テニス 戦術

ダブルス

試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識について

ダブルスの試合、ペアでスコアに応じた作戦、皆さんはどうでしょうか?

実際に試合になってみて、「さて、どうするか・・・」みたいな感じで場当たり的な感じになってはいませんか?

予め、出来ることは準備しておく。

そう、試合に備えるとは、「悪くなってから慌てない為」に行う準備そのものです。

 

試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識について

 


 

■ファーストサーブを入れて相手にプレッシャーをかける

もし、試合のゲーム中で先行されたら・・・しかも自分たちのサービスゲーム。

2ポイント以上離されて、ゲームポイントになったらつい、慌てて頭が真っ白になってはいませんか?

そんなとき、0-40や15-40のようなカウントのときにこそ、大事なのはファーストサーブ。

どんなにゆっくりでも。相手はファーストサーブが入ってくればそう簡単には攻撃出来ない。

逆にセカンドサーブになったら、攻撃的に思い切られた攻撃をされてしまうのです。

 

■強気に攻撃してくる相手にはストレートを張っておく

ここまでの傾向、相手の雰囲気を確認しておく。

強気な相手は、ゲームポイントでは必ず強気にポーチに動いてくる。

普通は負けている状態だとストレートに展開していくの、勇気が要りますよね。

それを相手も知っているから、攻撃的に動いてくる。

相手に応じて、厳しいカウントからでもストレートに展開していくことを覚悟しておきましょう。

 

■30-40まで戻せたら、思い切った積極策が効く

なんとか30-40までカウントを戻せたら、ここぞとばかりに積極策に動きましょう。

「え?さっきもストレートに打てって言ったのに?」と思うかも知れませんが、あれは苦肉の策。

本来は、負けているときにはしぶとく正攻法で戦いたい。

ですが相手に応じて、その正攻法が難しい場合もあるということです。

30-40まで追い上げてきたら、さすがに相手も気持ちが引いてくるでしょう。

その隙を逃さず、ポイントを獲れれば勢いに乗ってデュースにも入っていけるでしょう。

 

ダブルスの試合、カウントに応じてどういうプレーを心がけるか。

これはある程度、ペアで話し合っておきましょう。

ベースの作戦があって、その中で相手に応じて引き出しを用意しておく。

大事なのは、負けているときに慌てないような準備。

さて、アナタのペアは、どんな準備で試合に臨みましょうか?

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスのリターン側の前衛も、相手のファーストとセカンドに合わせてポジションを変えよう

    ダブルスのリターン側の前衛、この動きがしっかり出来ている選手は間違いな…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    対並行陣の武器、はどう使っていけば良い?

    ダブルスの試合で、相手の並行陣をどう崩していくのか。これは、上…

  3. ダブルス

    前衛のポジションが1メートル違うと、ここまで相手は苦しくなる

    前衛のポジション、ダブルスではもっと前で良い。きっと、アナタ自…

  4. ダブルス

    前衛がポーチに動いても、「期待しない」ことが大事

    ダブルスの試合で、自分が後衛でプレーしている時に。良いタイミ…

  5. ダブルス

    繰り返しますが、アナタのダブルスに必要なのは大胆さ、です

    私は何度も、ダブルスは前衛が動くこと、の大切さを書いてきました。…

  6. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが向いている?」という…

    テニスにはシングルスでもダブルスでも、サイドはデュースサイドかアドバン…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    「気持ちがこもった」プレーなら、相手前衛を気にする必要は無い
  2. 戦術

    出来そうなことしかやらない、だから勝てない
  3. テニス サーブ

    サーブ

    試合中にサーブの修正力を身に付けたければ、「深さと横のズレ、どちらかを正す」とい…
  4. テニス シングルス

    テニススクール

    「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について
  5. テニス ボレー

    ボレー

    サッカー経験者なら、トラップ感覚でドロップボレーは完成する
PAGE TOP