テニス ダブルス

ダブルス

「ダブルスペアの理想的な組み合わせは?」について、両者のプレースタイルの違いから考えてみる

ダブルスペアは、どういう組み合わせが効果的なのか?

これについては、しばしば議論されて結論が出ない・・・ということが、よくあります。

皆さんの周りでも、そんな感じじゃないでしょうか。

色々な考え方があると思いますが、私の考え方はシンプルです。

なるべく、「違い」のある選手が組んだ方が望ましいと思っています。

 

「ダブルスペアの理想的な組み合わせは?」について、両者のプレースタイルの違いから考えてみる

 


 

1.粘るプレイヤーと決定力があるプレイヤー、の組み合わせが良い

ダブルスは2人でプレーしていく、形ですが実際に勝負は個人のスキルがベースにある。

2人で一緒にボールを打つ、ことはありません。

またテニスではいかに、「相手にとってやり辛い相手であるか」が大事なポイント。

2人が同じようなプレースタイルだと、対応が同じで済みます。

「ボレーは苦手そうだから、とにかく前衛に触らせれば良いな・・・」という感じで、シンプルな作戦にやられてしまう可能性もある。

どちらかが粘れるプレイヤー、なら相手も対応を分けないといけない。

戦術の話以前に、似たような選手が2人、のダブルスは相手にとってやりやすいように思います。

 

2.同じプレースタイルの2人でも、乗っていければ強いけど・・・

ボレーが得意、サーブが得意な2人は、確かにリズムに乗ると強い。

サーブ&ボレーの並行陣でガンガン打って来る、のが決まっているうちは良い。

ですが相手も慣れてくると対応出来る、のがテニスというスポーツ。

そこで新しい違いを生み出せるかどうか、は選手のベースとなるプレースタイルに影響してくるでしょう。

粘るだけのプレイヤーが2人、でも決定力がある相手であれば厳しいはず。

攻撃でアクセントを付けられないと、守備だけで勝つのは難しい。

同じプレースタイルのダブルス、には波があることは覚えておいて損は無いです。

 



 

3.お互いの武器を活かす具体策、を用意しよう!

決定力があるプレイヤーは前衛で、粘れるプレイヤーは後衛で、その武器は活きる。

のは皆さんでも、イメージ付くと思います。

ここで大事なのは、逆のポジションでも武器を作るということ。

粘れるプレイヤーの前衛なら、守備力が高い前衛になってくれるし、つなぐボレーも上手い。

決定力は無くても、相手にミスを誘うようなネットプレーが出来るでしょう。

決定力がある選手が後衛、ならどんどん前にいきたい、リターンからでも並行陣を作っていける。

気持ちが強い選手は、ストレートアタックもどんどんいきましょう。

それくらい、前と後ろでも武器・プレースタイルの活かし方は、色々あるはずです。

 

今、アナタが組んでいるペアの相性、を考えてみましょう。

お互いのプレースタイル、とことん客観的に観てみて下さい。

性格的な部分も、大事です。

良いところ、弱点だと思うところを書き出して、それぞれ前と後ろでお互いにどう活かせるか。

実力差があっても、関係ありません、あくまで客観的に。

整理するだけでも、グッとダブルスらしいペアになっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブ&ボレーを、もっともっとダブルスで有効活用する発想とは?

    ダブルスでサーブ&ボレー、と言えば並行陣。確かにそうですが、そ…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ポジションを上手く移動出来れば、相手は勝手に自滅してくれる

    色々なスポーツには、「フェイント」という技術がある。サッカーや…

  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

    ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジを!

    ダブルスの試合をしていて、どうもペアと乗っていけない、リズムが悪い。…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    相手の前衛が消極的なら、雁行陣からでもどんどんセンター狙いでいこう!

    ダブルスの試合、実際は結構雁行陣での戦い、が多いですよね。学生…

  6. ダブルス

    強いダブルスのペアを倒すなら、「あえての〇〇」の勇気が大事

    ダブルスの試合、こんな経験はありませんか?「相手ペアは、実力差…

特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の…
  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおける一球の重みは、実はすごく分かり辛い
  3. テニス知識

    「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよ…
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    相手が仰け反った瞬間、そのストロークは浅くなる
PAGE TOP