の間=センターをシンプルに突いてみてはどうでしょうか?

そう考えると、ポーチでもクロスへのドロップショットも練習しておきたいところ。

ネットにしっかり近づいてポーチできれば、成功率も高まります!

 

4.顔を残して、打った後のモーションを小さくまとめる

2.の低い態勢にも関連しますが、ボレーの基本である顔を残すということを改めて意識しましょう。

打点に顔を残して、フォロースルーを「キュッと」止める。

ボールに当たった後にラケットを止めるくらいの意識でちょうど良いでしょう。

そうすれば、インパクトに集中できて顔を残すこともできます。

ポーチしたボールを、上手い相手は返球してきます。

次への備えも考えて、シンプルに打ち終わるのが大切です。

 

5.1発で決めようとしない、ラリーの中でポイントを獲る

テニスの試合では、これに尽きます。

1発で決めようとして、何も良いことはありません。

アナタが思っている以上に、ダブルスが上手いペアは守備が上手い。

予測も鋭く、「返球すれば、自分たちのペースになる」という自信も持っています。

そんな相手に思いっきり打ち込んでも、相手の思うツボ。

あくまで組み立ての一部として、ポーチを上手く活用していきましょう。

 

ポーチが上手いペアは、バリエーションが豊富です。

打つコースだけじゃなく、出るタイミング、また成功したらそれを活かしてフェイントを入れてプレッシャーをかける。

じゃあロブか・・・と思うと、それも予測してスマッシュを打ってくる・・・。

アナタ自身も、そんな自信のある前衛のプレー、してみたいですよね。

まずはふかさないでコートに収めるボレーを身に付け、試合の中で多くボールに触って、経験を積んでいきましょう!

 

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛のポーチが簡単なのは、並行陣?雁行陣?

    「前衛は、ポーチに出ないといけない!」と、焦ってしまう。確かに…

  2. テニス スマッシュ

    ダブルス

    相手が深いボールをストロークで凌ぐときには、「基本はクロス」と決めてポーチに出よう

    ダブルスの試合、上手くラリーの中から前衛が動く。こういうポイン…

  3. テニス リターン

    ダブルス

    クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、必要

    ダブルスの戦いは、いかに効率的に戦うか、前衛が活躍出来るか。こ…

  4. ダブルス

    サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!

    サーブ&ボレーに挑戦したいけど、難しいと感じている方へ。難しく…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ロブでつないでくるダブルスには、ドライブボレーとドロップショットで仕掛けを

    ダブルスの試合で、ポワーンとただ後ろからつなげてくるような相手、います…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!
  2. 戦術

    「試合前から、相手をリードする!」観察すべきポイント5つ
  3. リターン

    リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ
  4. その他

    希少種になること、は強くなるということ
  5. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう
PAGE TOP