テニス メンタル

その他

テニスの技術は、「人それぞれ、個性的で良い」はテニスコーチの責任放棄だと思う

日本には「基本を大事にする」という文化が、スポーツ界には根強い。

これに対して個性を殺す、間違った指導だという意見もあり、長年議論されてきました。

今回書かせて頂くのは、あくまで私の一私見に過ぎません。

皆さんに押し付けるつもりは無く、ただ何かを考えるきっかけにはなって欲しいと思っています。

個性と指導、について、皆さんはどう考えますか?

 

テニスの技術は、「人それぞれ、個性的で良い」はテニスコーチの責任放棄だと思う

 


 

■どんな個性的なプレイヤーも、一度は基本にしっかり触れている

テニスにも個性的な選手、プロテニスプレイヤーは多い。

ですが、私が思うのはある一定のレベルに到達するのは、基本となる「ベース」が無いと難しい。

個性的な打ち方、身体能力で出せる結果には限界がある、と思っています。

一度しっかり基本を身に付ける、道を通ってからその選手の個性が活きる道が開けてくる。

特にテニスは、様々なグリップでストロークからボレーまで、幅広い技術が求められるスポーツ。

オフェンスもディフェンスも、自分一人で全部やらないといけない。

その基本を避けて、「自分が打ちやすい打ち方」だけで邁進するのは、危険であり指導者の責任放棄だと私は考えます。

 

■基本を身に付けたうえで変えていくから、その人に合った個性になる

基本を通る、ことがなぜ大事かと言えばそれが理にかなった、身体に負担の少ないフォームだから。

戦術もそう。

しっかりベースとなるセオリーを理解しているから、その逆が分かる。

テニスを始めたときには、皆さん何も知らない状態から「こんな感じかな・・・?」でスタートしている。

そこに根拠は無いのです。

だからスタートの形を継承して、ずっと続けていくのは危険。

修正して導いていくのは、テニスコーチの醍醐味であり一番の仕事。

指導者がそこをしっかり「基本」から教えて土台を作る、ことはテニスにおいて大事だと思います。

でないと怪我をする可能性も高いし、何より試合で勝てないからつまらなくなっていく。

部活で続かない、スクールでも退会者が多いのって本人だけの責任じゃない。

ハッキリ言えるのは、誰でもなれる日本のテニスコーチって、全体的に技量不足なんです。

 

■テニスこそ「基本に始まり、基本に終わりたい」

古臭いし、今時じゃない、と思う方も多いでしょうが、私はこうありたい。

「基本に始まり、基本に終わる」というのは、簡単なようで難しい。

壁に当たったときこそ、しっかり基本に立ち返ってみることが、テニスの上達には大事。

「基本を知っている、自分なりに考えてきた」というのは、きっとアナタ自身の今後のテニス人生においてすごくプラスになる。

誰かにテニスを教えたり、知ってもらうときに知識や経験があるのと無いのでは、大げさですが人生を左右することもある。

ぜひ、長くテニスをやっている人も改めて、テニスの「基本」を意識して欲しいと思っています。

 

「テニスの基本」なんて、どこで調べれば良いの?と思った方、多いでしょう。

色々テニスも教本や雑誌、DVDなどリリースされていますが、絶対的な基本を定義することは難しいですよね。

時代によってテニスギアも変わってきますので、それに合わせて変わる基本、変わらない基本もあります。

まずは考えること、そして・・・もしお時間があれば、このサイトの過去記事も読んでみて下さい。

私自身、難しいことを書いているつもりはなく、基本的なことを書いているつもりで更新しています。

ぜひアナタらしい「テニスの基本」を、探してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 環境

    その他

    「極端な環境に、あえて自分を縛ってみる」ことができれば、きっとアナタのテニスはまだまだ上達していく

    「今年はもっとボレーを上手くなりたかったのに・・・あまり上達しなかった…

  2. テニス 準備

    その他

    アナタの今のテニス、1年前と何が変わりましたか?

    テニスの試合、勝ったり負けたり。色々な人と、試合出来ますよね。…

  3. その他

    力は要らないんだ、と思えたらテニスは上手くなる

    テニスが上手くなる瞬間。それは、突然訪れます。特に、社…

  4. テニス トレーニング

    その他

    混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる

    通勤通学、テニスを頑張る皆さんはラケットバックを持って移動する機会が多…

  5. その他

    「試合に出続けながら苦しもう」スペインテニス界のトーナメント事情

    スペインのバルセロナで練習していた時、月に3大会ほどのペースで大会に出…

  6. テニス 名著

    その他

    テニス部内の練習試合にて「必ず記録して、お互いにコメントを残す」ことで、テニスノートは活かされる

    テニスノートは、アナタ自身で継続して書くことが大切ですが、それだけでは…

特集記事

  1. 戦術

    「練習は試合のように、試合は練習のように」を実践する4つのコツ
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスで前衛が苦手な人は、「あるコツを使って、楽々ポーチ」作戦を!
  3. フットワーク

    思い通りに打てた後に、「足が止まる」癖を無くそう
  4. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?
  5. テニス ボレー

    戦術

    テニス歴1年未満の初心者の方でも、「試合で迷惑をかけたくない・・・」と思ったら、…
PAGE TOP